原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

受験直前なのにやる気が出ない君へ4つのアドバイス

スポンサーリンク


受験直前なのにやる気が出ません。やりたいことも行きたい大学も決まっているのに、勉強を頑張れなくて焦るばかり。どうしたらいいのか分かりません。

 

SNS経由でこんな質問が寄せられた。

 

僕も高校3年生の大学受験直前には、一時的にやる気が出なかったり、勉強に集中できなかったりした時があった。

 

今、当時を振り返ってみて思うことがある。受験直前なのにやる気が出ない人へ、僕なりの4つのアドバイスを送りたい。

 

 

無理にやる気を出そうとしない。一旦ペンを置き、周りを見渡そう。

受験直前 やる気出ない

 

受験直前期は、朝から晩までずっと机の前に座っているかもしれない。

 

そんな時はたいてい、目の前の「受験」という壁にばかり目がいってしまっている。主観的になり過ぎてしまっているのだ。視野を広く持つために、一旦ペンを置いて、周りを見渡そう。

 

周りを見渡すというのは、自分が置かれている状況を客観視するために行うことだ。思いっきり視野を広くするため、世界にはどんな人たちが暮らしているのか調べてもいいかもしれない。僕の過去の記事を読むのはどうだろう。「自分」以外の「他人」がいるという、あたりまえに気づくことができるはずだ。

 

受験が終わって5年近く経ち、国際協力を仕事にした今でさえも、主観的になり過ぎてしまう時がある。

 

そんな時、僕はこれまで出会った世界の人たちを思い出す。特に、何か辛いことがあった時は、紛争で故郷を追われた難民のような、自分よりもずっと大変な状況にある人たちのことを思い浮かべる。そうすると、「僕が置かれている状況なんて、彼らに比べたら大したことがない」と、少しだけ気が楽になる。

 

 

受験が終わった後の自分を思い浮かべよう。

受験直前 やる気出ない

 

志望校に合格することが、今の自分にとっての大きなゴールになってしまっているかもしれない。

 

でも、断言しよう。受験なんて、一つの通過点に過ぎない。

 

大切なのは、受験が終わり、高校や大学に進学してからどう過ごすかだ。だからこそ、進学後の環境で、自分がどんな勉強をしたいのか、どんなことに挑戦したいのか、思い浮かべてみよう。

 

そのイメージが君の中で具体的になればなるほど、受験が一つの通過点に過ぎないことを実感できる。

 

そして少しだけ肩の荷が降りたら、そのイメージに一歩でも二歩でも近づくため、勉強を頑張ろうというやる気も湧いてくるはずだ。

 

 

不合格になったとしても、何とでもなる。

受験直前 やる気出ない

 

受験のプレッシャーからやる気が出ないのかもしれない。でも、安心してほしい。進学後の過ごし方次第で、受験の結果なんていくらでもひっくり返るから。

 

僕は第一志望だった東京大学に合格することができなかった。けれど、進学した早稲田大学で素晴らしい人たちと出会い、そして努力を積み重ねたことで、今ではNPOを起業し、代表を務めるまでになった。あの時、東大に合格してしまってたら、今の自分はきっといない。

 

僕みたいに、受験に失敗したことが良い方向に繋がった人の存在を知って、少し気が楽になっただろうか。もちろん、合格できる方が嬉しいに決まっているだろうけど、人生に失敗はつきものだ。誰かが合格すれば、その代わり不合格になる誰かがいる。

 

先生や家族からは合格に対するプレッシャーをかけられているかもしれないが、たとえ失敗したって、後から何とでもなる。そのことを受け入れているだけでも、知っているだけでも、心に余裕が生まれてくる。

 

そして、「どうせ挑戦するなら、もうちょっとだけ頑張ってみるか。」そんな気持ちが自然と湧いてくる。

 

 

勉強を中断して、心に余裕を生む時間を20分取ろう。

受験直前 やる気出ない

 

一旦ペンを置き、周りを見渡そう。受験が終わった後の自分を思い浮かべよう。不合格になったとしても、何とでもなる。

どのアドバイスも、頭では理解できるだろう。でも、どうもしっくりきていない。

 

 

そんな人は、きっと心に余裕がない。高校3年生の僕にこんなアドバイスをしたところで、「勉強しないといけないから、そんなこと考えている暇はないよ」と思っていたはずだ。なぜなら、僕も勉強ばかりで、心に余裕がなかったから。

 

朝から晩まで丸一日勉強していたら、こんなアドバイスを受け入れるだけの心の余裕は生まれない。一日20分くらい机から離れて、散歩したり、読書したり、好きな人と話したり、それくらい楽しめるくらいの方が、心に余裕が生まれて、勉強の効率も上がる。

 

勉強に対するやる気が出ない人は、この記事に対する感想をノートに書きだしてみるのはどうだろうか。良い気分転換にもなるだろう。

 

 

さいごに-受験直前なのにやる気が出ない君へ

〇一旦ペンと教科書を置き、周りを見渡そう。

〇受験が終わった後の自分を思い浮かべよう。

〇不合格になったとしても、何とでもなる。

〇心に余裕を生む時間を一日20分取ろう。

 

受験直前なのにやる気が出ないからといって、勉強しなくちゃ勉強しなくちゃと焦るだけでは、やる気が出ないのはもちろん、自分を追い詰めてしまい、さらに焦ってしまう。

 

4つのアドバイスを参考に、残りもう少しだけ頑張ろう。受験が終わったら、僕の講演会にでも遊びに来て下さい。

 

 

---

受験よりももっと大きなプレッシャーを感じるスポーツ選手から、メンタルマネジメントを学ぶのはどうだろう。

 

長谷部誠選手の『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』をオススメします。僕も心が不安定な時に、時々読み返しています。

 

こちらの記事もあわせてどうぞ!

www.kantahara.com