原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

人を導くために一番大切なことは…守屋智敬著『導く力』

「脱走を試みましたが捕まり、鞭で200回叩かれました」。元少女兵との出会い。アフリカでの原体験を書いた処女作『世界を無視しない大人になるために』Kindle Unlimitedに登録すると30日間のお試し期間に無料で読めます。第一章までをこちらのページで全文公開中です!
紙版の購入は→こちら

 

スポンサーリンク


(株)モリヤコンサルティング代表取締役守屋 智敬(もりや ともたか)さん著作『導く力』を読んでいます。

f:id:KantaHara:20170315121801j:plain

 

テラ・ルネッサンス15周年記念イベントで守屋さんとお話しして以来、ずっと気になっていた本。アフリカから日本に帰国して、すぐに購入しました。

 

ぼくは普段、それほど自己啓発系の本は読みません。自分の内面と向き合う時は、頭の中で考えたり、人と話したりする中で、いわゆる「自己啓発」をしてきました。

 

でも、将来のことを真剣に考えるべき「人生の岐路」に立つ今、『導く力』を読みながら、謙虚な気持ちで自分と向き合うことができています

f:id:KantaHara:20170315124320j:plain

 

第一章「自分を導く」第二章「他者を導く」第三章「組織を導く」第四章「社会を導く」…と、段階的に「人を導くために本当に大切なこと」を、「問いかけ→答え→偉人の名言」の構成で、分かりやすく説いてくれる本です。

 

一回読み終わった後でも、「すべての内容をそのまま受け入れる」というよりは、「自分と向き合う上で大切な章を、時々開いて確認する」といった、「人生の一参考書」になりそうな本です。ぜひ読んでみて下さい!