原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

海外旅行にクレジットカード何枚持っていく?最低2枚持っていくべき3つの理由

スポンサーリンク

「海外旅行にクレジットカードは何枚持っていくべき?」

「クレジットカードのブランドは2枚ともVISAで大丈夫?」

「JCBのクレカは海外で使えないって本当?」

 

そんな疑問に、先進国はアメリカから途上国はウガンダまで海外旅行の経験がある原貫太(@kantahara)がお答えします。

 

 

海外旅行にクレジットカード何枚持っていく?

海外旅行 クレジットカード 何枚持っていく

結論から言うと、海外旅行には複数枚クレジットカードを持っていくようにしましょう。僕は海外旅行に行くときは、VISAブランドのクレカ2枚を持参しています。ちなみに、3枚目も検討中です。

 

海外旅行には、最低でも2枚のクレジットカードを持っていくようにしましょう。

 

 

「クレジットカードを海外に何枚も持っていくのって、リスクあるのでは?」と心配になる人もいるかもしれませんが、海外旅行を何度も経験した立場から言うと、逆に1枚だけしか持って行かない方が、ずっとハイリスクだと思います。

 

 

海外旅行にクレジットカードを何枚か持っていくべき理由

海外旅行 クレジットカード 何枚持っていく


なぜ海外旅行に行くときは、何枚かクレジットカードを持っていくべきなのか。

 

理由は大きく3つあります。

 

 

盗難に遭うかもしれないから

海外旅行 クレジットカード 何枚持っていく


海外旅行にクレジットカードを何枚か持っていくべき理由、一つ目は「盗難に遭うかもしれないから」です。

 

海外旅行中は、盗難のリスクがつきものです。よくあるのが、レストランで食事中、足元に置いていたカバンが気づかぬ間に盗まれていたケース。いわゆる、置き引きですね。クレカを入れた財布だけ抜き取られるかもしれません。

 

先日、日本人観光客がフィリピンのレストランで置き引きに遭った動画をFacebookで見ましたが、もう本当に、全く気づかぬ間に盗まれています。

 

ヨーロッパやアメリカなど、治安の安定している地域であっても盗難のリスクはあります。観光客をターゲットにした窃盗集団が潜んでいるかもしれません。

 

もちろん盗難に遭わないようにすることは大切ですが、海外旅行では、万が一のケースも考慮して出発前に準備しておくことも大切。だから、クレジットカードは何枚か持っていくべきなのです。

 

 

ATMにクレジットカードが吸い込まれるかもしれないから

海外旅行 クレジットカード 何枚持っていく


海外旅行にクレジットカードを何枚か持っていくべき理由、二つ目は「ATMにクレジットカードが吸い込まれるかもしれないから」です。

 

一瞬、「は?」と思った人がいるかもしれませんが、僕の知り合いは実際にやられています。まぁ、アフリカ旅行中の話ですけど。

 

アフリカ以外にも、東南アジアや南アメリカなど、特に「発展途上国」と呼ばれる地域を旅行する人は注意が必要です。ATMが故障しており、キャッシングのため挿入したクレジットカードが吸い込まれて、そのまま出てこなくなった…という話を聞きます。休日なら、ATMのサポートセンターに電話しても、すぐには対応してくれません。

 

中長期(一か月以上)で海外旅行をする人は、ATMでクレジットカードを利用する機会も増えるでしょう。ATMにクレジットカードが吸い込まれてしまう可能性も考慮し、クレジットカードは何枚か持っていくべきなのです。

 

 

突然クレカが使えなくなった時、マジで焦ったから

海外旅行 クレジットカード 何枚持っていく


海外旅行にクレジットカードを何枚か持っていくべき理由、三つ目は「突然クレカが使えなくなった時、マジで焦ったから」です。

 

これは、僕の体験談です。今年3月、フィリピンの首都マニラから観光地セブに飛行機で移動する時の話。

 

スーツケースを預けるための費用約30ドルをクレジットカードで支払おうとしたのですが、"This card is not available."(このクレジットカードは利用できません)と言われたんですね。

 

「そんなことは無いはずだ」と答え、もう一度チェックしてもらったのですが、やっぱり利用不可。結局、クレジットカードではなく、現金で支払うことになりました。

 

その時はたまたま予備のクレジットカードが手元に無かったため(たしかこの旅行の時だけ日本に忘れた…)現金で支払わざるを得なかったのですが、ギリギリの金額しか持ち合わせがなかったため、「これじゃあセブ島に着いてから何も買えないじゃん…タクシー乗れなくね…」と、マジで焦りました。

 

クレジットカードが機能しなかった理由は、未だによくわかりません。向こうのカードリーダーの調子が悪かったか、それとも僕が月の限度額いっぱい利用していたか…。

 

いずれにせよ、海外旅行中、言葉も満足に通じない環境で金銭的トラブルが発生すると、焦ります。メインのクレジットカードが突然機能しなくなると、焦ります。

 

そのためにも、海外旅行にはクレジットカードを何枚か持っていくべきなのです。

 

 

海外旅行保険付きクレジットカードを2枚持っていくべき

海外旅行 クレジットカード 何枚持っていく


これから海外旅行用に新しくクレジットカードを作る人は、海外旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードを選びましょう。

 

僕は三井住友VISAクラシックカード EPOSカードの2枚を使っています。どちらのクレジットカードもVISAブランド。 この2枚のクレジットカードは、海外旅行傷害保険*が付帯されます。

 

*三井住友VISAクラシックカードのみ、事前に旅行関連費用を当該クレジットカードで支払っておくことが必要。航空券やホテル代金を三井住友クレジットカードで支払えばOK。

 

海外旅行の際は、盗難や紛失、事故などのリスク管理のため、ほとんどの旅行者が海外旅行傷害保険に加入します。渡航先の国やプランにもよりますが、一週間の海外旅行なら保険代は5,000~10,000円が相場です。

 

一方で、海外旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードを持っていれば、別途保険に加入する必要が無くなるため、その分旅費を節約することが可能になるのです。

 

もちろん、「念には念を」という人は、クレジットカードに付帯される海外旅行保険に加えて、一般の旅行保険にも加入しますが、僕が今年3月にフィリピンを旅行したときは、クレカ付帯の海外旅行保険だけで済ませました。

 

僕が使っている三井住友VISAクラシックカード EPOSカードの2枚なら、どちらも手厚い保険内容が適用されます。僕の周りの海外旅行者にも使っている人が多いですね。

 

三井住友VISAクラシックカード

  • 海外旅行に定番のクレジットカード。最高2000万円まで補償
  • 初年度は年会費無料(2年目以降は1,250円)
  • 旅行関連の代金をクレジット決済すれば保険が適用される
  • 学生に関しては年会費無料

 

EPOSカード

  • ゴールドカード並みの補償内容
  • 年会費がずっと無料
  • 持っているだけでゴールドカード並みの保険が適用
  • 海外旅行を頻繁にする人は必携の一枚

 

特に、年会費がずっと無料な上に、持っているだけでゴールドカード並みの海外旅行保険が適用されるEPOSカードはおすすめです。一枚持っておけば損はありません。海外旅行用に二枚目のクレジットカードを検討している人には、EPOSカードをおすすめします。

 

\エポスカードのお申し込みはこちら/

 

 

クレカのブランドは「VISAとVISA」or「VISAとマスターカード」がおすすめ

海外旅行 クレジットカード 何枚持っていく

 

もし、まだ海外旅行用に持っていくクレジットカードが一枚しかない人がいたら、早めに2枚目を作りましょう。僕が使っている三井住友VISAクラシックカード EPOSカードがおすすめです。

 

クレカのブランドですが、僕は2枚ともVISAです。VISAは世界シェアNo.1のブランドですが、これまでの海外旅行で「VISAは使えない」と言われたことは一度もありません。アフリカでも、VISAなら問題なく使えました。

 

ただ、ヨーロッパを旅行した友人が「VISAは使えないけど、マスターカードなら使えるというお店が一つだけあったような…」と話していました。特に、ヨーロッパ圏では、マスターカードしか使えないお店も時々あるらしいです。そのため、ヨーロッパ旅行者なら、「VISA+マスターカード」という組み合わせもありかもしれません。

 

ただ、「VISAは使えないけど、マスターカードなら使える」というケースは稀だと思います。ので、VISAとVISAの組み合わせでも、海外旅行用のクレジットカードとしてはまず問題ないでしょう。

 

なお、日本初ブランドであるJCBは、日本人観光客が多い国や地域(例:ハワイ・グアム)では使える店舗が多いものの、それ以外の地域では通用度は低いです。アフリカはもちろん、VISAとMasterCardがシェア率の高いヨーロッパでは、JCBというブランドすら聞いたことが無い人も多いでしょう。

 

そのため、JCBブランドしか手持ちのクレジットカードが無い人は、海外旅行用にVISAのクレジットカードを一枚持っておきましょう。

 

\海外旅行用クレジットカードならエポスカード/

 

 

海外旅行にクレジットカードを何枚か持っていくなら管理も慎重にしよう

海外旅行 クレジットカード 何枚持っていく

 

海外旅行では、クレジットカード盗難のリスクがあると話しました。クレジットカードを何枚か持っていくなら、管理も慎重にしましょう。

 

あたりまえですが、複数のクレジットカードを一つのカバンの中、もしくは財布の中に入れておくのはリスクが高いです。そのカバンが置き引きに遭ったり、その財布が恐喝に遭ったりしたら、全部のクレジットカードを一気に失いますからね。最悪です。

 

海外にクレジットカードを何枚か持っていくときは、メインで使っているクレカ1枚は財布の中に、それ以外は予備としてスーツケースや貴重品バッグの中に保管しましょう。

 

また、飛行機に乗る際は、預けたスーツケースがロストバゲージに遭う可能性も考慮して、クレジットカードはスーツケースと手荷物それぞれに入れておくことをおすすめします。

 

僕は海外旅行中、予備のクレジットカードはスーツケースにしまい、鍵をかけてホテルの部屋に置いています。

 

 

海外にクレジットカード一枚で行った友人の体験談

海外旅行 クレジットカード 何枚持っていく


さいごに、海外はスペインに中長期(一か月半)クレジットカード一枚で行ったら、旅行中泣きそうになったという友人(当時20歳・女子大生)の体験談を紹介します(許可貰っています!)

 

しかも、彼女が持っていたクレジットカードには、キャッシング機能が無かったそうです。ヤバい。

 

当時はクレジットカード自体使うことに慣れていなかったうえに、クレジットカードに関する知識すらほとんどありませんでした。そのため、『少し多めの現金+クレジットカード一枚を持っていけば大丈夫だろう』と楽観視していました。

 

しかし、事態は恐ろしいことに。現地での生活は、想像以上の費用がかかり、手持ちの現金が底をつきかけたのです。加えて、滞在先がド田舎のためクレジットカード加盟店が少なく(もしくはカードリーダーが壊れている)、支払いのほとんどを現金に頼らざる得ない生活でした。

 

慌てて都市部に移動し、ATMに駆け込むも、手持ちのクレジットカードにキャッシング機能が付いていないことが発覚。また、銀行に助けを求めるも、営業は週4日の9時~14時だけ。しかも、日本円を両替できる銀行はほとんどありませんでした。

 

手元にあるのは、わずか9セント(およそ10円)と意味をなさない千円札数枚…。これ以上の滞在は危険と判断し、帰国することになりました。

 

その後も、海外旅行は年2回ほどしていますが、スペインでの反省も活かし、今はクレジットカードを二枚持ちしています。私も、原さんと同じ三井住友VISAクラシックカード EPOSカードを使っています。

 

海外旅行の際は、クレジットカードは本当に大事です。現地で利用可能なカードを調べた上で、何枚か持っていってください。

 

スペインでの悪夢は今も忘れられません…。

 

 

さいごに

ということで、海外旅行の際はクレジットカードを何枚か持っていくようにしましょう。最低でも2枚必要です。

 

また、複数枚のクレジットカードを一つのカバンで管理するのはリスクがあります。盗難に遭ったり、ロストバゲージする可能性もありますからね。クレジットカードは分散して管理しましょう。

 

海外旅行用に2枚目のクレジットカードを作りたい人には、EPOSカードがおすすめです。年会費がずっと無料ですし、持っているだけでゴールドカード並みの海外旅行傷害保険が付帯されます。

 

\エポスカードのお申し込みはこちら/