原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

一週間のボランティアツアーに参加したところで、基本的に自己満足の活動に過ぎない。

スポンサーリンク


 

春休みや夏休みになると、カンボジアやフィリピンをはじめとした途上国ボランティアツアーに参加する大学生も多いです。最近では旅行会社のみならず、NGOやソーシャルビジネス系の会社が事業の一環として提供しています。

 

アフリカのボランティアツアーに参加する人も増えてきました。航空券や保険料の高さもあり、東南アジアのそれと比べると値段は張りますが、途上地域が抱える問題の大きさや根深さを知るという意味では、アフリカのツアーに参加するのもおすすめです。

 

が、そんなツアーに参加する大学生たちに一つ伝えておきたいことがあります。

 

 

そんな一週間程度の活動に参加したところで、対象国の問題改善にはまず繋がりません。現実を知りましょう。

 

僕も大学一年生の春にフィリピンのスタディツアーに参加しましたが、現地で携わった活動といえば、ストリートチルドレンに対するパンの配給活動、スラム街に暮らす子どもたちとの交流、孤児院での簡単な授業…。どれも対症療法どころか、ただの国際交流に過ぎません。

 

「途上国の人たちのために何かした!」という気になっている人は、基本的に自己満足です。オナニーと一緒ですよ。

 

だから、本当に大切になるのは、そこで得た経験をその先にどうやって活かしていくかです。

 

例えば、僕は大学3年生の冬休みに初めてアフリカを訪問し、元少女兵のアイ―シャさんから従軍中の話を聞きました。でも、その経験だけで終わらせていたら、ただの自己満の活動です。むしろ、辛い経験をアイ―シャさんに話してもらったにもかかわらず、それを聞いてふむふむ言っているだけでは、人として失礼だとも思うのです。

 

ちなみに、アイ―シャさんの話を聞いた僕がその後どのように行動を起こしていったかについては拙著『世界を無視しない大人になるために』をご覧ください。

 

 

結局、ボランティアツアーに参加した人たちは、何のための活動だったのでしょうか。

 

本気でこの世界に蔓延る問題を何とかしたいと思うなら、「良い経験だった」で終わらせてはなりません。さぁ、動き出しましょう。

 

 

---

大学在学中からアジア・アフリカでの国際協力活動に携わり、卒業とともに国際協力を仕事にした原貫太・延岡由規の共著『国際協力師たちの部屋 特別版―ゼロから考える“本当の”国際協力』が発売中です。

 

▼テーマ一覧
vol.1 そもそも『国際協力』って何?
vol.2 国際協力の必要性って?なぜ日本の社会問題ではダメなの?
vol.3 なぜ学生時代に国際協力に携わるのに社会人になると辞める人が多いの?
vol.4 「国際協力」とか「世界平和」、誰のためにやっていますか
vol.5 新米国際協力師、原・延岡の一日のスケジュールは?毎日何をしているの?
vol.6 自分で選んだ「国際協力」の道、やめたいと思った瞬間はありますか?

 

国際協力の世界をゼロから解き明かす、日本で唯一無二の国際協力専門書です。よろしくお願いします。

 

Kindle Unlimitedの30日間フリートライアルを利用すると、無料で読むことができます。読み終わったら30日以内に解約すればお金は一円もかかりません。

 

公式サイトをチェック➡Kindle Unlimitedで『国際協力師たちの部屋 特別版―ゼロから考える“本当の”国際協力』を読む