原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から仕事論、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

私がバイト代を充ててまで自費出版した理由

【お知らせ】

書籍『世界を無視しない大人になるために』紙版の販売再開は9月下旬を予定しております。こちらのフォームから購入予約をして下さった方には、販売再開後にメールにてご連絡差し上げるとともに、購入時に使用できる50円引きクーポン券をお送りさせて頂きます。第一章までをこちらのページで全文公開中!

スポンサーリンク


「何で出版社を通じて本を出さなかったの?」と度々質問を受ける。しかし、今考えると、人生初の出版を自費で行ったのはまさに正しい選択だった。

 

一冊一冊自分の手で梱包・発送していることもあり、読んで下さった方々との距離がとても近いのだ。電話やメール、SNS経由で感想を寄せて頂ける。それが、私にとって嬉しいことであり、そしてまた読者の方にとっても、嬉しいことらしい。

f:id:KantaHara:20170608225459j:plain

 

値段に関しても、企画、執筆、校正、装丁、印刷…何から何まで自分で行い、バイトで貯めた小遣いを使っての自費出版だからこそ実現できた、一冊700円という低価格。金銭的に余裕の無い高校生や大学生であっても購入しやすく、逆に余裕のある人は何十冊もまとめて購入して貰える。そして沢山の人に広めて貰える。

 

先日は、神奈川新聞のインタビュー記事を読んで下さった72歳のおばあさまが本を30冊購入して下さった。今は周りの知り合いや友人に配っているらしい。なんと有り難いことだろう。昨日20分ほど電話をして、直接お礼を伝えた。「この本はアフリカの紛争を知る上での教科書だよ。本当に良く頑張って書いたね。」どうやら、若くて頑張っている人が話し相手になってくれることも、また嬉しいらしい。私も、嬉しい。


読者の中には、そのままコンフロントワールドの支援者様になって頂いた方も沢山いる。ずっと原貫太を、コンフロントを応援したいと思って頂けるように努めたい。


倒れそうになりながらも、必死になって書いた『世界を無視しない大人になるために』。どうか「アフリカの紛争や貧困はどこか別の世界の出来事」と決めつけずに、一冊この本を取ってみて欲しい。下記リンク先から注文して頂ければ、私が一冊一冊、丁寧に発送する。