原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

世界で最も貧しい国ブルンジで撮影した「美しい」写真の数々

スポンサーリンク


渡航危険レベル3(渡航中止勧告)、一人当たりGDP188か国中188位など、現地に足を運ぶ前にはあまり良いイメージを抱いていなかったブルンジ。一週間の滞在が終わり、午後からは隣国のウガンダへと戻る予定だ。

 

www.kantahara.com

 

ブルンジに滞在した感想を一言で表すならば、「こんなに美しい国が世界にはあったのか」。景色の美しさもさることながら、「ヨケイナモノ」がまだそれほど入っていないブルンジでは、「生きる美しさ」のような感覚を得た。

 

そんなブルンジで撮影した「美しい」写真を紹介します。ブルンジ、ありがとう。また近いうちに来ます。

 

f:id:KantaHara:20170216183438j:plain

テラ・ルネッサンス活動地の子ども達。多分、受益者よりも出席率(出現率)が高い

 

f:id:KantaHara:20170216183446j:plain

インディーズロックバンドのジャケ写みたいなの撮影できました

 

f:id:KantaHara:20170216183844j:plain

畑から採ってきた(≒盗んできた)トウモロコシを焼いている子ども

 

f:id:KantaHara:20170216183944j:plain

牛やヤギが自然に放たれている

 

f:id:KantaHara:20170216184121j:plain

丘から見える景色。左端に写るのは海ではなく湖(タンガニーカ湖)

 

f:id:KantaHara:20170216183751j:plain

ブルンジの子どもたちはノリが良い

 

f:id:KantaHara:20170216184221j:plain

テラ・ルネッサンスが支援する受益者が作るハチミツ「アマホロハニー」の新作デザイン

 

f:id:KantaHara:20170216184729j:plain

新作デザインVerのアマホロハニーを持つ地元の子ども

 

f:id:KantaHara:20170216184349j:plain

フリスビー(っぽいの)を転がす子ども

 

f:id:KantaHara:20170216184527j:plain木登りする子ども

 

f:id:KantaHara:20170216184625j:plain

肉を焼く人たち

 

f:id:KantaHara:20170216185253j:plain

ハチミツを別の瓶に移し替えている様子

 

f:id:KantaHara:20170216185113j:plain

変なポーズを決めてくる子ども

 

 

今回使用したカメラ