原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

社会人とは何か。意味を説明できる?僕が感じる4つの違和感

\ツイッターのフォローをお願いします/
ブログ更新のお知らせや限定情報を発信しています。ぜひフォローしてくださいね!
スポンサーリンク

社会人とは何か。ふと、疑問が芽生えた。社会人の意味を自分の口でちゃんと説明できる人は、どれくらいいるのだろう。

 

僕はまだ早稲田大学に通う学生だけれど、NPOを起業し、毎週のように講演を行い、そして本も出版した。でも、周りから「君も社会人になった後は…」と言われることが、未だにある。

 

…ってことは、これだけ毎日働いていても、学生という肩書がある限り、僕はまだ社会人にはなれないのか?

 

社会人の意味について、僕が感じる4つの違和感を言葉にしてみた。

 

 

 

 

社会人とは

社会人とは

 

社会人とは?そう疑問を持った僕は、とりあえず辞書で「社会人」の意味を調べてみた。

 

①学校や家庭などの保護から自立して,実社会で生活する人。 「卒業して-となる」
②(スポーツなどで)プロや学生ではなく,企業に籍を置いていること。
③社会を構成している一人の人間。Weblio辞書より引用)

 

とある。世間一般では、社会人の意味は「学校を卒業し会社に就職することで、親から離れて自立した生活をする人」あたりだろうか。

 

 

社会人の意味に対する4つの違和感

社会人とは

ひとまず、辞書的な社会人の意味は分かった。でも、僕は「社会人」という言葉に対して、4つの違和感を感じてしまう。

 

 

社会人の英語訳って、何?

社会人とは

 

社会人の英語訳が気になったので、調べてみた。

 

an adult; an adult [a working, a full‐fledged] member of societyWeblio英和辞典・和英辞典より引用)

 

ん?何かがおかしい…。”an adult”の直訳は「大人」だし、”a member of society”というのは直接訳は「社会人」だけど、日本語で意味するところとは違う。

 

そう。日本語で「学校を卒業して会社に就職することで、親から離れ自立した生活をしている人」を意味する「社会人」を直接的に表す英語は、存在しないのだ

 

このことは、先日対談したハーバード大学卒の友人も、「英語には社会人を指す言葉は存在しない」と語っていた。

 

 

社会人になるには学校を卒業する必要がある?

社会人とは

 

社会人という言葉には、「学校(大学)を卒業していること」が前提になっているように感じる。

 

でも、学生であっても、社会の一員であることに変わりはない。最近では、学生という肩書を持ちながらも、起業、学生団体、インターン、ボランティアなど、様々な社会活動に取り組み、そして社会的に注目される人が増えている。

 

学生でも、十分に社会で活躍している人はいる。彼らは、社会人とは呼ばないのだろうか。

 

 

社会人経験は会社でしか身につかない?

社会人とは

 

僕はたくさんの大人から、「3年間は会社で社会人経験を積め」と言われてきた。

 

でも、改めて考えてみると疑問だ。社会人経験は、会社で働かないと身に付けられないのなのだろうか?

 

僕は大学在学中、国際協力NGOコンフロントワールドを起業した。あたりまえだけど、起業するのは人生で初めて。予算書を作るのも、資金調達をするのも、法人化を進めるのも、すべて初体験だ。

 

それでも、実践を繰り返す過程で、色々な学びを得ている。出版や講演、営業、事務作業を繰り返す過程で、社会人としての経験を十分に積んでいると自負している。

 

もちろん、会社に就職して働いていたら、それはそれで別の学びを得ていたはずだ。営業の知識も経理の知識も、もっとプロフェッショナルに学べていたかもしれない。

 

でも、社会人としての経験は、会社に就職しなくたって得られるはずだ。

 

 

社会人とは、親から自立した人を指す?

社会人とは

 

社会人とは、親から自立した人を指すのだろうか。そもそも、「自立」とは何を意味するのだろう。

 

「自立」という言葉を辞書で引くと、「他への従属から離れて独り立ちすること」とある。「親から自立する」といえば、「親への従属から離れて独り立ちすること」を意味するのだろう。

 

もちろん、いつまで経っても親のすねをかじっているのは、よろしくない。でも、たとえ親から離れ、自立した生活を始めたとしても、何か困ったことがあれば、親に頼れる関係が保たれているのが望ましい。

 

僕がインターンをしていた国際協力NGOテラ・ルネッサンスは、周囲との関係性の中で、自らの力で自分らしく生きることを「自立」と捉えている。「社会人は親との関係を切り離して自立する」ではなく、「親との豊かな関係性を保ちながらも、自らの力で自分らしく生きること」、それが本当の自立ではないだろうか。

 

その意味で、「社会人=親から離れて自立」にも、僕は違和感を感じてしまう。

 

 

社会人とは、結局…?

社会人という言葉の意味を少し考えてみたが、僕は自分なりに定義することができない。もし海外の人に社会人の意味について訊かれたら、うまく説明できないだろう。

 

 

この記事を読んだあなたは、社会人の意味をどう捉えているのだろうか。