原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から仕事論、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

保守もリベラルも、自衛隊撤退後には南スーダン紛争を忘れてしまったのか

お待たせしました!書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』の販売が再開されました。僕のアフリカでの「原体験」をまとめた一冊、ぜひご覧ください!一冊700円です。購入はこちらから。第一章までをこちらのページで全文公開中!

スポンサーリンク


ウガンダ北部のパギリニヤ難民居住区。今年で4年目の南スーダン紛争によって故郷を追われた難民約3万人が、ここでの生活を送っている。急激に深刻化していく難民危機に対して各機関の支援は追いついておらず、多くの人たちが厳しい生活を強いられている。

 

72歳のスーザンさん(仮名)は、首都ジュバでの戦闘をきっかけに紛争が再燃した昨年7月頃にウガンダへと逃れてきた。不正出血が続いており、これまでに3回病院にかかったが大きな進展は無し。面倒を見ている息子は「これ以上は病院に行くお金が無い」と語っていた。

f:id:KantaHara:20170818045331j:plain

 

難民居住区内に建設された、蒸し暑い簡易住居の中。家の外では、まだ幼い彼女の孫4人が遊んでいた。上半身を裸にして、一人寂しそうにベッドに座っている彼女。「何も支援をしなければ、すぐにでも死んでしまう」。居住区で働くスタッフの言葉に従って、現地で活動するNGOを通じて生理用品と石鹸を渡すことになった。

 

72歳という年齢で故郷を追われ、異国の地で時間を過ごす彼女は、一体何を思っているのだろうか。その丸まった背中を見ながら、僕は考えてしまった。

 

UNHCRは17日、ウガンダに逃れた南スーダン難民の数は全部で100万人を超えたと発表した。当初予測されていたスピードよりも速いペースで難民が流出し続けている。

 

自衛隊が派遣されていた頃は、保守もリベラルも南スーダンのことを度々取り上げていたが、撤退した後はこの国の紛争や難民について、日本ではほとんど話題にも上がらない。自衛隊がいなくなった今、南スーダンの紛争は「どこか遠くの世界の出来事」に過ぎなくなってしまったのだろうか。

f:id:KantaHara:20170818172939j:plain

 

事実として、日本はこの国の紛争に無関係ではない。南スーダン紛争は石油を巡る先進国の利害に翻弄されて紛争が起きているという側面があるからだ。独立前の「スーダン」だった時代からずっと、この国では「石油」という資源をめぐって争いが続いており、日本はこの石油をスーダンから輸入し消費して、僕たちは「豊かな生活」を享受してきたのだ。

 

居住区で南スーダン難民の子どもたちが笑っている姿を見ると、肌の色が全く違う日本人にも手を振り返してくれる姿を見ると、「彼らの力になりたい」と心から思う。たとえ彼らの記憶には、僕という人間がほんの一瞬しか残らなくても。

f:id:KantaHara:20170818173227j:plain

 

平和な世界を創るために、日本人の僕だからこそできること。急速に深刻化していく難民危機の前に、現地で考え続けたい。