原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

サークル引退後のたった数ヶ月で本当にやりたい仕事なんて見つかるの?

スポンサーリンク

「サークル引退後のたった数ヶ月で人生をかけてやりたい仕事なんて見つからないでしょ」的なツイートをしたら、それなりに反響がありました。

 

 

サークル引退は大学3年生の12月

サークル引退

もう3月も終わりですねってことで、春から4年生になる大学生は、いよいよ就職活動が本格化するらしいです。

 

サークル引退がいつかというと、ほとんどの大学生は3年生の12月らしいです。僕がかつて携わっていた学生団体も、引退式を12月末に行っていました。

 

 

サークル引退後の数か月で本気でやりたい仕事なんて見つかるのか…

サークル引退

サークル引退前から少しずつ就活を始める人もいるみたいですが、多くの場合、引退してから、本格的に自己分析や企業研究を始めます。

 

でも、僕は疑問に思います。サークル引退後のたった数か月で、自分が本気でやりたい仕事、就きたい職種なんて見つけられるのでしょうか。

 

 

僕は休学中に自分のやりたいことが何かを徹底的に考えられた

サークル引退

 

僕個人の経験を少しだけお話すると、本来であれば就活を始めるべき今の時期には早稲田大学を休学し、アフリカのウガンダ共和国でインターンシップを始めました。

 

周りの就活生たちがエントリーシートやSPIやの話をしている間に、僕は難民キャンプで働いていましたね。

 

休学して、何が良かったか。それは、自分の人生について深く考える時間をゆっくりと取れたことです。

 

さらに、僕の場合は「目の前で両親を銃殺された」「明日食べる物もない」と話すアフリカの難民と向き合っていたため、その思考は日本にいる時以上に研ぎ澄まされました。

 

 

サークル引退したら休学するのはどうだろう

サークル引退

 

もう一度言います。サークルを引退してからのたった数ヶ月本気になっただけで、その先40年以上は続くであろう仕事について、深く考え切ることはできるのでしょうか?(まぁ転職とかあるけど今は細かいことは気にせず)

 

ということで、モヤモヤ感を抱えながら就活している人、何を仕事にするべきか迷っている人、サークル引退してまだボーとしている人、もっと考える時間が欲しい人は、休学してみてはどうでしょうか。少しでも関心ある人は、大学のホームページで休学費がいくらかかるか調べてみてください。

 

そして、どうせ休学するのであれば、今まで自分がいた環境とは全く違う環境に身を置いてみてください(それこそアフリカは?)。異なる価値観や文化、生活様式に触れたら、少しだけ生きる意味とか、やりたい仕事とか見えてくるはずです。

 

 

さいごに

自分で言うのもアレですが、僕は大学生の時から本を出したり、講演したり、起業したりと、傍から見たら意識高めの生活を送ってきました(自分としてはただ楽しいから続けてきただけ)

 

そんな僕が、サークルを引退したばかりの就活生を見ていて、ふと芽生えた疑問をまとめてみました。心当たりある人、いるのではないでしょうか。

 

「サークル引退後、すぐに就活を始めるのでは時間がない…」という人は、休学もおすすめします。若い時の一年や二年の遅れは、長い人生を考えたら大した問題ではないはず。むしろ、プラスに働くと思う。

 

大学生の皆さん、頑張ってください。

 

 

こちらの記事もあわせてどうぞ

www.kantahara.com