原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

50m自由形37秒だった僕がたった2年で水泳全国中学に出られたわけ

「脱走を試みましたが捕まり、鞭で200回叩かれました」。元少女兵との出会い。アフリカでの原体験を書いた処女作『世界を無視しない大人になるために』Kindle Unlimitedに登録すると30日間のお試し期間に無料で読めます。第一章までをこちらのページで全文公開中です!
紙版の購入は→こちら

 

スポンサーリンク


50メートル37秒8から始まった水泳人生

f:id:KantaHara:20170511140622j:plain

真ん中の宙に浮いている黒人マッチョが僕です

 

僕が水泳を本格的に始めたのは中学1年生になってから。小学4年生の時にも1年弱スクールに通っていたけど、いわゆる「泳ぎを習う」コース。最後の3か月だけ選手コースに所属したものの、当時の僕はまだバタフライが泳げませんでした。

 

小4の終わり頃には受験塾に通うため水泳スクールは辞め、そこから中学入学までは水泳に全く触れなかったので、実質は中学入学と共に初めて水泳に手を出したと言えます。

 

 

中学校の水泳部に所属してすぐに測った50m自由形。25mプール(短水路)をクロールで一往復だけです。その時の記録は忘れもしない37秒8

 

 

水泳関係者なら当然分かると思うけど、決して、決して速くありません。全国中学の派遣記録は25秒79(当時)。しかもそのタイムは、50mプール(長水路)で出す必要があるのです。一般的に、壁を蹴ることのできるターンが途中で入る25mプールの方がタイムは速くなると言われており、0.2~0.3秒は変わると言われています。

 

 

50m自由形は、競泳種目の中で最も短い距離の種目です。ゆえに、タイムを上げるのは数値的には一番難しいと言われています。けど僕は、2年後に出場した全国中学校水泳競技大会神奈川県予選会で25秒74をたたき出し、見事全国大会への出場権を獲得したのです。

 

 

「30秒の壁」を簡単に超えていった

f:id:KantaHara:20171101145924j:plain

 

この伸び率は、どう考えても異常です。全国中学に出場する選手は、そのほとんどが小さい頃からスイミングスクールに通い、選手としてバリバリ練習してきた人です。

 

にもかかわらず、なぜ無名の湘南ボーイが半年後には「30秒の壁」を簡単に超え、そして中学3年生では全国中学の切符を掴めたのか。

 

 

その理由は大きく二つ、「努力」、そして「環境」です。

 

 

「競泳」に恋をした

f:id:KantaHara:20171101150013j:plain

 

中学生になってから始めた水泳、いや競泳にどっぷりとハマってしまった僕は、もうとにかく練習しまくります。

 

 

部活やスクールでの練習はもちろん、休みの日も市営プールに一人で足を運んでは自主練習。練習内容は全てノートに記録し、先生と一緒に分析を行う。練習後は帰宅してからはチューブを2000回、腹筋・背筋をそれぞれ500回。中学生からすでに、トレーニング後には必ずプロテインも飲んでいましたね。

 

また、風呂上りにはストレッチを30分~1時間かけて入念に行い、夜は部屋に籠ってスイミングマガジンを読み込む。録画した日本選手権の映像を再生しては一時停止を繰り返し、気になった点をノートにまとめ、これまた先生と一緒に分析。

 

 

負けることが大嫌いだった僕は、とにかく凄まじい努力をしました。もう、こんなブログ記事なんかには書き切れません。中学生の僕はとにかく凄かった。練習の鬼でしたね。多分、あれだけストイックに水泳と向き合っていた頃があるから、大学生になった今、国際協力の活動とも真摯に(というかストイックに笑)向き合えているんだと思います。

 

 

周りの環境が自分を奮い立たせてくれた

f:id:KantaHara:20171101150116j:plain

 

ただ、50m自由形37秒8だった僕がたった2年間で全国中学に出られた"のには、もう一つ大きな理由があります。それが、環境です。

 

 

いきなりですが、僕の叔父さんはオリンピック選手でした(マジです)。1976年モントリオール五輪の100mバタフライで決勝に進出し、最終的には7位でした。いわゆる、オリンピック・ファイナリストですね。

 

 

父親も現役の頃は日本代表、また指導者としても某有名大学でコーチ・監督を長年務めていました。ちなみに、おじいちゃんは元国体選手らしい。

 

 

これだけ聞くと「いや、遺伝だろw」と言われるかもしれません。まぁ、遺伝も確かにあると思いますが、それよりも大きいのが、努力できる"環境"に自分の身を置くことが出来ていたことです

 

 

父親はトレーニング内容を考えてくれたり、試合を見に来てはレース運びにアドバイスをくれたりと、いつも叱咤激励してくれました。水泳ド素人の母親もそれに影響を受けて栄養学を徹底的に勉強したらしく、食事メニューや摂取するべきサプリメントを管理してくれました。

 

 

努力を継続するために環境を選ぼう

f:id:KantaHara:20171101150309j:plain

 

中学時代の僕の水泳伝記を綴っても面白くないので、この「努力と環境」について最後にそれっぽいことを語ります。

 

 

 

努力を継続するためには、自分の身を置く環境が大切。

 

 

特にスポーツの世界では、この事が強く言えることでしょう。

 

僕が中学時代に頑張って努力を続けられたのは、それを可能とする周りの環境があったからです。専門的知見からアドバイスをしてくれる父親の存在。朝練の時も早くに起きてご飯を準備してくれる母親の存在。そして、「一緒に全国中学に出よう」と夢を見続けた水泳部の仲間たち。

 

 

身を置く「環境」が良かったから、努力を続けることができた。この環境が無かったら、僕は全中なんて出場できていないでしょう。なぜなら、人間は「死ぬほどの努力」を、たった一人のモチベーションだけで続けることは簡単ではないからです。

 

 

「どうすればもっと努力できるのだろう。」スポーツのみならず、今の自分に迷っている人がいたら、その努力を継続するために環境を作ってみて下さい。そうすれば、何度だって前を向くことができます。