原貫太公式ブログ「世界まるごと解体新書」

アジア・アフリカでの活動からニュース解説記事、仕事論まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

【アフリカでボランティアしたい人へ】国際NGOの日本人駐在員(ウガンダ)が語る(前半)


スポンサーリンク


今日は、私の上司であり、かつ尊敬する一人の「国際協力のプロ」を紹介したい。

 

認定NPO法人テラ・ルネッサンスの駐在員として、アフリカのウガンダ、ブルンジ、コンゴ民主共和国にて働く、鈴鹿達二郎さん。青年海外協力隊の時代から含めると、これまでアフリカに5年間駐在し、様々な活動に携わっている。

 

「大学院時代は、研究のためひたすら浜辺で貝を数えていたんですよ(笑)」と冗談交じりで話す鈴鹿さん。彼はなぜ国際協力の世界に足を踏み入れ、アフリカで5年もの間働いてきたのか。彼はアフリカの人々から、何を学んだのか。彼が危惧する、日本社会の"生きにくさ"とは何か。話を聞いた。

f:id:KantaHara:20170124142459j:plain

鈴鹿達二郎さん(photo by Kanta Hara)

 

鈴鹿 達二郎(すずか たつじろう)

1982年生まれ。認定NPO法人テラ・ルネッサンスのアフリカ事業マネージャー。
学生時代に、テラ・ルネッサンスが共催するカンボジア・スタディーツアーに参加し、国際協力に関心を持つ。大学院を卒業後、2007年から青年海外協力隊として、アフリカのタンザニアにて、現地NGOで地域住民へのHIV感染予防の啓発活動や現地スタッフへのPCスキル教室開催等の活動を行う。その後2009年から在タンザニア日本国大使館が政府開発援助(ODA)として実施する、同国内の開発プロジェクト支援に携わる。
2011年から現在まで働くテラ・ルネッサンスで、東北支援の「大槌復興刺し子プロジェクト」を中心に岩手県で活動を行う。2015年からは、海外事業部となり、現在ウガンダ、ブルンジに駐在して海外の支援活動を行っている。

 

タンザニアでの4年間

――鈴鹿さんは昨年6月から、テラ・ルネッサンスのアフリカ駐在員として、ウガンダでは元子ども兵社会復帰支援プロジェクトに、ブルンジでは紛争被害者支援プロジェクトに携わっています。そもそも、テラ・ルネッサンスの活動に携わろうと決めたきっかけや理由は何だったのでしょうか。

大学院の頃に、テラ・ルネッサンスと、地雷ゼロ宮崎という市民団体が共催しているカンボジアのスタディーツアーに参加したことから、国際協力に関心を持ちました。その後、青年海外協力隊に応募し、タンザニアにエイズ対策隊員として派遣され、現地のNGO職員と一緒に働いていました。そこでは、HIVエイズの予防のための啓発活動を行ったり、現地スタッフにパソコンのスキル・使い方を教えたりしました。

 

その中では、協力隊として人を助けに行ったはずなのに、逆に、色々な「大切なこと」をタンザニアの人から学び、そして助けられました。アフリカの人たち、世界の人たちに恩返しがしたいと思うようになり、その後はタンザニアの日本国大使館で、草の根・人間の安全保障無償資金協力というODAのスキームの元で働きました。そこでは、地方自治体等が申請できる、いわゆる箱物(ハコモノ)の建設プロジェクトの審査、その案件が外務省で通れば資金を渡し、進捗をフォローするという業務の補助を行っていました。

f:id:KantaHara:20170124151045j:plain

協力隊員時代、現地スタッフにPCスキルを教える鈴鹿さん(写真:鈴鹿さん提供)

 

その中で、-もちろん診療所や女子寮を建てるなども大事だとは思うのですが-、箱物を作るだけではなくて、問題の根本を解決したいというスタンスを持っていたんですね。テラ・ルネッサンスは、問題への対処だけではなく、問題の根本的な解決を目指して取り組んでいる団体だと思っていて、より草の根の視点で、現地の人たちの内在する力、秘めている力を引き出して、自立・自治の支援をしていることが、魅力的でした。 

 

2011年に東日本震災があり、その半年後にタンザニアから帰ってきたのですが、復興支援の活動をテラ・ルネッサンスが始めていて、そのプロジェクトの職員としてテラ・ルネッサンスに携わり始めました。

 

周りの人たちと繋がる生き方

――タンザニアの4年間で学んだ「大切なこと」を詳しく教えてください。
仕事の仕方については、日本人の方が、「時間を守る」「やると決めたことは実行する」などきっちりしていて、日本だと、仕事とプライベートはハッキリ分かれていると思います。それに比べると、アフリカの人たちは、ルールや時間にルーズだという印象があるかと思いますが、それよりも僕がタンザニアの人たちから感じた働き方というのは、「自分の人生の一部に仕事がある」という印象で、何が何でも仕事をするというものではなかった。人との接し方がより人間的で、「仕事だから」という感じではなく、「隣の人が困っていたら助ける」など、周りの人たちとしっかり繋がっている生き方をしていると感じました。

f:id:KantaHara:20170124150929j:plain

協力隊員時代、地元の若者たちを対象にエイズ啓発に取り組む鈴鹿さん(写真:鈴鹿さん提供)

 

エイズや水不足、教育機会の欠如など、問題は沢山あるのですが、人と人との面と向かったコミュニケーションが多く、彼らはより人生を楽しんでいる。その中で、彼らの大らかさや懐の深さがあり、日本と比べてより人間らしい生き方をしていると思います。「幸せ度」という意味では、日本人よりは、(人生を)楽しむのが上手いと感じました。もちろん、どっちかに極端に偏ってもいけないとは思いますが。

 

日本だと、老後のことや、新卒で就職しても40年後のことを考えて、計画して…ということがあると思うのですが、そういうことも大切とは思いますが、タンザニアの人からは、困難なことや死が(日本より)身近にある分、その日を生きる、その時間を生きる、幸せに生きるということを学びました。

f:id:KantaHara:20170124142459j:plain

インタビューに答える鈴鹿さん(photo by Kanta Hara)


――日本でも過労死やライフワークバランスの問題などがあると思いますが、日本の人たちがアフリカの人から学べることがあるのかなと思います。

 

ウガンダでの元子ども兵社会復帰支援

――2016年6月からアフリカに駐在している鈴鹿さんですが、ウガンダでの活動内容を教えてください。
ウガンダでの仕事は、現地の広報として、受益者(元子ども兵たち)の訓練の様子や感じていることなど、日本の支援者への活動レポートを書くなど、インターンの方にも手伝ってもらいながら、現地の様子を報告する仕事をしています。また、特定の使途で寄付や助成金を頂いている活動には、その成果を伝えるために、活動報告や会計報告を作ることもします。

 

去年はスタディーツアーがありましたが、日本からの訪問者の受け入れやその現地側の準備もします。その際は、どのようなプログラムがあるべきか、私たちの活動をどうしたら知ってもらえるか、卒業した元子ども兵の方がどのように自立して生活しているかなどを知ってもらえるように、計画・準備しています。

f:id:KantaHara:20170117192024j:plain

ウガンダ事務所で作業する鈴鹿さん(photo by Kanta Hara)


――ウガンダの現地スタッフ13人とはどのようなやり取りをするのでしょうか。
例えば会計の管理であれば、担当のスタッフと一緒に取り組みます。他にも、現地の先生たちとは、受益者が現在どういった段階の訓練をしているのか聞いたり、また地域の子供たちが集まって毎週ダンスを行なっているので、その様子を日本の方々に伝える仕事をしたりします。

f:id:KantaHara:20170122165007j:plain

地域の子ども達によるダンスの様子(photo by Kanta Hara)

 

(関連記事→「元少年兵・少女兵の社会復帰を前に、アフリカ現地スタッフから魂のメッセージ」

www.kantahara.com

 

平和を願う蜂蜜で紛争被害者を支援

――ブルンジは、比較的最近である2013年からプロジェクトが開始しました。ブルンジではどのようなお仕事をされているのでしょうか。
ブルンジの活動地では、地元の人たちが多様な収入源を確保して、コミュニティの自立する力を高めるために、養蜂の技術を身に付け、蜂蜜を販売し、自分たちで運営していけるようなプロジェクトを行っていますが、そのプロジェクトが上手くいくように一緒に製品パッケージを考えて製作したり、現地の養蜂の先生やスタッフと活動の報告書作成をしたりなど、様々な仕事をしています。

f:id:KantaHara:20170101140936j:plain

ブルンジでの養蜂プロジェクトの様子。写真右はテラ・ルネッサンス理事長小川真吾さん。(photo by Kanta Hara)

 

今年度については養蜂のプロジェクトと同時に、現地の人たちが、レンガや陶器類、瓦などを作り、そこから収入を得られるようにする窯業プロジェクトも行っています。彼らによるコミュニティビジネスが順調に進むように、資材の調達、会計報告や報告資料の作成などをしています。

 

(関連記事→「世界から忘れ去られたもう一つの大虐殺-平和を願うブルンジのハチミツ」

www.kantahara.com

 

上記以外でも、遠隔でコンゴ民主共和国の現地スタッフと、紛争被害者の自立支援プロジェクトの進捗を確認したり、打ち合わせをしています。


→→「【アフリカでボランティアしたい人必読】国際NGO駐在員鈴鹿さんが語る「生き方」(後半)」へ続く

 

www.kantahara.com

 

【テラ・ルネッサンス関連本はこちら】