原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

積極的に行動するには?3つの方法をシンプルに説明



『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』を第一章まで無料公開中Kindle Unlimitedに登録すると体験期間に無料で読めます。

スポンサーリンク


流行りのSarahahで質問を募集したところ、こんな質問が寄せられた。

 

どうやったら積極的に行動できますか?

 

客観的に見ると、どうやら僕は積極的に行動を起こしている方の人間らしい。あんまりその自覚は無かったのだが、この際に僕なりの「積極的に行動を起こすための3つの方法」をまとめてみた。

 

 

①やるかやらないかで悩む時間を減らす

積極的 行動

 

直感的にでもやりたいと感じたことは、「やる or やらない」で悩む時間を減らそう。「やる」と決めた上で、時間をかけて悩むべきなのは「どのようにしてやるか」だ。

 

積極的に行動ができない人は、その原因は決断力のなさにある。やるかやらないかの判断に悩みやたらと時間を使ったかと思えば、「やらない」と決めてからも今度は「やっぱりやったほうがいいかな…」と、また時間を使って悩んでいる。

 

 

やりたいことがあるなら「やる」と決めてしまい、その上で「どのようにしてやるか」を考える時間を作ろう。

 

 

②行動を起こすための情報を集める

積極的 行動

 

行動しない人間は、自分が行動しない理由を、すぐに「勇気」のせいにする。

「勇気がないから一歩踏み出せない」と言う。

これは違う。大間違いだ。

行動することに、勇気は必要ない。

 

子供の頃に一人で乗れなかった電車に、今、あなたが一人で乗れるようになったのは、あなたが勇気を手に入れたからではない。 「電車の乗り方」という〝情報〟を手に入れたからだ。

 

(中略)

 

一歩踏み出すために必要なのは、ポジティブシンキングではなく、ロジカルシンキングだ。

説明できてしまう事柄に「勇気」は必要ない。

一歩踏み出すことに勇気が必要だと思っているのであれば尚のこと、そんな不確かなものを取っ払ってやる為にも、とっとと情報を仕入れた方がいい。『革命のファンファーレ』より引用)

 

 

 

僕は、行動を起こすために勇気は必要ない、とは思っていない。知ることで勇気が生まれ、そして勇気は行動を生む、と考えている。人は、自分が知らないことに対しては、不安をドンドン膨張させてしまう生き物だから。

 

僕もアフリカに行くまでは、

 

・アフリカにいくらで行けるのか

・現地の治安は大丈夫なのか

・マラリアに感染しないのか

 

全く知らなかった。知らないから、「お金が足りないのではないか」「事件に巻きまれたらどうしよう」「病気にかかってしまったら大変だ」と、不安に溢れていた。でも、本やインターネットで調べたり、人から聞いたりして「情報」を手にしたことによって、それらの不安は少しずつ収まっていった。そして今では、年に2回もアフリカに渡航する人間になった。

 

 

③頭で考え込み過ぎない

積極的 行動

 

これまでの話とは少し矛盾するようだが、あまり考え込み過ぎないことだ。頭で考えることは大切である反面、頭で考えているだけでは、物事は前には進んでいかないから。

 

実際に足を動かし、トライアンドエラーを繰り返す過程で、初めて分かることがたくさんある。実業家の堀江貴文さんは、著書『多動力』の中で「見切り発車は成功のもと」と語っている。

 

 

準備にばかり時間を取られてしまうのはもったいない。とにかく始めてしまって、知識やスキルは実践する中で身に付け、後から修正を加えればいい。必要に応じて身に付く知識やスキルは、机の上で考えたり勉強したりして身に付くそれよりも、ずっと中身が濃いものだ。

 

「誰か仲間がいないと始められない」という人も多いが、自分が走っていれば、自然と仲間はそこに集まってくる。だから、ある程度考えて、ある程度知識が揃ったら、見切り発車でも始めてしまおう。

 

 

まとめ-積極的に行動を起こすための3つの方法

①やるかやらないかで悩む時間を減らす:考えるべきは「やる or やらない」ではなく、「どのようにしてやるか」だ。

②行動を起こすための情報を集める:無知は不安を拡大させる。知ることで勇気が生まれ、そして勇気が行動に変わっていく。

③頭で考え込み過ぎない:実際に足を動かしてみて初めて分かることがたくさんある。頭ではなく、体で考えよう。