原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

【これだけは知ってほしい】アフリカから紛争が無くならない2つの理由

「脱走を試みましたが捕まり、鞭で200回叩かれました」。元少女兵との出会い。アフリカでの原体験を書いた処女作『世界を無視しない大人になるために』Kindle Unlimitedに登録すると30日間のお試し期間に無料で読めます。第一章までをこちらのページで全文公開中です!
紙版の購入は→こちら

 

スポンサーリンク


 

アフリカの紛争や難民問題をSNSやブログで書いて、一番悲しくなるリアクションは

 

「アフリカには多様な民族が暮らしているから仲良くできないのは仕方の無いことだ」

「アフリカは開発が遅れていてまだまだ"野蛮"な人が多く、彼らには国家を統治する能力がない」

 

といったもの。彼らは、アフリカで起きる紛争の原因をアフリカの中だけに求めようとしているが、これは大きな間違い。

 

 

なぜいつになってもアフリカでは紛争が終わらないのか、現場で支援活動に携わっている人間としてその本質をちゃんと伝えたい。そうでないと、紛争で傷ついている現地の人たちに対して、向ける顔が無い。だから、僕は何度だって声を上げよう。

 

 

少なくともアフリカに蔓延する紛争に関心を持っている人、何か行動を起こしたい人は、その本質を見誤らないようにするためにも、絶対に忘れてはいけない2つのことがある。

f:id:KantaHara:20171120155243j:plain

 

 

 

 

紛争が終わらない背景には、必ず原因が存在する。

問題の背景には、必ず原因が存在する。あたりまえのことだ。それは、アフリカの紛争だって例外ではない。

 

アフリカで紛争が続く原因の一つ目として、絶対に忘れてはいけないのが、数百年にわたる欧米先進諸国とアフリカの間にある歴史的な背景や経緯だ。

 

 

(言葉は悪いかもしれないが)ヨーロッパをはじめとした先進国の援助機関には、「アフリカにはいつも問題が山積みだから、私たちがその問題を解決してあげよう」といった高慢なスタンスで活動する団体も、残念だが少なからず存在する。しかし、そもそも原因を作り出したのは、彼ら欧米先進国(特にヨーロッパ諸国)なのだ。

 

アフリカで紛争が続く原因を、まずは"縦"に捉えてみてほしい。

 

 

奴隷貿易の始まり-1500万人の強制拉致

f:id:KantaHara:20171120144934j:plain

photo by Paul Townsend

 

15世紀末に初めてポルトガルがアフリカ大陸にやってきてから、400年もの間「奴隷貿易」が続いた。これによって、推定1500万人以上もの人々が強制的に拉致される。そして、現地では野生動物のように扱われたり、アメリカ大陸や西インド諸島では欧米人たちが築き上げたプランテーションで強制労働をさせられたりした。そこには、「人権」という概念など全く存在しなかった。

 

この「奴隷貿易」によってアフリカの発展が著しく妨げられたのはもちろん、その後の対立、ひいては紛争に繋がっていく火種が巻き散らかされたのだ。ヨーロッパ人たちは、自分たちにとって都合の良い「従順な」民族には武器を渡し、奴隷狩りをさせた。

 

彼らは、自分たちの手を汚すことなく、アフリカ人にアフリカ人を集めさせ、お互いに争わせることによって、「漁夫の利」の如く利益を確保したのだ。

 

 

この「奴隷貿易」は、19世紀前半にヨーロッパ諸国が廃止を決定してから既に200年近く経つため、過去の歴史としか認識されていないかもしれない。しかし、その後に訪れる植民地時代、そして現代にまで続くアフリカ内部の「分断」を考える上で、非常に重要な歴史的出来事であったことは言うまでもない。

 

 

植民地時代にヨーロッパがアフリカに持ち込んだ「分断」

f:id:KantaHara:20171120145241j:plain

photo by State Library of Queensland

 

19世紀中頃から進められた「アフリカ探検」によって、アフリカ大陸に眠る豊富な資源への注目が集まると、資本主義が勃興していたヨーロッパ諸国は資源の供給地や新たな市場としてのアフリカに目を向ける。そして、1900年頃までには、エチオピアとリベリアを除き、アフリカ全土が列強諸国によって分割されてしまった。

 

 

この植民地時代に広く導入されたのが、「分断統治」と呼ばれるものだ。いくつか例を挙げよう。

 

 

植民地時代、宗主国イギリスは、植民地ウガンダの南部を優遇する一方で、北部の人々を冷遇した。それにより、北部住民の不満はイギリスのみならず、ウガンダ南部にも向くようになる。

また、その隣国ルワンダでも同じように、宗主国であるベルギーは少数派のツチ人を優遇し、多数派のフツ人を虐げることによって、国民の約85%を占めるフツ人の不満がツチ人に向くよう仕向けた。

 

 

つまり、ヨーロッパ諸国は支配したアフリカの国を一国の中で分断し、人々を対立させたことで、植民地支配を円滑に進めていったのだ。

 

 

植民地時代に導入された分断統治は、アフリカの国々が独立した後に、民族紛争が起きる根本的な原因となった。イギリスから独立した後のウガンダでは、当時被支配者層に置かれていた北部から誕生した反政府組織「神の抵抗軍」と、南部を中心とする政府軍との間で紛争が勃発。3万人以上もの子どもが誘拐され、兵士にさせられてきた。

 

また、ルワンダでは1994年、多数派のフツ人によって少数派ツチ人約80万人がたった100日間で殺害されるジェノサイド(集団抹殺)が起きている*。

f:id:KantaHara:20171120151800j:plain

ルワンダの虐殺記念館で撮影

 

*ルワンダ・ジェノサイド…最近の研究では、虐殺による死亡者はツチよりもフツの方が多かったという指摘も出ている。

(関連記事:【ルポ】ウガンダで出会った元少女兵-アフリカの子ども兵(少年兵)問題のリアル"Never Again" Again. フツ、ツチの争い ルワンダ虐殺の「真実」に迫る

 

 

現在に至ってもアフリカで紛争が終わらない大きな原因として、数百年にわたる欧米先進諸国とアフリカの間にある「歴史」的な背景や経緯に注目し、

 

●奴隷貿易

●植民地時代

 

の二つを取り上げた。

 

 

「人類発祥の地」であるこの大陸では、人々は自然と調和し、平和に生活を送っていた。そのことは、ボロボロの服を着ていながらも、笑顔で駆け回っている今日のアフリカの子どもを見れば想像できるだろう。

 

奴隷貿易時代、そして植民地主義時代にヨーロッパ人たちが侵入してきたことによって、彼らの「平和」は破壊されてしまったのだ。

f:id:KantaHara:20170216184349j:plain

世界で最も貧しい国ブルンジの子ども

 

 

先進国とアフリカとの間にある経済・政治的な構造、仕組み

そしてもう一つ、アフリカで起こる紛争の原因を考える時に忘れてはいけないことがある。それは、アフリカで起きている紛争の多くは、先進国側の政治・経済の構造、仕組みの下で起きているということだ。

 

 

資源をめぐる紛争

f:id:KantaHara:20171120145513j:plain

 

例えば、南スーダンでは独立前のスーダンの時代から石油権益を巡り争いが続いている。

 

アメリカは、莫大な石油が眠っているとされる南部スーダン(現在の南スーダン)に当初から目を付け、1970年代からスーダンに介入していた。しかし、冷戦時代の影響を受けて北部のスーダン政府が反米政権になると、スーダン南部の反政府勢力に武器や資金を支援した。

 

さらには、2001年以降になるとスーダン南・北の「和平」を積極的に支援、最終的には南北の国境線や石油の利益配分なども未確定のまま、南スーダンの独立を後押しした。つまり、自分たちにとって都合のいい南部スーダンのみを引きちぎったのだ。

 

 

また、隣国のコンゴ民主共和国東部で起きている紛争も、先進国に暮らす私たちの生活と無関係ではない。この紛争の大きな要因になっているのが、現代の生活に欠かせない存在となったスマートフォンを始めとする電子機器だ

 

これら電子機器には大量のレアメタル(希少金属)が使用されているが、例えば、電子回路のコンデンサに使われているタンタルという鉱石の推定埋蔵量の6割以上はコンゴに眠っていると考えられており、またコルタンの埋蔵量の6割から8割もコンゴに存在すると言われている。

 

最近になって広く知られてきたが、このレアメタルはコンゴで暗躍する武装勢力の資金源となっており、紛争の規模を広げ、そして長引かせている大きな原因となっている。

(関連記事:4歳の少女をレイプ、女性にとって最悪の場所-アフリカ最大の紛争コンゴの性暴力を考える

 

 

武器産業による莫大な利益

f:id:KantaHara:20171120154351j:plain

 

紛争による「被害者」として最悪なケースの一つである子ども兵も、先進国の経済・政治的な構造によって産み出されている。

 

歴史的に見ると、子ども兵という存在は決して古いものではない。古くは中世から、騎士になることを望む子どもが従士になり、上官の身の回りの世話や荷物運びといった雑務に従事していた。しかし近年、特に第二次世界大戦後は子どもが武器を持って、最前線の戦闘に従事することが急増した。その決定的な要因として、カラシニコフ(AK-47)をはじめとする小型武器の登場と流通があげられる。

 

紛争という火に油を注ぎ続ける武器産業。小型武器を含む通常兵器の約9割が、アメリカ・イギリス・フランス・中国・ロシアの5大国によって生産されている。

 

 

なぜ武器の生産が減らないのか。それは、武器生産や売買によって儲けている企業が世界中に存在し、それを仕事にしている人たちがたくさんいるからだ。さらには、一部の政治家の活動資金が武器生産関連の企業からの出資によって支えられているケースもある。そのため、彼ら政治家たちも武器産業に対する規制が下手にかけられないというジレンマが存在するのだ。

 

 

そして、生産された武器の多くは、アフリカをはじめとした途上国に流れ込み、まさに火に油を注ぐかのように、紛争を拡大させている。

 

 

アプリで起きる紛争の本質を知るために、この2冊を読んでほしい。

「アフリカの紛争に関心があります!」と言われたら、僕はまず『ぼくらのアフリカに戦争がなくならないのはなぜ?』をオススメしている。

f:id:KantaHara:20170822055430j:plain

 

アフリカで紛争が無くならない原因は決してアフリカの中だけにあるのではなく、歴史的背景や先進国の利害と深い関わりがあることを、著者である小川真吾さんの現場経験などを踏まえながら、丁寧な筆致で解き明かしていく。きっと、多くの人にとって「目から鱗」であると共に、読了後にはアフリカの紛争をどこか遠くの世界の出来事で終わらすことができず、自分自身に課せられた責任や使命に気づかされるだろう。

 

何よりも、ウガンダ北部がまだ内戦中だった頃から現場に入り、元子ども兵士社会復帰プロジェクトをゼロから立ち上げた彼の言葉は、ひとつ一つの重みが他とは全く違う。私もかれこれ4回は読んだが、読めば読むほど深い納得感/満足感が得られる驚異の一冊。

 

 

 

そして、もう一つは拙著『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』

f:id:KantaHara:20171120150526p:plain

 

「脱走を試みましたが、捕まり鞭で200回叩かれました」。そう語る元少女兵アイ―シャさんとの出会いが、僕がアフリカで活動することに繋がる大きなきっかけとなった。

 

『世界を無視しない大人になるために』では、僕がアフリカでの活動を始めるまでの経緯やそこでの葛藤だけではなく、なぜアフリカで紛争が終わらないのか、そして本当に求められている支援とは一体何なのか、渾身の力を込めて書き切った。

 

第一章までをこちらのページで無料公開している。ぜひ読んでみてほしい。

 

---

 

AmazonプライムAmazon Student(無料体験を含む)のいずれかに登録しておくと、毎月対象のKindle本一冊を無料で読める上に、すべての書籍でAmazonポイント+10%が還元されます。お勧めです。

 

『世界を無視しない大人になるために』はKindle Unlimitedに登録すると30日間のお試し期間に無料で読めます。

 

▼紙版の購入は以下から