原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

ボランティアツアーに1週間参加するだけでは、自己満足の活動になりかねない。

スポンサーリンク

「ボランティアツアーに1週間参加したくらいでは、自己満足の活動になりかねませんよ」的なツイートをしたら、プチ炎上しました。

 

 

 

ボランティアツアーに参加するだけでは途上国問題の改善はできない

ボランティアツアー

 

まず最初に断言できるのは、あなたがボランティアツアーに1週間程度参加したところで、対象国・対象地域の問題改善に直接つながることはほぼあり得ない、ということです。

 

春休みや夏休みになると、カンボジアやフィリピンなど、発展途上国のボランティアツアーに参加する大学生がたくさんいます。旅行会社のみならず、一部のNGOやソーシャルビジネス系の会社も、事業の一環としてボランティアツアーを提供していますね。

 

最近では、アフリカのツアーに参加する人も増えました。東南アジアのボランティアツアーと比べたら値段は高くなりますが、世界全体が抱える問題の大きさや深刻さを知る意味では、アフリカのボランティアツアーもおすすめです。

 

が、そんなボランティアツアーに参加する人たちに、一つ理解しておほしいことがあります。

 

 

1週間程度のボランティアツアーに参加したところで、途上国が抱える問題改善には、まず繋がりません。現実を知りましょう。

 

 

ボランティアツアーの基本は国際交流に過ぎない

ボランティアツアー

 

僕も大学一年生の春、フィリピンのボランティアツアーに参加しました。期間は6日間でしたね。

 

そのボランティアツアーで携わった活動といえば、

 

  • ストリートチルドレンに対するお菓子の配給活動
  • スラム街に暮らす子どもたちとの交流
  • 孤児院での簡単な日本語の授業および折り紙での交流

 

どれも”対症療法”どころか、国際交流に過ぎません。そう、ボランティアツアーの基本は、国際交流に過ぎません。

 

「途上国の人たちのために何かした」という気になっている人は、残念ながらそれは、ただの自己満足です。途上国が抱える社会問題は、ちょっぴりボランティアツアーに参加したくらいでは、少しも改善しません。

 

下手すれば、現地の人たちに”依存心”すら生み出しかねないでしょう。「またボランティアツアーの日本人がやってきてくれるから大丈夫」と。

 

その意味で、問題を根本的に解決していくためには、現地で根強く活動し続ける必要があります。ハッキリ言えば、1週間のボランティアツアー参加なんかでは、不十分なのです。

 

 

大切なのはツアーに参加した経験をどう活かすか

ボランティアツアー

 

もちろん、ボランティアツアーを長期間にわたって継続している主催団体の活動は、評価されるべきだと思います。

 

しかし、ボランティアツアーの参加者目線に立って考えると、本当に大切なことは、現地の問題解決うんぬんよりも、自分がその活動に参加した経験を、これからの人生でどう活かしていくか、です。

 

「ボランティアツアー、楽しかった。良い経験だった。」で終わらせてしまっては、ダメなのです。

 

ボランティアツアーではありませんが、僕は大学3年生の冬、初めてアフリカを旅行し、元子ども兵士のアイ―シャさんから話を聞きました(上写真参照)。でも、もし僕が「話を聞いた」という経験だけで終わらせていたら、それは自己満足の活動に過ぎません。その辺のボランティアツアーに参加したのと、大差ないです。

 

むしろ、従軍中の辛い経験をアイ―シャさんに語ってもらったにもかかわらず、それを聞いて「ふむふむ」言っているだけでは、人間として失礼だとすらも感じます。

 

ちなみに、元少女兵アイ―シャさんの体験談は、筆舌に尽くしがたいほど壮絶なものです。彼女はわずか12歳で誘拐され、その後26歳で脱退するまでの14年間、望まない兵士として反政府軍に拘束されていました。

 

アイ―シャさんの体験談に関心ある人は、以下の記事をご覧ください。

www.kantahara.com

 

 

結局、何のために参加したの?

ボランティアツアー
 

アジアであれアフリカであれ、ボランティアツアーに参加した人たちは、結局何のために参加した活動だったのでしょうか?

 

「貧しい人を助けたい」「途上国で暮らす人を元気づけたい」そんな目的でツアーに参加したかもしれません。でも、終わってみて、その目的はちゃんと果たせましたか?手ごたえはありましたか?

 

ボランティアツアーに参加する前と後で、目的や考えが変わるのは仕方ありません。むしろ、ほとんどの人が変わるでしょう。でも、その変化にちゃんと気づけていますか?

 

貧困、紛争、人権侵害、環境破壊…。この世界に蔓延る問題を本気で何とかしたいと思うなら、「良い経験だった」で終わらせてはなりません。

 

さぁ、動き出しましょう。

 

 

こちらの記事もあわせてご覧ください

www.kantahara.com