原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

マザーテレサの名言「世界平和のためにできることは…」に思うこと。

\ツイッターのフォローをお願いします/
ブログ更新のお知らせや限定情報を発信しています。ぜひフォローしてくださいね!
スポンサーリンク

 

 

 

 

マザーテレサが語る、世界平和のためにできること。

1979年にノーベル平和賞を受賞した際、「世界平和のために、私たちは何をするべきか?」と質問されたマザーテレサは、こう答えている。

 

 

「家に帰り、家族を大切にしてあげてください。」

 

 

つい昨日、アドラー心理学の『幸せになる勇気』の中でこの「名言」と出会い、気になったので少し調べてみた。

 

 

正直、アフリカで難民支援活動にバリバリ携わっていたときなら、この言葉を知ったところで、「ふーん」で終わっていたかもしれない。

 

あたりまえというか、「理想論を語ったところで、世界は何も変わりはしないよ。現実的な行動を起こさないと。」と、そんな冷めた感想を持っていただろう。

 

 

僕は病気になって、自分の小ささを実感した。

僕は今年5月、「適応障害」という心の病気を患った。正しくは脳の病気なのだろうが、「うつ病」との区別も難しい、心の病だ。

 

「原くんはNGO界の若手ホープだね。」そんな期待を受けながら、自分でも調子に乗り、バリバリ働いていた矢先のことだった。極度の抑うつ状態になり、仕事はおろか、日常生活もままならないようになった。

 

「世界から紛争や貧困といった不条理を無くしたい。」学生時代からそんな大きな想いを持って活動していたからこそ、病気になって、自分がいかに小さな存在であるかを痛感した。

 

 

目の前の人に感謝し、信頼を寄せる。

でも、病気になって、もう一つ感じたことがある。それは、目の前の人の大切さだ。

 

こんな胡散臭い言葉、病気になる前の自分だったら、気恥ずかしささえ覚えるかもしれない。でも、精神的に沈み、苦しみ、何も出来なくなってしまった自分のことさえも受け入れ、愛し、そして支えてくれる人がいる。

 

そんな経験をしたからこそ、目の前の人に感謝し、信頼を寄せることの大切さを学んだ。

 

 

『幸せになる勇気』では、マザーテレサの名言を引用した後、こう続いている。

 

世界平和のためになにかをするのではなく、まずは目の前の人に、信頼を寄せる。目の前の人と、仲間になる。そうした日々の、ちいさな信頼の積み重ねが、いつか国家間の争いさえもなくしていくのです。『幸せになる勇気』より引用)

 

 

マザーテレサは目の前の人のことを考え、行動した人だった。

マザーテレサは、どこまでも貧しい人々のことを考え、行動した人だった。

 

ノーベル平和賞で受け取るはずだった賞金19万ドルは、すべてカルカッタの貧しい人々のために使われることになり、賞金を受け取ったときには、「このお金でいくつのパンが買えますか?」とさえ言っている。

 

きっと、世界平和という大きな理想を掲げながらも、自分の足元を見失うことなく、目の前の人のことを考え行動していた人だからこそ、こんな名言も残すことができたのだろう。

 

 

平和な社会を目指すなら、まずは自分の足元を見よう。目の前の人に信頼を寄せよう。

 

 

病気になり、支えてくれる人の大切さを知った今からこそ、この名言の意味が理解できた気がする。

 

 

こちらの記事もあわせてお読みください

www.kantahara.com