原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

新卒独立/フリーランス希望?収入源を多様化すれば大企業就職より安定する

「脱走を試みましたが捕まり、鞭で200回叩かれました」。元少女兵との出会い。アフリカでの原体験を書いた処女作『世界を無視しない大人になるために』Kindle Unlimitedに登録すると30日間のお試し期間に無料で読めます。第一章までをこちらのページで全文公開中です!
紙版の購入は→こちら

 

スポンサーリンク


f:id:KantaHara:20171014220417p:plain

 

 

レジリエントな仕事をする

f:id:KantaHara:20171023210432j:plain

 

「レジリエンス」という言葉があります。

 

「レジリエンス」(resilience)は、一般的に「復元力、回復力、弾力」などと訳される言葉で、近年は特に「困難な状況にもかかわらず、しなやかに適応して生き延びる力」という心理学的な意味で使われるケースが増えています。さらにレジリエンスの概念は、個人から企業や行政などの組織・システムにいたるまで、社会のあらゆるレベルにおいて備えておくべきリスク対応能力・危機管理能力としても注目を集めています。(「コトバンク」より引用)

 

援助業界でもしばしば使われる言葉で、「貧困層のレジリエンスを高める」といえば、例えば彼らの収入源を多様化することが挙げられる。

 

 

大学卒業後の収入源を7つにする

f:id:KantaHara:20171023210512j:plain

 

僕は来年3月に早稲田大学を卒業するけど、それまでに収入源を7つ作るのが目標。今はアルバイトを全くしていないため、現在の収入源は

 

●本の売り上げ

●講演の謝礼

●ブログの広告費

●有料マガジンの売り上げ

●コンサルの謝礼

 

の5つ。起業したNPOコンフロントワールドの正規職員となった後には、これに毎月のお給料が追加され、そして何かもう一つ別の収入源を作るつもりです。

 

 

それぞれの月収は数千円~数万円単位でも、収入源が一つしかないサラリーマンに比べれば、よほど安定している。仮に一つ収入源が途絶えても、他6つがあるから。図太い柱一本だけに支えられている家よりも、細くてもしなやかな柱数本によって支えられている家の方が安定しているのは、簡単に想像できますよね?

 

 

全財産を一つの株式に投資することは非常にリスキーだということをみんな知っているはずなのに、収入源はたった一つで問題ないよ!なーんてことはきっと無いはずです。

 

 

自分だからこそできる仕事をすれば…

f:id:KantaHara:20171023210753j:plain

 

おまけに、これらすべての収入源は「原貫太」という人間の知識や経験、スキルによって生み出される価値から築かれるものなので、どれか一つの収入がアップすれば、その他の収入も連動してアップする。

 

 

例えば、ブログの記事数を積み重ねていけば、そこから新しい本の出版が可能となるし、有料マガジンの質も高めることができる。講演で大きな反響があれば、そこから一対一で行うコンサルも顧客獲得数が増えるし、何なら本の売り上げもアップする。一つの月収が5,000円増加するだけでも、全てを合計すれば35,000円の増加になる。

 

 

2020年にはアメリカの総人口の半分がフリーランスに?

Freelancers Unionとクラウドソーシングサービスを運営するUpworkによる合同調査「Freelancing in America: 2016」によると、2016年のアメリカでのフリーランス人口は5,500万人。労働人口の35%に当たります。

 

 

日本ではフリーランスとしての生き方(や独立)はまだまだマイナーであり、多くの人が「副業としてのフリーランス」ではあるが、これからAI(人工知能)やロボットの進化に伴い、会社に縛られない生き方がドンドンと増えてくるはず。

 

 

例えば、CrowdWorks(クラウドワークス) をはじめとしたクラウドソーシングサービスでは、ホームページ作成やロゴ制作、ライティングなどの案件が紹介されており、フリーランスとして働く人や独立したばかりの人たちもたくさん利用している。また、【タイムチケット】 【ココナラ】 のようなサービスでは、自分の特技・スキル・趣味を、それらを必要としている人に売ることができる。

 

 

大学新卒での独立やフリーランスを希望する人たちは、トライしてみてもいいかもしれません。

 

 

これからの時代は、大企業に就職するよりも、好きなことや得意なことで価値を産み出せるようになり、自分で稼ぐ力をコツコツ付けていった方が、長期的に見れば一番の安定に繋がるのです。

 

 

---

なぜ、あなたは稼ぐために頑張れないのか?

あなたは「上の世代」と違い、
生まれたころから何もかもが揃っていたので、
金や物や地位などのために頑張ることができません。

埋めるべき空白が、そもそもない「乾けない世代」なのです。

しかし、仕事がなくなっていく時代には、
この「乾けない世代」こそが希望になります。(「はじめに」より)

【キングコング西野亮廣さん激賞!「バチクソに面白いから、絶対に読んだほうがいい!」】
【驚異のロングセラー!最近1ヶ月だけでも1万部の大増刷!売れています!】「Amazon内容紹介ページ」より引用)

▼関連記事:ワークライフバランスなんて気にするな-好き・得意・スキルを仕事にする5つの方法

 

▼関連記事:大学生はアルバイトではなくブログで1円を稼ぐべき-「好き」「得意」を仕事にする新しい働き方