原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から仕事論、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

最近のマイブームと僕なりの気分転換方法

【お知らせ】

書籍『世界を無視しない大人になるために』紙版の販売再開は9月下旬を予定しております。こちらのフォームから購入予約をして下さった方には、販売再開後にメールにてご連絡差し上げるとともに、購入時に使用できる50円引きクーポン券をお送りさせて頂きます。第一章までをこちらのページで全文公開中!

スポンサーリンク


30分くらいのつもりが、丸々1時間も経っていました。

 

f:id:KantaHara:20170619185752j:plain

 

地元の海です。最近のマイブームはアイス(もしくはその他のお菓子。主には甘い物)を買って自転車で地元の海岸に足を運び、太平洋に向かって風を浴びながらアイスを食べること。まぁすぐに溶けてしまうのですが。

 

その後は海辺で読書をしたり、考え事をしたり、昼寝をしたり。忙しい生活の中でも、この時はゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。江の島や鎌倉と違い、地元の人しか来ないような場所なので人通りも少なく、静かに自分と向き合うことが出来る。黄昏たい時は、何となくサザンオールスターズを聴いています。TSUNAMIとか真夏の果実とか。笑

 

最近、意識的に色んな速度の時間を過ごすように努めています。

 

例えば。

 

午前中は溜まっているメールの返信やタスクをこなしていると、あっという間に時間が過ぎる。これは「速」。

 

昼時はニュースをチェックしながら、時にはYoutubeを観ながら昼食を取る。これは「中」。

 

昼過ぎからは食後のコーヒーを取りながら再び仕事をしたり、記事を書いたり、卒論書いたり。これもまた「速」。

 

疲れたら、今日みたいにアイスを買って海岸に行き、昼寝をしたりボーっとしたり。これが「遅」。

 

こうやって、意識的に自分が過ごす時間の速度に緩急を付けています。これ、一見当たり前のことではあるのだけれど、「何となく」ではなく、「意識的に」色んな速度の時間を過ごすようにすると、やはり人間という生き物は「時間」の下に生きているからか、気分転換に繋がる。(あんまりに意識すると逆に疲れてしまうので良くない)

 

一人でではなくても、仕事仲間と過ごす時間、家族と過ごす時間、友人と過ごす時間、恋人と過ごす時間・・・など、一緒に過ごす人によっても、その時間が過ぎる「速度」は変わってくる。

 

忙しい毎日だからこそ、時間にコントロールされるのではなく、時間をコントロールできるようになりたい。

 

ちなみに僕は、暇な30分(60分)はタイムチケットというサービスで売っていますので、気になる方は以下から「原貫太」で検索してみて下さいな!