原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

海外旅行で節約するために覚えておきたい7つのコト 一回5万円浮かしちゃおう

スポンサーリンク


大学生の時からアジアやアフリカの新興国を中心に、海外旅行をたくさんしている原貫太(@kantahara)です。2017年だけでも二回、アフリカを旅行していました。

 

「若者の海外旅行離れ」なんて叫ばれることもありますが、学生時代からバンバン海外旅行している人は僕以外にもたくさんいます。それこそ、バックパック一つで世界一周している友人もチラホラ。

 

年数回海外旅行をする人間として、「日本人はもっと海外旅行するべきだよなぁ」と思いますが、やはりネックになるのが費用です。お金がないと、海外旅行はできませんよね。

 

一般的に「海外旅行=高い」というイメージを持たれますが、節約する方法はたくさん存在します。ちなみに、ここでいう”節約”は、「お金を切り詰め、貧乏旅行する」という意味での”節約”ではなく、「賢く節約する。何なら、少しくらい贅沢も楽しめる」という意味での”節約”になります。

 

この記事では、僕が実践してきた海外旅行の節約術を7つまとめています。すべて実践すれば、一回の海外旅行で5万円は節約できるでしょう。早速、ご紹介します!

 

 

 

 

節約しながら海外旅行を楽しもう!7つの節約術

海外旅行 節約

 

節約しながら海外旅行を楽しみたい方は、ぜひ以下7つのコトを覚えておいてください。

 

  1. 旅行先に迷っているなら新興国に行こう
  2. 航空券は自分で予約しよう
  3. 海外旅行シーズンを外そう
  4. 日本語ではなく英語ツアーに参加しよう
  5. Airbnbで旅行しよう
  6. 現地でも公共交通機関を利用しよう
  7. 海外旅行保険付きのクレジットカードを持とう

 

それぞれ詳しく説明します。

 

 

旅行先に迷っているなら新興国に行こう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、一つ目は「旅行先に迷っているなら新興国に行こう」です。これ、特に学生には参考してほしい。

 

一発目の節約方法から長文ですが、まだ海外旅行の計画を立て始めていない人は、新興国(発展途上国)を候補に入れてほしいものです。

 

 

ニューヨークとか、物価高すぎない?

海外旅行 節約

 

「海外旅行」と聞くと、例えばロサンゼルスやニューヨーク、またはヨーロッパなどを思い浮かべる人がほとんどでしょう。が、「海外旅行 節約」とGoogleで調べているような皆さんには、まず第一に、先進国への海外旅行をおすすめしたくありません。

 

僕も大学生の時、ロサンゼルスやニューヨークを一人旅で巡ったことがありますが、とにかく物価が高い。ストレスたまるくらいに、高い。ニューヨークなんてどのレストランも(学生にとっては)高価なので、毎食ファストフードで済ませていました(笑)

 

また、宿泊費を節約するため、ロサンゼルスでもニューヨークでもドミトリーに泊っていましたが、狭いし部屋の臭いはキツイしで、正直いい思い出はありませんね…。

 

 

新興国旅行なら何もかも節約になる

海外旅行 節約

 

一方で、新興国旅行なら、旅費をめちゃくちゃに節約できます。というか、節約しようと思わなくても(=少しくらい贅沢を楽しんでも)、物価が圧倒的に安いため、自然と節約できちゃうのです。

 

今回は、日本人旅行者も多く、治安もいいアジアの新興国、カンボジアとフィリピンを例に挙げましょう。

(関連記事:カンボジアの治安は?旅行者に知ってほしい6つの安全対策

 

ビール一杯50円。食費が節約できる。

海外旅行 節約


まず、食費です。多少贅沢を楽しんでも、自然と節約になります。

 

カンボジアを旅行していた時、僕は毎食アンコールビールを飲んでいました。このビール、一杯0.5ドルです。日本円にしたら約50円。安すぎる。

 

フィリピンを旅行していた時は、節約するために朝昼晩ローカルレストランで食事していました。香辛料の効いた料理、超美味いです。焼きたての焼き鳥なんかも最高。腹一杯食べても、250円

 

海外旅行中、食費は出費のかなりを占めますよね。だからこそ、食費で節約できると有難いです。一食1,000円も出せば、めちゃくちゃ贅沢できます

 

 

宿泊費も節約!一泊20~30ドル出せば上流ホテルに泊まれる

海外旅行 節約

 

新興国旅行なら、宿泊費もグッと節約できます。

 

ドミトリーなら、一泊10ドルも出せば十分でしょう。友人は「死ぬほど節約したい」と言って、一泊5ドルの宿に泊まっていました。それでも普通に楽しんでいましたね。

 

ちょっと贅沢したい人は、一泊20~30ドルも出せば、それなりにグレードの高いホテルに泊まれるはずです。僕はフィリピンを旅行していた時、一泊15ドルでキレイな個室に宿泊できました。

 

 

少し長くなりましたが、まだ海外旅行の計画を立て始めていない人は、ぜひ新興国旅行を検討してください。アジアなら、フィリピンやカンボジアがおすすめです。贅沢しながらも、金銭面を気にすることなく節約海外旅行を楽しめますよ。

(関連記事:英語圏旅行、フィリピンが超安い!おすすめする6つの理由

 

 

航空券は自分で予約しよう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、二つ目は「航空券は自分で予約する」です。

 

海外旅行初心者だと、航空券の予約を旅行代理店に任せちゃう人がいるんですよね。マジでもったいないです

 

最近は、インターネット予約サイトを通じ、航空券は自分で予約できるようになりました。必要情報を入力し、クレジットカードやコンビニ払いで決済するだけなので、面倒な作業、難しい作業もありません。飛行機に乗る時は、メールで送られてきた情報をプリントアウトし、空港に持っていくだけです。

 

自分で予約すれば、余計な手数料が無くなります。数千円~数万円を節約できるでしょう。HISが運営するSurpriceのリンクを貼っておくので、これから航空券を取る人は、ぜひ利用してみてください。

 

 

 

海外旅行シーズンを外そう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、三つ目は「海外旅行シーズンを外す」です。

 

海外旅行シーズンには、航空券と宿泊費が高額になります。特に、7月から8月の夏休み期間(中でもお盆期間)、また年末年始は非常に高いです。

 

海外旅行のオフシーズンは、安い順に

 

  1.  12月~1月(年末年始除く)
  2.  10月~11月
  3.  4月~5月

 

と言われています。有給などを使って休みがフレキシブルに取れる社会人、ちょっとくらい授業をさぼっても大丈夫そうな大学生()は、海外旅行のオフシーズンを狙いましょう。航空券だけでも、数千円~数万円節約することが可能です。

 

 

日本語ではなく英語ツアーに参加しよう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、四つ目は「日本語ではなく英語ツアーに参加する」です。 

 

現地ツアーに参加する場合、ある程度英語が分かる人なら、日本語ではなく英語ツアーに参加しましょう。当然ですが、海外であれば日本語よりも英語ができる人材の方が多いため、英語ツアーの方が参加費が安い場合がほとんどです。

 

また、ツアーに申し込む際は、現地到着後に自分でやりましょう。ホテルのスタッフに聞いてみても良いです。日本から申し込む場合、海外旅行代理店を通じる必要があるため、余計な手数料を取られてしまいます。現地到着後に自分で申し込めば、数百円~数千円を節約することが可能です。

 

 

Airbnbで旅行しよう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、五つ目は「Airbnbで旅行しよう」です。

 

Booking.com などを利用すれば海外の格安ホテルも見つけられるので、「宿泊費を節約する」という意味では、Airbnbに大きなメリットがあるとは言えません。まぁ、たしかに一般的なホテルと比べれば、Airbnbの方がコストパフォーマンスが高いと言われてはいますが。

 

Airbnbを利用した海外旅行では、以下の二点で旅費を節約することが可能です。

 

 

自分で調理すれば食費が節約できる

海外旅行 節約

 

Airbnbなら、ホストが使っていない空き家・空き室に泊まれるため、基本的に生活に必要な道具一式が揃っています。調理器具や食器類があれば、スーパーで食材を購入し、自分で調理することが可能です。

 

異国の地で”生活感”も味わえる上に、食費も節約できます。

 

 

ホストに”おもてなし”してもらえるかも

海外旅行 節約

 

僕はカリフォルニアのサンノゼでAirbnbを利用した時、ホストから夕飯をご馳走してもらいました。Airbnbのホストの中には、海外からの旅行者に手厚い”おもてなし”をしてくれる人もにいます。

 

運よく良いホストに巡り合えれば、ご飯をご馳走してもらえたり、どこかに連れていってもらえるかもしれません。まだAirbnbを利用したことがない人は、こちらのリンクから登録してみてください。3,700円分のクーポンが貰えます。

 

 

現地でも公共交通機関を利用しよう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、六つ目は「現地でも公共交通機関を利用しよう」です。

 

海外旅行中は、すべてタクシーで移動している。そんなもったいないことをしている人、いませんよね?節約したいなら、絶対に公共交通機関を使った方が良いです。

 

アフリカのルワンダを旅行していた時、空港からホテルまでの移動に乗り合いバスを使ってみました。運賃はわずか20円。調べたところ、タクシーを使っていたら500円以上かかっていたそうです。これだけでも、約500円の節約

 

その後も、Googleマップと片言の英語を駆使しながら、できる限り公共交通機関を活用。塵も積もれば山となる。一週間でも、数千円が節約できます

 

とにかく節約したいなら、海外旅行でも公共交通機関を使ってみましょう。ただ、夜間に移動する場合は、タクシー代はケチらないように。海外旅行者が夜間に公共交通機関を使っていると、スリや窃盗のターゲットになる可能性があるためです。

 

 

海外旅行保険付きのクレジットカードを持とう

海外旅行 節約

 

海外旅行の節約術、最後は「海外旅行保険付きのクレジットカードを持つ」です。節約方法としては、これが一番おすすめです。

 

海外旅行をする時、ほとんどの人が海外旅行保険に加入してから出発するでしょう。旅行中、万が一事件や事故に巻き込まれた時、またスリや置き引きにあった時、海外旅行保険に加入していれば、補償を受けることが可能です。

 

しかし、海外旅行保険に加入すると、当然ですが旅費に保険費用が加わってきます。一週間の旅行であれば、5,000円~10,000円が相場です。

 

保険費用を節約するために、海外旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードを持参しましょう。年に数回海外旅行をする僕は、三井住友VISAクラシックカード EPOSカードの二枚を使っています。二枚持ちすることで、手厚い保険を受けることが可能です。

 

〇三井住友VISAクラシックカード

  • 海外旅行に定番のクレジットカード。最高2000万円まで補償
  • 初年度は年会費無料(2年目以降は1,250円)
  • 旅行関連の代金をクレジット決済すれば保険が適用される
  • 学生に関しては年会費無料

 

〇EPOSカード(エポスカード)

  • ゴールドカード並みの補償内容
  • 年会費がずっと無料
  • 持っているだけでゴールドカード並みの保険が適用
  • 海外旅行を頻繁にする人は必携の一枚

 

海外旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードを作っておけば、保険費用で支払うはずの5,000~10,000円を”0円”にすることが可能です。二枚持ちしておけば、保険の心配をする必要もなくなるでしょう。

 

特に、年会費がずっと無料な上に、持っているだけでゴールドカード並みの海外旅行保険が適用されるEPOSカードは本当におすすめです。一枚持っておけば損はないので、海外旅行の費用を節約するため、出発までに作っておきましょう。

 

\エポスカードのお申し込みはこちら/

 

 

まとめ

海外旅行 節約

 

海外旅行で節約するために覚えておきたい7つのコトは、

 

  1. 旅行先に迷っているなら新興国に行こう
  2. 航空券は自分で予約しよう
  3. 海外旅行シーズンを外そう
  4. 日本語ではなく英語ツアーに参加しよう
  5. Airbnbで旅行しよう
  6. 現地でも公共交通機関を利用しよう
  7. 海外旅行保険付きのクレジットカードを持とう

 

です。すべて実践すれば、一回の海外旅行で5万円くらいは簡単に節約できるはず。これから海外旅行を計画する人、節約しながら楽しみたい人は参考にしてくださいね。

 

\持ってるだけで海外旅行保険が付帯される/