原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

逆カルチャーショックの対処法は「情報発信」することだと思う。

\ツイッターのフォローをお願いします/
ブログ更新のお知らせや限定情報を発信しています。ぜひフォローしてくださいね!
スポンサーリンク

1年間のアメリカ留学から帰国した時や、2カ月のアフリカ滞在から帰国した時、逆カルチャーショックを経験してきた原貫太(@kantahara)です。

 

逆カルチャーショックは初めての海外旅行や長期留学から帰国した大学生に多いようですが、中にはその強度が強すぎて、うつ病になってしまうケースもあるらしい…。

 

僕の場合は、学生時代から何度も途上国に足を運んできたので、この「逆カルチャーショック」は幾度となく経験してきました。その経験を踏まえて、今では「逆カルチャーショックの対処法としては、『情報発信』することが一番いい」と考えています。

 

 

 

 

逆カルチャーショックとは?

逆カルチャーショック 対処法


「カルチャーショック」という言葉は、ほとんどの人が知っているでしょう。母国(自分)とは異なる文化や生活、価値観、考え方に触れた時、違和感や戸惑いを覚えることです。カルチャーショックの多くは、海外に足を運んだ時に起こります。

 

逆カルチャーショックとは、言葉の通りカルチャーショックの「逆」で、「海外生活が長く続いた人が、海外の文化や生活、価値観、考え方に順応してしまったために、母国(日本)での環境になかなか馴染めないこと」を指します。

 

海外旅行の経験がある人なら、日本に帰国した時のことを思い返せば、逆カルチャーショックは想像できるのではないでしょうか。

 

インターネットで調べてみると、日本人の場合、逆カルチャーショックの多くは長期留学を経験した大学生に見られるようです。

 

 

途上国から帰国した時の逆カルチャーショックがすごい

逆カルチャーショック 対処法

 

ネット上の体験談なんかを見ていると、目立つのはアメリカ留学から日本に帰国した時の逆カルチャーショックです。僕も一年間カリフォルニアに留学していましたが、たしかに帰国してすぐの頃は、アメリカでの生活が恋しくなる瞬間が何度かありました。

 

でも、僕の中では、アジアやアフリカの発展途上国から日本に帰国した時に受ける逆カルチャーショックの方がよほど強烈です。

 

初めて逆カルチャーショックをまざまざと体験したのは、大学一年生の時です。フィリピンの首都マニラでのボランティア活動を終え、日本に帰国した直後のことでした。

 

「つい数日前までスラム街に足を運んだり、ストリートチルドレンに炊き出し活動をしていた。なのに、今ではもう、毎日温かい風呂に入り、大学の友達と遊び、あたりまえのように腹一杯ご飯を食べている。世界の格差はどうしてこんなに大きくなってしまったのだろう。

 

と、来る日も来る日も考えていましたね。日本の恵まれ過ぎた生活に、逆カルチャーショックを受けていました。

 

 

逆カルチャーショックの対処法は「情報発信」だと思う

逆カルチャーショック 対処法

 

フィリピン以外にも、アフリカで元子ども兵士から話を聞いた後に留学中のアメリカに戻ったことも、アフリカでの難民支援活動を終えた3日後に大学の授業に参加していたこともあります。

 

しかし、ここ最近は逆カルチャーショックを経験することは少なくなってきました。自分の中で、「逆カルチャーショックの対処法は情報発信することだからだ」と発見することができたからです。

 

 

逆カルチャーショックは”モヤモヤ感”との闘い

逆カルチャーショックというのは、心の中に自然と芽生える”モヤモヤ感”との闘いで起こるものだと考えています。

 

逆カルチャーショックを感じている時、人は心の中で

 

上手く言葉にできないけど、アメリカでの生活と日本での生活に大きなギャップを感じる…」

上手く言葉にできないけど、日本社会での生活に何か息苦しさを感じる…」

上手く言葉にできないけど、途上国と日本の間にある経済格差に憤りを感じる…」

 

こんなモヤモヤ感を抱えています。どれもすぐに言葉にして考えることが難しいからこそ、モヤモヤしているのです。

 

 

言語化することで逆カルチャーショックの正体を把握する

逆カルチャーショックの多くは、上手く言葉にできない”モヤモヤ感”との闘いの中で起こります。だからこそ、まずはそのモヤモヤ感じていることを言語化してみることで、逆カルチャーショックの正体を把握しましょう。

 

人間は、目に見えない物、得体の知れない物にこそ、不安や恐怖感を膨らませる生き物です。自分の将来は目に見えないからこそ不安を感じるし、お化けは得体が知れないからこそ恐怖感を感じますよね。

 

だから、まずは言葉に落とし込むことで、逆カルチャーショックの招待が何なのか、何を原因に起きているものなのか、目に見える形で捉えましょう。

 

 

発信すれば逆カルチャーショック経験者との間に共感が生まれる

言語化し、モヤモヤしていた逆カルチャーショックの正体が把握できたら、それを発信しましょう。

 

SNSやブログを使ってもいいし、家族や友達に話してもいいです。何なら、自分でイベントや講演会を企画し、そこでプレゼンテーションしてもいいでしょう。

 

あなたが感じている逆カルチャーショックは、他の誰かも絶対に経験したことがあるはずです。現に今、逆カルチャーショックについて調べているあなたが、逆カルチャーショック経験者の僕が書いた記事をこうして読んでいます。

 

発信すれば、逆カルチャーショックを経験した人同士、その間には「共感」が生まれます。

 

これまで僕は、海外にいる時から日本に帰国した後も、ずっと情報発信を続けてきました。その結果、同じ経験をしている人とたくさん繋がることができました。

 

 

 

さいごに

逆カルチャーショック 対処法

逆カルチャーショックをあまりに強く感じると、中には心を病んでしまう人もいるようです。そうはならないためにも、言語化することで逆カルチャーショックの正体を掴み、発信することで同じ経験をした人との繋がりを得ましょう。

 

自分の中の違和感を言語化し、発信するという作業は、これからの時代ますます大切になっていきます。違和感は、社会の”常識”と自分の”常識”との間にギャップがあるからこそ生じるもの。考え方を変えれば、そのギャップはあなただけの価値になる可能性も秘めています。

 

逆カルチャーショックの対処法は、モヤモヤ感を言語化し、情報発信することです。ぜひトライしてみてください。

 

 

こちらの記事もあわせてお読みください

www.kantahara.com