原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

【書籍感想】これからの生き方を考える上で貴重な気づきを得た

スポンサーリンク


『世界を無視しない大人になるために』を読んでくださった方から、感想メールをいただきました。本人に了承を取った上で、掲載させていただきます。

 

なお、本名は伏せて掲載しています。

f:id:KantaHara:20180302111700p:plain

 

---

初めてメールを送らせていただきます、〇〇と申します。

 

教育支援に関わるNPOの職員として、学生の学びをサポートする仕事をしています。先日、原様の御著書『世界を無視しない大人になるために』を拝読し、感銘を受けました。

 

突然のご連絡で恐縮ですが、エピローグにありました通り、感想を共有させていただきたく存じます。

 

私は、高校生の頃にタイを訪れる機会があり、そこで観光客を相手に物乞いをする少女を見かけ、ショックを受け、初めて貧富の差というものに関心を持ちました。それ以来、生まれた環境が子どもの人生に大きく影響するという事実に、どこか違和感を感じていました。

 

しかし、帰国直後こそ国際支援について調べたり話を聞いたりしていたものの、「自分にできることなどあるのだろうか」と思い始め、結局その後の自分の行動や進路選択が変わることはありませんでした。

 

貧困や福祉に関する本や情報を集めることだけは習慣のように続いていた中で、御著書に出会いました。「世界の子ども兵は未だ25万人以上いる」という記述を拝見した時、タイで感じたものと同じような衝撃が走りました。ただ今回は、子ども兵に関する現状を知っただけでなく、自分は30代になった今でも自分のことばかり考え毎日を浪費している、と明確に認識したことによる二つのショックでした。

 

この年になってまだ、本当にやりたい仕事ができているのだろうか等の幼い考えで日々を過ごしていました。毎日を必至に生きる彼ら彼女らの現実と比較するのも申し訳ない程、自己中心的な考え方でした。

 

御著書を拝読し終えた時、今まで目の前の事に心の底から打ち込めなかった原因をはっきり理解することができました。

 

「日本にも支援を必要とする人は多くいるが、支援者や団体も多く、途上国(適切な表現か分かりませんが…)に比べて支援に繋がりやすいのではないか。もしそうであれば自分は途上国での活動に貢献したい。」という考えが、心のどこかに残っていたことがその原因でした。

 

日本にも様々な事情から苦しんでいる子どもは大勢いて、その課題に取り組む大人も大勢います。私も非力ながらその一員として、精一杯学生と向き合ってきたつもりでした。一方、生命に関わるレベルで困難を抱える子どもが世界には大勢いて、私達はその事実を少なくともどこかで見聞きして知っています。私がより自分事と感じていたのは、過酷な海外の現実と、そこに先進国による搾取が大きく関っているという事実でした。

 

今自分が関わる仕事に全力を尽くすのは当然ですが、今後国際支援というもののどの分野にどう関わり、どう貢献したいと感じているのか、単純な憧れやイメージ等で捉えていないか、じっくり思案して行動を起こしていきたいと考えられるようになりました。スタートを切るのが遅くなってしまいましたが、世界を無視しない大人の一人になれるよう、努力していきたいと思います。

 

突然のメールで、長々と大変失礼致しました。これからの生き方を考える上での貴重な気づきをいただき、心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

 

末筆ながら、原様の今後益々のご活躍とご健康をお祈り申し上げます。

 

 

30代男性 NPO職員

---

 

僕はただ、アフリカでの活動中に感じたことを、そのまま言葉にしただけ。それでも、こうやって一人の考え方や価値観に大きな影響を与えられていること、そしてわざわざメールで感想を送ってもらえることを、心から嬉しく思います。

 

まだ読んでいない方、ぜひよろしくお願いいたします。

 

 

世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援

 

「脱走を試みましたが捕まり、鞭で200回叩かれました」

 

  14年間を反政府軍で過ごした元少女兵との出会い。アフリカでの「原体験」を書いた『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』

 

ただ僕たちが「与える」「教える」だけが国際支援のあるべき姿ではない。絶望的な状況に置かれながらも、自分たちの力で困難を乗り越えていく彼らの姿から、僕たちが学ぶべきことはたくさん存在する-。

 

この本は、僕の処女作にして、渾身の力で書いた一冊。一人でも多くの人たちに届き、「世界を無視しない大人」がもっと増えてほしい。

 

Kindle Unlimitedに登録すると700円の本書を"無料"で読むことができます。無料体験期間中にも読めます。

 

 

 ▼紙版の購入は以下から

  

 

Amazonプライム(無料体験を含む)Amazon Studentのいずれかに登録しておくと、毎月対象のKindle本一冊を無料で読める上に、すべての書籍でAmazonポイント+10%が還元されます

 

こちらの記事もあわせてどうぞ!