原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

自分探しの旅で海外に行きたがる人たちに、一言二言伝えたい。

スポンサーリンク


自分探しのために海外に行きたがる人、いや、自分のやりたいことや生きる意味を探すために海外に行きたがる人たちが多い。最近では、バックパックで世界一周をする大学生なんかも増えてきた。

 

彼らに対して、それなりに途上国で「考えてきた」経験がある人間として、一言二言伝えたいことがある。

 

 

自分探しで海外に出ても、自分は見つからない。

自分探し 海外

photo by Kanta Hara

 

「自分探しの旅」といったら、聞こえはいいかもしれない。けれど、海外に出たって、そんな簡単に「自分」なんて見つからない。

 

やりたいことが見つからない。生きる意味が分からない。だから、それを探すために海外への旅に出た。そんな人たちに途上国でよく出会う。

 

僕は今、フィリピンのマニラでこの記事を書いている。国際協力を志した原体験の地を再訪しているのだ。

 

ここでも、「将来希望する仕事が決まっていないから、やりたいことを探すためにフィリピンにきた」と話す大学生の男子と出会った。

 

そんな彼に対して僕が告げたこと。それは、「まぁ、海外に足を運ぶ”だけ”では、生きる意味はおろか、やりたいことなんて見つからないよ。」

 

自分探しの旅だなんて、ただ聞こえがいいだけだ。

 

 

結局、最後は自分の頭で考えるしかない。

自分探し 海外

 

自分探しだって、やりたいことを見つけるのだって、結局、最後は自分の頭で考えなくてはならない。

 

海外に足を運べばやりたいことが見つかるかもしれないなんて、ただの甘えだ。学校の図書館でも、何なら自宅の机でも、頭を使って考えに考えれば、やりたいこと、やるべきことは見つけられる。

 

僕は日本にいる時、自転車に乗っている時間や、お風呂に入っている時間に、よく一人で考え事をしている。そこでの閃きが、自分の生きる指針となり、そして国際協力の活動に繋がっていることも多々ある。

 

別に海外に出なくたって、「自分探し」はできる。

 

 

でも、考える環境を作るために海外に出るのは、いい。

自分探し 海外

photo by Kanta Hara

 

でも、「考えざるを得ない環境に自分の身を置く」「考えるためのモチベーションを上げる」という意味で、海外に足を運ぶのはいい選択肢。そして、できれば「下」の世界を見るために、途上国に足を運ぶといい。

 

1日100円以下で生きる人たちを眺めていたら、嫌でも人生について考えさせられるからだ。

 

僕自身、日本とは全く違った環境が広がっている海外、とりわけアフリカをはじめとした途上国での滞在中は、自分の感性や思考が研ぎ澄まされる時がある。

 

ストリートチルドレンや難民といった、経済的にも社会的にも、日本で生まれ育った僕とは全く異なる状況の人たちと出会った日は、特に考えさせられる。いつものことだが、Mr.Childrenを聴きながら。

 

 

僕はこれまでそうやって、自分の生きる道を探してきた。

 

 

日本に生まれ育ち、大学に通えているだけで、僕らは世界の95%の人よりは「上」に立っているだろう。少なくとも、経済的には。

 

それなのに、大人たちからは「上」を見させられ、そして「上」を目指すように諭される。もう、そんなことする必要なんて無いくらい、僕らは十分すぎる生活を送ってはいないか、考える。

 

海外に出たところで、自分探しなんてそう簡単にはうまくいかない。やりたいことも生きる意味も、向こうから近づいてくることはない。

 

でも、自分の見ている世界が数十度、いや数度広がるだけでも、考えようというモチベーションが生まれてくる。そこで、自分の頭を使って必死に考え、そして言葉として落とし込んだ時に、初めて新しい自分と出会うことができる。

 

 

自分探しのために海外に行こうという人たちは、今自分がいる場所で、もうちょっとだけ考えてみてほしい。

 

 

---

なぜ日本ではなく、あなたは世界に目を向けているのか?その答えを探し求めている人におすすめの一冊。

Kindle Unlimitedに登録すると、30日間の体験期間に無料で読むことができます。