原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

反対意見や炎上を恐れずにあなたがネットで発信し続けるべき3つの理由

「脱走を試みましたが捕まり、鞭で200回叩かれました」。元少女兵との出会い。アフリカでの原体験を書いた処女作『世界を無視しない大人になるために』Kindle Unlimitedに登録すると30日間のお試し期間に無料で読めます。第一章までをこちらのページで全文公開中です!
紙版の購入は→こちら

 

スポンサーリンク


Twitterのフォロワーが3000人を超えた辺りから攻撃的なリプライが定期的に飛んでくるようになった原貫太(@kantahara)です。感覚値として、100RTを超えたくらいから強めの反対意見が飛んできますね。相手にする気にすらなれない「クソリプ」もたまに飛んできます。

 

 

「ネットでもっと発信したいしその意義も頭では理解しているけれど、反対意見や炎上が怖くて…」と悩めるそこのあなた。クソリプだって怖くありません。

 

今回は、毒の効いたブログ記事で有名なイケダハヤトさんの名著『武器としての書く技術』を参考にしながら、反対意見や「炎上」を恐れずにあなたがネットで発信し続けるべき3つの理由をお伝えします。

 

 

反対意見や炎上を恐れずにあなたがネットで発信し続けるべき3つの理由

f:id:KantaHara:20171110164341j:plain

 

 

①あなたが「言いにくい」ことは誰かが「言ってほしい」こと

ネット-発信

 

ただ本心を書けばいいのです。本音や本心には、多かれ少なかれ「毒」が含まれています。その毒をあなたの文章に混ぜてあげればいいのです。(中略)「これは本心なんだけど、ちょっと言いにくいな……」と思えるようなことは、実は多くの人が「誰かに言ってほしい」と願っていることでもあります。『武器としての書く技術』より引用)

 

先日書いた記事「日本ってなぜこんなにもくだらないテレビ番組が多いの?」には、大きな反響がありました。Facebookのシェア・いいね数だけでも620。月間1500万人以上が利用しているハフポスト日本版にも転載したので、かなりの人に読まれたことでしょう。

 

「日本のテレビ番組ってくだらない」なんて強気な言葉を使ったら、例えばテレビ好きの人やテレビ局に勤めている人からしたらムッとされる可能性もあります。だから、反対意見が飛んでくるのが怖くて、なかなか表立った発信ができない。

 

 

でも、この記事がこれだけたくさんの人に拡散されたということは、「日本のテレビ番組はくだらない」と感じている人がそれだけいるということです。みんな、本心では「くだらない」と思っているけど、反対意見や炎上するのが怖くて発信できない、もしくは自分の本心を上手く言語化することができないだけなのです。

 

 

以下はTwitterで「日本のテレビ番組ってくだらない」記事をシェアしていた人のほんの一部です。

 

 

 

イケダハヤトさんは『武器としての書く技術』の中で、以下のように続けています。

 

あなたが「言いにくい」と感じることは「毒」の部分です。そして、その毒はしばしば多くの人が代弁してほしいことでもあります。(中略)

「言いにくいこと」を発言する以上、攻撃を受けることは確実です。しかし、その発言は、現状を変えるための議論を巻き起こすきっかけになり、多くの人から感謝され、読者の心を癒やす可能性も秘めています。『武器としての書く技術』より引用)

 

たしかに「言いにくい」ことを言ってしまえば、敵の数は増えるでしょう。でも、敵の数が増えることを恐れて、共感してくれる仲間を増やすことができなければ、いつまで経っても現状を変えることはできません。

 

「言いたいけど言えない」というその誰かに代わって、あなたが社会の現状を変えるために発信しましょう。そして「ヒーロー」になりましょう。

 

 

②あなたが「炎上」したところで大したことはない

ネット-炎上
 

しょっちゅう「炎上」している人間からすると、みんなビビりすぎです。ちょっとくらい本心を吐露して、それが批判されたところで、大したことはありません。(中略)

本音を語って炎上することなんて、大海に石を投げ込むようなものです。こんな小さな波紋、何を気にする必要があるのでしょうか。ガンガン発信していきましょう。『武器としての書く技術』より引用)

 

イケダハヤトさんは「炎上マーケティング」を否定しています。つまり、狙って炎上する記事を書いているわけではない。自分が本心で思っていることを書いた結果として、「炎上」、というか反感が集まっているわけです。

 

でも、少なくとも今この記事を読んでいるあなたが「炎上」を気にする必要は無いでしょう。だって、少なくともこれまで反対意見や「炎上」を恐れて発信してこなかったあなたには、大した発信力はないはずなので。

 

 

僕も政治関連の呟きをした時には、たまに「炎上」(とは思っていませんが)し、たくさんの人に拡散され、攻撃的なリプライが飛んできます。「この人不勉強すぎるだろ…」と呆れ返るようなリプライも飛んできます。

 

 

このツイートのインプレッションは"113,804"でしたが(つまり113,804回見られている)、それでもこのツイートをきっかけにして、ネットの世界で原貫太をウォッチし続けることにした…という人はまぁいないでしょう。それに、僕は実名+顔出しでTwitterをやっていますが、それでも街を歩いていて話しかけてくる人なんて一人もいません。

 

 

以前、ネット作家のはあちゅうさんがこんなことを言っていました。

 

炎上するとまるで罪を犯したかのように言われますけど、実際は、“時代のツボ”を突いたからこその炎上だなあと思います。キングコングの西野さんの炎上なんか見ているとまさに「時代のツボ」という感じがします。「はあちゅう 炎上は時代のツボを突いているから燃える」より引用)

 

いわゆるバカッターがアップするような「犯罪投稿」は違いますが、社会に対しておかしいと本音で思っていることがあって、それを発信したことによる炎上は、「時代のツボ」を突いているから起きるもの。この「炎上」を否定的に捉える必要なんて全く無いし、仮にあなたが「炎上」を起こしたって、99%の人は3日後には忘れていますよ。

 

 

③あなたが相手するほど「クソリプ」に価値はない

クソリプ‐無視

 

これは匿名での登録が簡単にできてしまうTwitterならではの特徴であり、そして問題点でもありますが、Twitterでは顔の見えないアンチからの攻撃が時々飛んできます。

 

 

が、そんな人たちからの「クソリプ」は、相手にするほど価値がありません。なぜなら、クソリプを飛ばしてくるアカウントの95%は、顔写真も本名も出していない"臆病者"たちだからです。

 

 

彼らは殻がないと何も言えないのです。僕は顔も名前も両方を出した上に、どんな仕事をしてるかもすべて曝け出しています。Twitterに対する覚悟が違うんですよね。だから、僕自身はクソリプが来るたびに「あなたとは違うんです」と思ってサラッとスルーします。

 

 

アンチが僕の数百倍はいるであろうイケダハヤトさんも、こんな風に書いています。

 

まずシンプルにいえることは、誹謗中傷は気にする必要はありません。何を言われようが、基本的にスルーしましょう。書き続けることが最優先、無駄に心をすり減らすことはありません。(中略)

くだらない誹謗中傷が発生するということは、あなたは何かを変えているということです。人の心をざわつかせるということは、あなたの存在、あなたの表現が、鑑賞者の世界に影響を与えることに成功している、ということです。『武器としての書く技術』より引用)

 

クソリプが飛んで来たら、

 

「こんな人たちは相手にするほど価値がない」

「暴言吐いているってことは自分の発信で心を動かされちゃったんだな…可愛い奴らだぜ

 

くらいに、ドーンと構えておきましょう。

 

 

まとめ-反感よりも共感を意識しよう

f:id:KantaHara:20171110164950j:plain

 

SNSやブログをはじめとしたソーシャルメディアでは、情報の発信者と受信者が簡単に交流することができます。だから、あなたが発信した内容に反感を買う人が存在するのは避けられないことでしょう。

 

でも、逆に言えば、あなたが発信した内容に共感する人が存在するのもまた事実です。いや、むしろ共感してくれる人の方が多いでしょう(あなたがとんでもないことを考えていない限り)。反感ばかりに目がいってしまうのは、あなたがそれを気にし過ぎているからなのです。

 

 

僕自身、発信力が高くなってからはSNS(特に匿名性が高いTwitter)やブログを通じて、反対意見や攻撃的な意見に幾度となく晒されてきましたが、それ以上に共感してくれる人の存在が多いから、発信する楽しさを実感することができています。

 

 

①あなたが「言いにくい」ことは誰かが「言ってほしい」こと

②あなたが炎上したところで大したことはない

③あなたが相手するほど「クソリプ」に価値はない

 

 

反対意見や炎上を恐れずに、ネットで発信し続けましょう。

 

---

Kindle版はたったの800円。『武器としての書く技術』はめちゃくちゃ面白いので強く薦めます。