ウガンダ内戦のリアル 反政府軍で14年過ごした元子ども兵のインタビュー

1980年代から20年以上続いたウガンダ内戦では、約3万人の子どもが誘拐され、望まない兵士として過ごすことを余儀なくされた。 現在のウガンダは内戦から立ち直り、反政府組織「神の抵抗軍」が活動していた北部でも、国際機関やNGOによって開発が進んでいる。 一方で、幼い頃に誘拐され、戦うことしか教えられてこなかった…