原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から仕事論、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

高額過ぎる英会話スクールに通う価値ある?僕がオンライン英会話をおすすめする2つの理由

【お知らせ】

書籍『世界を無視しない大人になるために』紙版の販売再開は9月下旬を予定しております。こちらのフォームから購入予約をして下さった方には、販売再開後にメールにてご連絡差し上げるとともに、購入時に使用できる50円引きクーポン券をお送りさせて頂きます。第一章までをこちらのページで全文公開中!

スポンサーリンク


 

英会話スクールって通うと死ぬほど高いですよね。日本に在留する外国人が200万人以上もいる今日、なぜあれほど高い月謝を払ってまで英会話スクールに通い英語を学ぼうとするのか、僕には理解できません。

 

…が、やっぱり人それぞれ性格や環境は違うもので、見ず知らずの外人捕まえて英語と触れ合うよりも、ちゃんとした講師から英語を学びたい人もいるわけです。僕もそのうちの一人でした(笑)

 

僕は2015年8月~2016年5月までアメリカに交換留学で滞在していましたが、その前には既に英語はかなり話せていました。ちなみに、僕は大学入学当初は全くと言っていいほど英語は話せませんでしたが、本筋からずれるのでこの話はまた後日。

 

理由は大きく二つ。一つは学生NGOの活動を通じてバングラデシュの人たちと英語でやり取りをしていたから(この話はまた後日!)。もう一つは"オンライン"英会話スクールでフィリピン人と毎日話していたからです。

 

※オンライン英会話とは…

 

世界的に普及したパソコン回線を利用して、世界中の英語講師とオンライン環境で繋ぎ、非常に安価で良質な英会話レッスンを受ける事を可能にしたものです。生徒と講師は、Skype(スカイプ)などの無料オンライン通話ツールを使用する事により(スクールによってツールは異なる)、通信料(通話料金)が一切かからないと言うのも安さの秘密で、マンツーマンレッスンで1レッスン100円と言う格安受講料を実現しているスクールも有ります。(「オンライン英会話ガイド」より引用)

f:id:KantaHara:20170320181510p:plain

photo by Hoanghong281282

 

 

僕が考えるに、文明の利器Skypeを利用したオンライン英会話のメリットは、

 

①一対一で講師と話せること

スクールに通うと、他の生徒と一緒に授業を受けることが多いじゃないですか。同じレベルの英語ビギナーが隣で話しているのをただ聞くだけの時間、超無駄じゃないですか?(笑)間違った発音も聞こえてくるわけだし…。

 

一方で、オンライン英会話のほとんど(恐らく全て)はSkype上といえども、講師と一対一で話せるわけです。たしかに、複数人のディスカッションの中で自分の意見を英語で表現する力は培われませんが、僕はアメリカで過ごした1年間で、その力は英語力云々の問題だけではないことを痛感しました。おまけに、Skype上で話せるようになると、対面で話す時にはよりスムーズに会話ができるし(ジェスチャーなども使えるので)、難しいシチュエーションである「電話」にも対応できちゃったりします。美味しい。

 

②圧倒的な安さ

通いの英会話スクールだと、マンツーマン授業であれば数千円~1万円弱なんてのはザラですよね。英語もまだそれほど話せない状態だから英会話スクールに通うってのに、そんな高額を払うだけの学びを、あなたはたった数十分のレッスンで得られるのだろうか・・・。毎回数千円~1万円も払ってそれだけの価値ある学びを得なければと、僕だったらプレッシャーに感じます。

 

後述するように、集団授業であれば多少価格は安くなるものの、自分が話せる時間は相対的に少なくなる。一方で、オンライン英会話なら1レッスン200円~高くても1000円弱。英語のスピーキング能力を高めるには、まずは話すことの「抵抗感」を無くすこと、そしてそのためには英語を話す機会に沢山身を置くことが求められるので、数をこなせるように当然授業料は安い方が良い。

 

 

東進の安河内哲也先生もCMで言っていましたが、英語なんて所詮言葉なんですよ。特にスピーキング(話す能力)は数をこなさないと、最初の壁である「抵抗感を無くす」を越えることができません。日本人の多くは、中学・高校の英語学習では語彙や文法、長文読解は大量にやっていたものの、本来一番大切であるべき「スピーキング」の経験値は絶望的に少ない。そのため、大学生や社会人になってもほとんどの人が英語を話すことに対する抵抗感があります。

 

経験値が無いから、話すことに対する抵抗感が生まれるんですね。単純に言えば、恥ずかしいんです。英語を話すことが。その意味で、まずは英語を話すことに対する抵抗感を無くすこと。それが、スピーキング上達の最初にして最大の壁であるように僕は思います。てか、これを超えてからは段々と楽しくなってきますよ、英語を話すのが。

 

そのためには、(当たり前のことですが)英語を話す機会をとにかく沢山作ることです。抵抗感が無くなり英語が口から出てくるようになると、少しずつ英語脳になってきます。つまり、ほとんどの日本人が英語を話す時に脳内でやっている「日本語→英語」の変換をせずとも、最初から英語で考えようとするんです。英語を英語で捉えられるようになることは、英語学習では一つの大きなゴールです。いずれ、寝てる間の夢を英語でみるようになります。本当ですよ。寝言も英語で喋るようになります。

 

要は何を言いたいかというと、英語のスピーキング能力を上げるためには数をこなす事が必要で、低料金で集中的に英語を話せるオンライン英会話はそのための手段として非常にもってこいということです。

 

 

僕はアメリカに留学するまでの約1年間DMM英会話を続けていました。今も再開しようか考えているくらいです。

 

DMMの良さは、何といっても値段の安さ。上述した通り、英語を話すことに対する抵抗感を無くすためには、とにかく英語を話す機会を沢山作ることです。その点コーヒー1杯分の値段で50分間講師とマンツーマンで話せのは超オススメ。

 

加えて、DMMの凄い所はアメリカからバングラデシュまで講師が75か国以上に在籍していることです。これが結構、面白い。色々な国・地方の訛りが聴けるし、色々な文化を知ることができます。僕はバングラデシュでより円滑に英語で活動ができるようにと、バングラデシュ人の講師とずっと話していました。バングラデシュの政治、宗教、文化についても沢山教えてもらえたし、本当に美味し過ぎる内容だった・・・。

 

まずは25分×2回の無料体験レッスンにぜひトライを。僕は1年間続けて、英語を話すことに対する抵抗感が無くなったのはもちろん、マジでスピーキング能力が向上しました。TOEFLの得点も20点弱伸びましたね。

 

 

が、そんなオンライン英会話にも料金に関して、一つ問題が。

 

ほとんどのオンライン英会話プログラムは月謝制で、「1レッスン〇〇円!」と安さを強調しているのが目立ちますが、受講生一人当たりの平均受講回数は月6回に過ぎず、1回当たりのレッスン料金は約1000円掛かっているというデータがあります。僕も大学の授業で忙しい時や夜帰るのが遅くなった時は、せっかく予約しておいたのに授業に出られず、キャンセルなんてことが何度もありました。月謝制だとお金は帰って来ないのでかなりもったいない・・・。

 

ということで、多少高く見えても、チケット制のものを選ぶのも良いです。例えばチケット制のオンライン英会話【PEN】 は1レッスン450円。一見他社より高く見えても、完全チケット制のため月1回なら450円、月6回なら2700円しかかからず、忙しくて毎日は受講できない人にとっては最も安く受けられるオンライン英会話だったりします。

 

他にも、もし「外国人(特にオンライン英会話だとフィリピン人)と話すのは少し怖い…」って人には、スモールワールドオンライン英会話もお勧めです。ここは世界各国に住んでいるバイリンガル日本人女性講師がメイン(7割程度)。だって、Skype上で会話してるのに、英語がどうしても出てこなくなって日本語も使えないんだったらマジで気まずいですもんね。僕も最初はそうでしたwww

 

ということで、「英会話を習いたい」と考えている人は、通いではなくオンラインを絶対的にお勧めします。少なくとも、僕はこれで英語がかなり話せるようになりました。