原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

学生が国際問題を議論したところで、正直、糞の役にも立たない。

スポンサーリンク


こんなツイートをしたら、大きな反響があった。 

 

 

 

時々、高校生から「世界の問題を改善するため、大学生になったら国際問題を議論する研究会に所属したい」という相談を受けるのだけど、ちゃんと伝えておきたい。

 

 

学生が国際問題を議論したところで、個々人の知識やディスカッション能力を高められたとしても、”現場”で起きている問題の改善には繋がらない。正直に言えば、議論し合っているだけの活動は、単なる自己満足に陥りかねない。

 

たしかに、議論した結果として出てきた改善策を、そこで出来た仲間たちと次のアクションに移せば、多少なりとも世界は良くなるかもしれない。

 

けれど、「シリア内戦はどうすれば解決できるか?」「イスラエルとパレスチナの和平は実現する可能性があるのか?」「南スーダン難民が故郷に帰還するにはどうすればいいのか?」そんなあまりにも壮大なテーマを学生が議論し合ったところで、正直クソの役にも立たない。本当に。

 

もちろん、考えることは大切だ。でも、もっと大切なのは、考えながら行動すること、つまり「考動」なんだ

 

 

シリアにせよパレスチナにせよ南スーダンにせよ、ニュースや新聞で伝えられる凄惨な現実を前にし、「分からない」「何も出来ない」と思考停止するのは、僕も嫌だ。

 

「何が原因でシリアの紛争はいつまでも終わらないのか?」「どうすればイスラエルとパレスチナの間で平和構築が実現されるのか?」「難民が安心して生活するために必要な国際貢献は何なのか?」そんなことを考え続けながら、自分自身に知識を吸収し続けたい。

 

でも、議論しているだけでは、世界平和を実現することはおろか、何一つ国際問題を解決することはできない。学生時代、色々な人たちと国際問題を議論する機会を作ってきたが、その中で今の仕事に直接的に活かされているものは、正直ほとんど無い。何を議論したかさえ、記憶も曖昧になってきている。

 

だから、考えながらも、自分にできる行動を淡々と続けていく。それこそが、学生時代から国際協力に関わり続けてきた、僕なりの一つの答えだ。

 

 

そんな「考動」を実践できる若い人たちが、もっともっと、増えてほしい。