原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

50m自由形のタイム37秒だった僕がたった2年で水泳全国中学に出られたわけ

スポンサーリンク


50メートル自由形37秒から始まった僕の水泳人生。

 

小学生の記録?と思った人もいるかもしれませんが、安心してください。僕が中学一年生の時に出したタイムです。遅い。

 

小学生の時から水泳に打ち込んでいたわけではないのに、僕は中学生になってからタイムをグングン伸ばしました。そして、中学3年生の夏には50m自由形で競泳全国大会に出場。その時に出したタイムは25秒74でした。

 

 

50メートル自由形37秒8から始まった水泳人生

水泳 タイム

 

水泳を本格的に始めたのは中学生になってから

僕が水泳を本格的に始めたのは中学1年生になってから。小学生の時にもスクールに通っていましたが、ただ泳ぎ方を習うためのコース。最後の3か月だけ選手コースに所属したものの、当時はまだバタフライすら泳げませんでした。

 

小学4年生の終わり頃には塾に通うため水泳は辞め、中学生になるまでは水泳に全く触れなかったため、実質的には中学生になってから初めて水泳を始めたと言えます。

 

 

2年間でタイムを12秒伸ばし、全国大会へ

自由形

水泳部に入ってすぐに測った50mクロール。25mプールをクロールで一往復だけです。その時のタイムは忘れもしない、37秒8でした

 

水泳をやっている人なら当然分かると思いますが、決して速くありません。全国中学の派遣記録は25秒79(当時)。しかも、そのタイムは50mプールで出す必要があるのです。一般的に、壁を蹴ることのできるターンが途中で入る25mプールの方がタイムは速くなると言われており、0.2~0.3秒は変わります。

 

50m自由形は、競泳種目の中で最も短距離の種目。タイムを伸ばすのは一番難しいと言われています。しかし、中学生の僕は、「タイムが伸びない」「速くならない」という悩みを一度も抱えることはありませんでした。

 

水泳を始めてから2年が経った全国中学校水泳大会の県予選会で25秒74を出し、全国大会の出場権を獲得したのです。

 

 

30秒の壁を簡単に超えていった

水泳 タイム

 

水泳の50メートル自由形において、たった2年で12秒もタイムが伸びるのは、正直異常です。全国中学に出場する選手は、そのほとんどが小学生の頃から水泳を習い、選手としてバリバリ練習してきた人です。

 

それにもかかわらず、なぜ小学生の時には無名だった僕が「30秒の壁」を簡単に超え、タイムを飛躍的に伸ばし、中学3年生では全国大会の切符を掴めたのか。

 

その理由は大きく二つ、「努力」、そして「環境」にあります。

 

 

水泳に恋をした

自由形

 

中学生になってから始めた水泳、いや競泳にどっぷりとハマってしまった僕は、もうとにかく練習しまくります。

 

部活やスクールの練習はもちろん、休みの日も市営プールに足を運んでは自主練。練習内容は全てノートに記録し、先生と一緒に分析。練習後はチューブを2,000回、腹筋・背筋をそれぞれ500回。中学生の時から、トレーニング後にはプロテインも飲んでいましたね。

 

また、風呂上りにはストレッチを30分~1時間かけて入念に行い、夜は部屋に籠ってスイミングマガジンを読み込む。録画した日本選手権の映像を再生しては一時停止を繰り返し、気になった点をノートにまとめる。

 

負けることが大嫌いだった僕は、凄まじい努力をしました。もう、こんなブログなんかには書き切れません。中学生の僕はとにかく凄かった。所属していた水泳部の中では、一番に努力している自負がありました。練習の鬼でしたね

(関連記事:速く泳ぐ方法 中学生で50m自由形のタイム25秒を出した経験者が語る

 

 

周りの環境が自分を奮い立たせてくれた

自由形

 

ただ、中学一年生の時に50m自由形37だった僕が、たった2年間でタイムを12秒も伸ばすことができたのには、もう一つ大きな理由があります。

 

それが、環境です。

 

いきなりですが、僕のおじさんはオリンピック選手でした(マジです)。1976年モントリオール五輪の100mバタフライで決勝に進出し、最終的には7位でした。いわゆる、オリンピック・ファイナリストですね。

 

父親も現役の頃は日本代表、また指導者としても某有名大学の水泳部でコーチを長年務めていました。ちなみに、おじいちゃんは元国体選手らしい。

 

これだけ聞くと「いや、遺伝だろw」と言われるかもしれません。遺伝も少しくらいあるかもしれませんが、それよりも大きいのが、努力できる「環境」に自分の身を置くことができていた、ということです。

 

中学生の時も高校生の時も、父親は水泳のトレーニング内容を考えてくれたり、試合を見に来てはレース運びにアドバイスをくれたりと、いつも叱咤激励してくれました。水泳ド素人の母親も影響を受けて栄養学を徹底的に勉強したらしく、食事メニューや摂取するべきサプリメントを管理してくれていました。

 

僕が水泳のタイムをグングン伸ばせたのは、自分が置かれていた環境がよかったからなのです。

 

 

努力を継続するために環境を整えよう

自由形

 

中学生時代の水泳伝記を綴っているだけでは面白くないので、この「努力と環境」について、最後にそれっぽいことを語らせてください。

 

 

努力を継続するためには、自分の身を置く環境が大切。そのために、環境を整えよう。

 

 

特に個人競技である水泳では、このことが強く言えることでしょう。

 

僕が中学生の時に頑張って水泳を続けられたのは、それを可能とする周りの環境があったからです。専門的にアドバイスしてくれる父親の存在。朝練の時も早くに起きてご飯を準備してくれる母親の存在。

 

そして、「一緒に全国中学に出よう」と夢を見続けた、水泳部の仲間たち。

 

身を置く環境がよかったから、努力を続けることができた。この環境が無かったら、僕は全国大会になんて出場できていなかったでしょう。もしかしたら、水泳に対する熱は、途中で冷めてしまっていたかもしれない。

 

なぜなら、人間は「死ぬほどの努力」を、自分自身の気持ちだけで継続することはできないからです。

 

 

速くなるための環境は自ら創ることができる

水泳 タイム

 

「どうすればもっとタイムを伸ばすことができるだろう。どうすればもっと水泳が速くなるのだろう。」

 

そう悩んでいる人がいたら、努力を継続するために、自ら環境を創ってみてください。環境というものは、自らの行動と投資によって創ることが可能です。

 

水泳は、正しい努力を続けていれば、必ずタイムを伸ばすことができるスポーツです。そして、その正しい努力を続けるために、ちゃんとした環境を整えましょう。

 

応援しています。諦めずに、頑張って下さい。

 

 

【追記】水泳のタイムを伸ばすために欠かせない”二つの要素”を満たす泳ぎ方「二軸泳法」とは?

少し精神寄り(笑)の話が多かったので、最後に水泳の技術的な話題を紹介します。

 

 

「クロールや平泳ぎ、バタフライでは、S字を描くようにして手をかく」「クロールや背泳ぎは身体をローリングしながら泳ぐ」

 

こういった情報、まだ信じている水泳関係者の人はいますか?正直、僕が水泳をやっていた時は、このような指導をするコーチもいました。

 

ですが、2018年現在、「S字プル」「ローリング」といった泳ぎ方は、すべて過去の常識になってしまったようです。最新の研究では、非効率的な泳ぎ方とすら言われています。

 

 

水泳のタイムを伸ばすために必要な二つの要素は、

 

  1. 水の抵抗を減らす 
  2. 自分の力を推進力に変える

 

速く泳ぐためには、とにかくこの二つが必要になります。僕も水泳をやっていた中学生の時、この二つを意識しながら練習していました。

 

年齢や水泳のレベルに関係なく、二軸泳法ならこれらを満たすことが可能だと言われています。これまで正しいと信じ込まれていた一軸泳法ではありません。

 

二軸泳法という泳ぎ方は、小関也朱篤選手五十嵐千尋選手をはじめ、数々のオリンピックスイマーを育成してきた藤森善弘先生(JOCオリンピック強化指定コーチ/日本体育大学スポーツ局競泳部ヘッドコーチ)が提唱しています。

 

ちょっといいレース水着を買うくらいなら、こういった教材を使い、自分の泳ぎを研究した方が自己投資になるはずです。公式ページだけでも参考になる内容がたくさん載っているので、ぜひチェックしてみてください。

水泳ベストタイム更新プログラム ~2軸泳法で4泳法に革命を起こす~【日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘 監修】