原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

SNSをやめる前にこそ知ってほしい、SNSの「本当の」使い方

\ツイッターのフォローをお願いします/
ブログ更新のお知らせや限定情報を発信しています。ぜひフォローしてくださいね!
スポンサーリンク

もし、SNSをやめることを考えている人がこの記事を読んでいたら、伝えたいことがあります。

 

 

SNSは友達と繋がったり、日常生活の様子をアップするためだけに使うものですか?もっとSNSを有効活用すれば、人生を変えられるかもしれませんよ。

 

 

SNSをやめる前にこそ知ってほしい、SNSの「本当の」使い方をお伝えします。

 

 

 

 

社会人になってSNSをやめる人がめちゃくちゃ多い

SNS やめる

 

大学生の時はフェイスブックやツイッター、インスタグラムに楽しそうな投稿をしていたのに、社会人になると急にSNSをやめる人が後を絶ちません。個人的に、とても寂しいです。

 

 

僕は大学生の頃、海外でボランティア活動に携わっていました。そこで出会った知り合いはみんな、現地の子どもと撮影した写真をSNSにアップしていましたね。

 

なのに、社会人になって働き始めた途端、ほとんどの人はSNSでは見なくなりました。中にはアカウントを削除し、SNS自体やめてしまった人もいるようです。

 

あなたの周りにも、「会社の一員としての責任があるから、めったやたらにSNSを更新できない」という理由で、SNSをやめた人はいませんか?

 

 

日常生活が充実していたらSNSはやらない?

SNS やめる


こんな指摘があります。

 

”日常生活が充実している人ほどSNSはやらない。仕事が忙しくなり、プライベートも充実している人は、SNSをやめてもおかしくない。”

 

 

本当にそうなんですかね?

 

「日常生活が充実している人はSNSをやらない」という論理は、SNSを友達と繋がったり、日々の呟きに使うためだけのものとして認識しているのではないでしょうか。

 

もちろん、僕もSNSで高校時代の友人と連絡を取ったり、SNSに旅行の様子をアップしています。

 

 

でも、それは全体の1割にもなりません。SNSにはもっと有効な活用方法があるはず。それは、学生だから、社会人だからという身分は関係ありません。

 

 

SNSをやめる前に知ってほしいSNSの使い方

SNS やめる

 

「仕事が忙しいし、更新することもない」「友達の近況報告見るのも飽きてきた…」といった理由でSNSをやめることを考えている人には、こう伝えています。

 

 

関心ある分野の情報を収集したり、自分の知識や経験を発信するプラットフォームとして活用すれば、SNSに対する考え方は大きく変わる。

 

 

ツイッターのフォローリストが友人や好きな芸能人だけになっている人。今の状態でSNSをやめるのはもったいない。自分が関心ある分野の専門家や、自分の趣味を仕事にしている人をフォローしましょう。

 

本来ならお金を払うほど価値ある情報を、タダで手に入れることができます。しかも、その道の第一人者から。

 

 

ツイッターの呟きが「仕事疲れた」「今日の夕飯はハンバーグ」だけになっている人。今の状態でSNSをやめるのはもったいない。自分の知識や経験を言語化し、発信し続けましょう。

 

最初は情報発信することに「怖い」と感じるかもしれません。でも、ずっと続けていれば、あなたの発信する内容に共感する人は必ず現れます。思いもよらない出会いがあるかもしれません。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

堀江貴文さんも「SNSで発信しよう」と言っている

SNS やめる


今までSNSは日常生活の延長線上でしか使っていなかった人にとって、「知識や経験を発信しよう」というアドバイスは、少し気が引けるかもしれません。

 

でも、実業家の堀江貴文さんも、大学を卒業する人たちに向かって「SNSで発信しよう」と言っています。

 

これからは、そうやって仕入れた情報を、自分の頭で考えて、そして自分で発信して、頭の中を整理して自分で考える癖をつけていかなければいけないです。それはどうやってやるのか?簡単です。インターネットでブログやら、ソーシャルネットワークやら、そこで毎日発信し続ければいい。非常に簡単なことです。それをできれば毎日やってほしい。

「平成26年度近畿大学卒業式」 堀江貴文氏メッセージ - YouTube

 

会社や所属組織に関係なく、社会で働く中で日々感じることを、一個人として発信しましょう。

 

 

SNSやめるなんて考えられない!僕にとってSNSは必須ツール

SNS やめる


5年以上SNSでの情報発信を続けてきた僕にとっては、SNSをやめるなんて正直想像もできません。今ではTwitterのフォロワーは5,000人を超えましたが、そこから仕事の話が入ったり、ブログの読書が増えたり、気の合う仲間と出会えたりしています。

 

また、僕が5月末に適応障害という病気を患った時は、SNS経由でたくさんの人から励ましのメッセージをもらいました。SNSは、僕にとって一つの居場所にすらなっています。

 

 

さいごに

SNSをやめるなんてもったいない。今一度、SNSの使い方を再考しましょう。

 

僕はツイッターでSNS運用についても日々発信しています。SNSを使い、より良いライフスタイルを追求していきたい方は、ぜひフォローしてくださいね。

 

SNSを有効に活用し、人生を変えちゃいましょう。

 

 

こちらの記事もあわせてお読みください

www.kantahara.com