原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

どんなに自分で努力をしたって、小学校に通えない子どもたちがいるこの世界。

「脱走を試みましたが捕まり、鞭で200回叩かれました」。元少女兵との出会い。アフリカでの原体験を書いた処女作『世界を無視しない大人になるために』Kindle Unlimitedに登録すると30日間のお試し期間に無料で読めます。第一章までをこちらのページで全文公開中です!
紙版の購入は→こちら

 

スポンサーリンク


都心に家を持ちたいとしよう。一軒家にせよマンションにせよ、数千万円の大金を支払う買い物は、きっと全ての人にとって人生で一番高い買い物だ。簡単に実現できる「夢」ではない。ただ、日本で生活するほとんどの人は、必死に勉強し、必死に働けば、その「夢」を叶えられる環境に置かれていると思う。

f:id:KantaHara:20170831060206j:plain

 

自分で努力をすれば、少なくとも「夢」に近づくことはできる。もちろん、今の日本社会では「相対的貧困」の問題も深刻化しているので、それに対する私の考えは『「アフリカの貧困なんかより日本の貧困に取り組め」と私に言うあなたへ』を読んでほしい。

www.kantahara.com

 

ただ、世界を見渡してみると、どんなに努力をしたって、「夢」を実現することができない人たちがいる。いや、そもそもスタートラインに立つことすらできない人たちがいる。それも、決して都心に一軒家を持つことではない。「小学校に通いたい」という「夢」であってもだ。

f:id:KantaHara:20170831060541j:plain

 

ウガンダ北部のパギリニヤ難民居住区では、南スーダンから逃れた1万8千人の子どもが避難生活を送っている。その半分近くは、学費360円を支払えず、小学校に通うことができない。自分たちの責任でないのに、不条理な暴力により故郷を追われ、慣れない異国の地で彼らは「子ども時代」を失っている。

f:id:KantaHara:20170831060744j:plain

 

中には、紛争で両親を失い、子どもだけになった家族もいる。そんな彼らは、今日を生き延びるために、日中は農作業をして、水を汲みに行き、仕事をしなければならない。学費支援を受けることができなければ、自分たちでどんなに努力をしても、「小学校に通いたい」という「夢」を叶えることはできない。

f:id:KantaHara:20170831060643j:plain

 

この世界にはスタートラインにすら立つことのできない人が数え切れないほどたくさんいる。「初等教育」という、人間として生まれたからには、最低限満たされるべきものであったとしても。それを享受するために、最初の一歩が切れない子どもたちがいるのだ。南スーダンにも、シリアにも、ソマリアにも。

f:id:KantaHara:20170831060701j:plain

 

やりたいことを思いっきりやれる人がいる一方で、スタートラインにすら立てない人、自分で未来を決められない人がいるこの世界は、どう考えてもおかしい。誰もが同じ機会へアクセスできれば、せめてそのためのスタートラインに立てれば、そこには世界の「公正」が作られ、真の豊かな社会が待っている。

f:id:KantaHara:20170831060732j:plain

 

ウガンダに長く滞在し、あたりまえのように難民問題に取り組んでいると、時々感覚が麻痺しそうになる。現場では冷たい頭をもち、淡々とプロジェクトを進めていく必要性がある。けど、こうやって時々立ち止まり、心の中にあるモヤモヤを言葉にすることで、世界の不条理としっかり向き合いたい(終)

f:id:KantaHara:20170831060755j:plain

 

---

不条理の無い公正な世界を実現するために、あなたにできる3つのこと。

そろそろ「大量生産・大量消費」のライフスタイル、やめませんか?「シェアする」という新しい生き方