原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

就活向いていないと感じたら?まぁ大した問題ではないから安心してほしい

\ツイッターのフォローをお願いします/
ブログ更新のお知らせや限定情報を発信しています。ぜひフォローしてくださいね!
スポンサーリンク

僕は大学生の時、「自分は就活に向いていない。」と考えていました。最終的には、大学4年生で起業を決意し、就活の道は完全に捨てることに。今でもリクルートスーツと一般的なスーツの違いがよく分かりません。

 

ビジネスの世界で働き始めてから、「就活にもメリットがあったな。就活しておけばな。」と思う瞬間が時たまありますが、まぁ後悔というほどの後悔はしていません。

(関連記事:就活したくないと思っても少しくらい就活してみるべき3つの理由

 

この記事を読んでいるあなたは、「自分は就活に向いていないかもしれない。自分がおかしいのか…?」と思っているかもしれませんが、就活に向いていないからといって大した問題ではないのでご安心ください。

 

 

就活に向いていないと考えていた大学生時代

就活向いていない


僕自身、大学生の時は「自分、就活には向いていないな。」と感じていました。理由はいくつかありますが、基本的には自分の性格やプライドが起因しています。

 

 

日本の就活システムに違和感

就活に向いていない人って、大体が日本の就活システム「新卒一括採用制度」に違和感を覚えている気がします。心当たりある人はいませんか?

 

「人生の夏休み」と揶揄されるほど、日本の大学生はめちゃくちゃ遊びます。単位を取得するために授業に出席し、バイトに明け暮れ、休みの日にはサークル仲間と遊ぶ。もちろんこの限りではありませんが、まぁ基本的に遊んでいますよね(笑)

 

にもかかわらず、3年生の夏から少しずつ就活を意識し始め、4年生になると同じ黒いスーツを着て就活し始める。アメリカの友人は日本の就職説明会の写真を眺めながら、”Weird”(奇妙だ)と言っていました。基本的に、みんな同じ格好をしていたことを指摘していましたね。

 

そんな就活で、自分が本当にやりたい仕事を見つけられるのだろうか。数枚のエントリーシートやわずかな時間で行う面接で、企業側はニーズにマッチした人材を見つけられるのだろうか。僕はそんな違和感を覚えていました。

 

現行の日本の就活システムに納得できない人間だからこそ、自分は就活には向いていない。そう考えていましたね。

 

 

”社会の歯車”になれないと思った

「あなたは大企業で働くことにはきっと向いていないよ。」

 

小学生の時、母親にふと言われたことです。当時から理不尽な出来事にはいちいち反抗し、6年生の時には担任の先生と揉めに揉めて、終いには不登校になりました。「組織のために我慢しよう。」といった妥協ができない性格だったんですね。

 

だからこそ、小さい頃からそんな性格を貫いてきた僕は、「社会の歯車になりたくない」そんな安っぽいプライドを持っていました。別に就活したからと言って、必ずしも社会の歯車になるわけなんてないのに。世のサラリーマンたちに失礼ですよね。

 

ですが、そんな自分自身の性格を考慮すると、就活には向いていないだろなぁと思っていました。

 

 

学生時代からそれなりに意識高かった

海外留学やアフリカでのインターンシップを経験していた僕は、「自分は学生時代から色々な活動をしてきた。それなりに意識高く過ごしてきた。」という自負がありました。

 

「一年生の時から海外ボランティアなどに携わってきた自分にはアドバンテージがあるのだから、わざわざ自分から他の学生とスタートラインを合わせた就活をする必要はない。」そんな風に考えていましたね。

 

結局はプライドの問題なんですが、そのプライドが邪魔する限り、就活に向はいていないと感じていたのです。結局、僕は就活をせずに起業する道を選びました。

 

 

就活に向いていない=悪いこと、ではない

就活向いていない


就活は器用な人間が勝っていくものだと思います。もちろん、何千人もの志望者を見てきた人事の目を簡単に誤魔化すことはできませんし、就活生をひとくくりにまとめることなんてできませんが、就活に向いている人と世渡り上手な人って、相関関係があるように思います。

 

就活に向いている人がいれば、就活に向いていない人がいるのは当たり前のこと。それにもかかわらず、真面目な人であればあるほど、「就活に向いていない自分はどこか変なのかな…?」と思ってしまうようです。

 

断言すると、就活に向いていないからといって、悪いなんてことはありません。むしろ、「社会の常識」からズレている人間の方が価値ある人間なんじゃないかって思います。現に、僕は絶対就活には向いていない人間だと自負していたし、周りからもそうやって言われ続けていましたが、それでも早稲田大学から学生褒章をもらったり、本の出版やテレビ出演までできました(笑)

 

 

就活に向いていないなら就職以外の道も検討しよう

就活向いていない

 

就活すること自体にメリットはあるので、悩んでいるくらいなら就活を続けてもいいです。でも、「あ、自分は就活に向いていないな。マジで向いていないな。」と感じたら、無理せず就職以外の道も検討してみてください。

 

大学院に進学すること以外にも、例えば

 

  • 起業する←僕はコレ。意外とイケる
  • フリーランスになる←就活失敗してフリーランスになった、って人もいる
  • インターンしてみる←別に、卒業したらすぐ正社員になる必要はない
  • ギャップイヤーを取る←一年間自分を見つめ直せば、本当に就活に向いていないかどうか分かるかも

 

といった道だってあります。もっと詳しく知りたい人は、以下の記事を読んでみてくださいね。

www.kantahara.com

 

 

中途半端に悩んでいるなら就活のプロに相談してみよう

就活向いていない


自分が就活に向いているのか、向いていないのか。ちゃんとした自己分析ができているのか。そもそも、正しい就活って何だろうか…。

 

就活生や就活予備生の中には、こんな悩みを抱えている人もいるはず。中途半端な状態で悩んでいるのなら、「就活のプロ」に相談することもおすすめします。もちろん、親や友人も相談相手としては良いですが、よりフラットな視点かつ専門的な視点でアドバイスしてくれるのは、この道のプロの人たちでしょう。

 

最近では就活をサポートするエージェントも増えてきました。例えばキャリアチケット なら、個別カウンセリングで自分の強みを整理してもらえたり、自己分析やESといった就活の基本が分かるセミナーが実施されています。就活アドバイザーによるマンツーマンでのカウンセリングから面接対策まで、サービスは全て無料です

 

【無料】就活のプロが相談相手になってくれる/

 

 

さいごに

僕は学生時代、就活に向いていないと考えていました。結局、就活は全くせずに起業する道を選びましたが、まぁそれでも何とかなっています。むしろ、やりたい仕事をやれています。

 

就活に向いていないからといって、悲観する必要はありません。ちゃんと自己分析したり、周りの人に相談した上で、「あ、マジで就活向いていないわ。」と判断したら、就職以外の道も考えてみましょう。

 

また、やれるところまで就活して、途中でやめてしまったとしても、就活をする過程で得られることは絶対にあるはずです。自己分析できるとか、人との出会いが得られるとか、企業研究ができるとか。就活すること自体にもメリットはあるので、悩んでいるうちは就活を続けてもいいでしょう。

 

就活に向いていないと思っている人がいたら、参考になれば幸いです。

 

【無料】就活のプロが相談相手になってくれる/