原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

海外旅行者ができる6つのテロ対策 特にイスラム圏に行く人は読んでおこう

\ツイッターのフォローをお願いします/
ブログ更新のお知らせや限定情報を発信しています。ぜひフォローしてくださいね!
スポンサーリンク

2016年7月にバングラデシュで起きたテロは、日本に大きな衝撃をもたらしました。僕らのような国際協力ワーカーも、今一度、海外でのテロ対策・安全対策を見直す必要に迫られましたね。



こんにちは、原貫太(@kantahara)です。ちなみに僕は、バングラデシュに2度渡航した経験があります。

 

この記事では、海外、とりわけイスラム圏もしくはイスラム過激派の活動が確認される国に旅行する人が、旅行中にどんなテロ対策をするべきか書いています。

 

 

 

 

 

海外旅行でテロに遭遇しないために 旅行者ができる6つの安全対策

海外旅行 テロ対策


最初に断っておくと、海外旅行をするのであれば、どんな国でもテロに巻き込まれる可能性を少なからずあるのが現状です。治安の悪い発展途上国だけではなく、日本人旅行者も多いアメリカやヨーロッパであっても、テロが起きる可能性はゼロではありません。

 

どれだけ慎重に行動していても、海外旅行にリスクは付き物です。

 

しかし、これから紹介する6つの対策を実施すれば、テロに遭遇する可能性は限りなく減らすことができるはず。そのような視点で読んでもらえればと思います。

 

 

海外旅行中のテロ対策① 外国人が集まる飲食店やショップへの出入りには注意する

海外旅行 テロ対策

 

冒頭で紹介したダッカ人質テロで標的になったレストランは、欧米人を中心に外国人に人気のあるお店でした。当時、バングラデシュでインターンシップをしていた早稲田大学の友人も、数日前に訪れたばかりだったらしいです。

 

もちろん、テロ対策を意識し過ぎるあまり、人気のレストランに全く足を運べない…というのは、せっかくの海外旅行でもったいない気もします。

 

ただ、人が一番集まる時間は避けるようにしたり、イスラム圏であればラマダン明けには行かないようにするなど、最低限の対策は講じるべきでしょう。

 

テロの危険性が少しでもある国を旅行する人は、外国人が集まる飲食店やショップへの出入りには注意を払いましょう。

 

 

海外旅行中のテロ対策② 現地の生活、文化、宗教を尊重した生活を送る

海外旅行 テロ対策


特にイスラム圏を旅行する人は、現地の生活、文化、宗教を尊重した行動を心がけましょう。

 

例えば、女性は肌を露出し過ぎないようにしたり、男性も華美な服装はしないなど、目立ち過ぎない格好をしましょう。

 

また、英語の書かれたTシャツを着る人は、どんな内容が書いているのか調べておくことをおすすめします。パンクなTシャツの背中に神を冒涜するメッセージが書かれており、現地の人の反感を食らった…という話も聞いたことがありますからね。

 

旅行者だからといって、羽目を外した格好をしたり、華美な格好をしたりすることはやめましょう。

 

 

海外旅行中のテロ対策③ 外出にはできる限り車を使用する

海外旅行 テロ対策


学生団体の活動でバングラデシュに滞在した時、テロのみならず窃盗やスリ対策のためにも、移動は車を利用していました。

 

たしかに、公共交通機関を使えば移動費は抑えられます。ただ、テロの可能性がある国を旅行するときは、多少お金がかかっても、できる限り車を利用しましょう。タクシーを使うのであれば、宿泊先のホテルで信頼できるドライバーを紹介してもらうことがコツです。

 

治安の悪い国であれば、日本人旅行者が夜間に一人歩きするのは危険です。車を使いましょう。

 

 

海外旅行中のテロ対策④ 金曜日の行動は注意する

海外旅行 テロ対策


特にイスラム圏を旅行する人は、金曜日の行動に注意を払いましょう。

 

イスラム圏のバングラデシュでテロが起きたのは、ラマダン明けの金曜日の夜でした。旅行者は、宗教行事期間中や集団礼拝がある金曜日など、注意が必要な時期の外出は控えましょう。

 

 

海外旅行中のテロ対策⑤ 行動パターンを限定しない

海外旅行 テロ対策

 

旅行というよりは、出張や長期旅行にあてはまることです。日頃から行動パターンを変えることも、テロ対策になります。

 

 

海外旅行中のテロ対策⑥ ネット環境を常に保つ

海外旅行 テロ対策

 

旅行中、ネット環境を常に保つことも、間接的ではありますがテロ対策に繋がります。いつでも緊急の連絡を受け取ったり、道に迷ったときはすぐに調べたりすることができます。

 

数日間から数週間の旅行であれば、日本から海外Wi-Fiレンタルを持参するのもいいでしょう。イモトのWiFi がおすすめです。出発から帰国まで、定額料金でネット環境を確保できる上に、帰国時に空港で返却することが可能なため、レンタルの手続きも簡単です。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

旅行出発前にできる4つの安全対策

ここまで、海外旅行中に実践できる6つのテロ対策を紹介しました。

 

続いて、出発前からできる安全対策を4つ紹介します。海外旅行では、テロだけではなく、スリや窃盗などの軽犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

 

出発前準備にはしっかり時間を割きましょう。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

旅行出発前にできる対策① 旅行先の治安を確認する

海外旅行 テロ対策

 

海外旅行を計画する段階で、旅行先の治安をチェックしておきましょう。

 

まずは、外務省の海外安全ホームページを確認しましょう。レベル3以上の警告や、テロ特別警戒が発令されている国に旅行するのは見送るのが賢明です。

 

ただし、海外安全ホームページだけでは、現地の”リアル”な治安を把握することは難しい場合もあります。僕は昨年、レベル3が出ているアフリカのブルンジ共和国に仕事で行きましたが、大きな問題ありませんでした。

 

そんな場合は、日本人在住者や旅人のSNSをチェックしてみましょう。また、Googleで調べれば「旅行記」も出てくるので、一部参考にするといいです。

 

 

旅行出発前にできる対策② 「たびレジ」に登録する

海外旅行 テロ対策


出発前に、外務省が提供するサービス「たびレジ」に登録しましょう。

 

旅レジに登録すると、出発前には治安に関する最新情報が、また、旅行中には緊急時の情報が送られてきます。

 

 

旅行出発前にできる対策③ 大使館や領事館の場所、連絡先をチェックする

テロの危険性がある国のみならず、どんな国であっても、海外旅行時には大使館や領事館の場所、また連絡先をチェックしておきましょう。

 

日本の在外公館による邦人保護は、国際的に高く評価されています。日本のパスポートが世界一信頼されている(≒ビザなし渡航できる国が多い)理由は、手厚い邦人保護活動に一部あると言われています。

 

何か事件や事故に巻き込まれた時、すぐに大使館や領事館に電話できるよう、場所や連絡先は抑えておきましょう。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

旅行出発前にできる対策④ 海外旅行傷害保険に加入する

こちらも、テロ対策というよりは、海外旅行の基本的な安全対策となります。出発前に海外旅行傷害保険に加入しましょう。テロ対策のみならず、スリや窃盗、置き引きといった軽犯罪への対策にもなります。

 

どんなに用心しながら行動しても、海外旅行に予期せぬハプニングはあります。リスクを全くのゼロにすることは不可能に近いです。

 

だからこそ、日本のような治安は期待できない国に足を運ぶ際は、海外旅行保険に加入しましょう。アフリカで働くNGO職員も、毎回の渡航で加入しています。

 

現地で何かトラブルに巻き込まれ、海外旅行保険に入っていなかったために旅行が台無しになるのは、もったいないですからね。渡航先の国やプラン内容にもよりますが、一週間の海外旅行なら保険費用は5,000円~10,000円になります。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

まとめ

もう一度、海外旅行中のテロ対策ならびに出発前にできる安全対策をまとめておきます。

 

▼海外旅行中のテロ対策

  1. 外国人がたくさん集まる飲食店やショップなどの民間施設出入りには注意する
  2. 現地の生活や文化、また宗教を尊重した行動を心がける
  3. 外を移動するときはできる限り車を利用する
  4. 特にイスラム圏旅行者は、金曜日の行動は注意する
  5. 出張や長期旅行では、行動パターンを限定しない
  6. インターネット環境を常に保つようにする

 

▼旅行出発前にできる対策

  1. 海外安全ホームページをはじめ、旅行先の治安を確認する
  2. 緊急時の連絡を受け取れるよう、「たびレジ」に登録する
  3. 何かあった時にすぐ連絡が取れるよう、旅先の大使館や領事館の場所、連絡先を抑えておく
  4. リスク管理として、海外旅行傷害保険には必ず加入する

 

テロ対策・安全対策も意識し、海外旅行を安全に楽しんでください。

 

 

【追記】保険費用を節約したい人は海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持参しよう

テロだけではなく、スリや窃盗対策のためにも、海外旅行傷害保険加入は必須とお伝えしました。

 

しかし、保険費用が加わるため、旅費は高くなってしまいます。旅先やプランに寄りますが、一週間の海外旅行なら5,000~10,000円が相場です。

 

保険費用を節約したい人は、海外旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードの持参をおすすめします。年に数回海外旅行をする僕は、三井住友VISAクラシックカード EPOSカードの二枚を使っています。

 

〇三井住友VISAクラシックカード

  • 海外旅行に定番のクレジットカード。最高2000万円まで補償
  • 初年度は年会費無料(2年目以降は1,250円)
  • 旅行関連の代金をクレジット決済すれば保険が適用される
  • 学生に関しては年会費無料

 

〇EPOSカード(エポスカード)

  • ゴールドカード並みの補償内容
  • 年会費がずっと無料
  • 持っているだけでゴールドカード並みの保険が適用
  • 海外旅行を頻繁にする人は必携の一枚

 

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカードをバングラデシュ旅行までに作っておけば、保険費用で支払うはずの5,000~10,000円を”0円”にすることが可能になるのです。二枚持ちしておけば、保険の心配をする必要もなくなるでしょう。

 

特に、年会費がずっと無料な上に、持っているだけでゴールドカード並みの海外旅行保険が適用されるEPOSカードは本当におすすめです。一枚持っておけば損はないので、次の旅行までには作っておきましょう。

 

\エポスカードのお申し込みはこちら/

 

 

こちらの記事もあわせてお読みください

www.kantahara.com