原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

”アフリカは遠いから行けない”と思い込んでいる人に伝えたい2つのこと

\ツイッターのフォローをお願いします/
ブログ更新のお知らせや限定情報を発信しています。ぜひフォローしてくださいね!
スポンサーリンク

学生時代だけでも、アフリカに3回渡航した原貫太(@kantahara)です。今月18日から3週間、4回目のアフリカに行ってきます。来年も、2回か3回はアフリカに行きたいですね。



こうも何度もアフリカに行っていると、周りからは「アフリカなんて”遠い”ところ、よく行けるよね」と声をかけられます。

 

他にも、「アフリカに行ってみたいけど、遠いし、航空券も高そうだし、なかなか一歩を踏み出せない…」そんな人たちをたまに見かけます。

 

今回の記事では、「アフリカに行ってみたいけど、遠いからな…」と思い込んでいる人の考え方をちょっとだけ変える2つの話をします。まぁ、あたりまえのことしか言いません(笑)

 

なお、一言で「アフリカ」と表しても54か国ありますから、この記事では僕が初アフリカ旅行やアフリカ一人旅におすすめしている「東アフリカ」(ルワンダとかウガンダとかケニアとかね!)を想像していただければと思います。

 

★関連記事★

www.kantahara.com

 

 

アフリカはたしかに遠い!けど、どんどん”近く”なってるよ

アフリカ 遠い

 

アフリカはたしかに遠いです。物理的には。

 

僕が3回訪れたウガンダ共和国は、日本から12,000kmも離れています。日本最北端の宗谷岬から最南端の沖ノ鳥島までが2,845kmですから、その4倍以上と考えると日本からアフリカは半端ない遠いですね。

 

でも、物理的には遠いアフリカであったとしても、そんなのは考え方次第です。アフリカに行きたいならね。

 

 

①アフリカ行き航空券&ビザは自宅にいながら準備できる

アフリカ 遠い

 

たしかにアフリカは遠いですが、アフリカに行くために必須の航空券とビザは、自宅にいながら準備できます。

 

 

航空券はネットですぐにでも予約できる

まず航空券ですが、個人でアフリカに行く人なら、自宅からインターネット予約で今すぐにでも取得できます。小難しい手続きが必要だったり、旅行代理店に足を運ぶ必要もありません。

 

値段に関しても、中には「アフリカ行きの航空券は40万円くらいかかるんでしょ…」と思っている人もいるみたいですが、そんなことありません。特に東アフリカは安いですよ。

 

先日、僕もSurpriceという航空券予約サイトを使って「日本→ウガンダ、ルワンダ→日本」の複数都市航空券を予約しましたが、値段は146,420円でした。ちなみに、複数都市航空券ではなく「日本⇔ルワンダ」の航空券なら、13万円台でも予約できましたね。

 

 

ビザはオンラインでも申請可能

国にもよりますが、アフリカの中にもオンライン申請でビザを取れる国が増えています。わざわざ大使館まで足運ぶ必要もありません。自宅のパソコンから申請できます。

 

今月のアフリカ渡航ではまずウガンダに入国しますが、ウガンダもオンラインビザ申請ができます。3日前に申請しましたが、必要書類のPDFデータさえ用意しておけば、30分もあれば完了します。

 

送られてくる書類をプリントアウトし、ウガンダ入国時に提示すればOKです。簡単ですよね。

 

 

また、お隣ルワンダでは、2018年1月からアライバルビザが取得可能になっています。パスポートさえ持っていけば、ルワンダに着いてからビザを取れます。事前に何も用意する必要はありません。(ちなみに、ルワンダもオンラインで事前申請することも可能です。)

 

東アフリカであれば、2018年11月27日からタンザニアがオンラインビザ申請を導入したことにより、

 

  • ウガンダ
  • ルワンダ
  • ケニア
  • エチオピア
  • タンザニア

 

観光客に人気の東アフリカ諸国は、どこもオンラインビザ申請ができるようになりました。 

 

 

少し長くなりましたが、アフリカに行くために必須の航空券とビザは、自宅にいながら準備できます。煩わしい手続きもありません。

 

これだけでも、遠かったアフリカが心理的に近くなりませんか?

 

 

②時間さえ立てばアフリカには到着する

アフリカ 遠い

 

ほとんどの日本人にとって、アフリカはとても遠いイメージがあると思います。「丸一日飛行機移動なんて、私には耐えられない」「10,000kmも移動するって、想像できないね」なんて言われますね。

 

でも、よく考えてみてください。アフリカに渡航するために自分が歩く距離は、せいぜい空港内移動の約1kmくらいです。その他はずっと、機内で座っているだけ。

 

1kmくらい、毎日の通勤通学で歩いていますよね?

 

 

たしかに、長時間フライトは楽ではありません。でも、「長時間フライトの過ごし方 10時間飛行機も乗り越える7つのテクニック」でまとめたように、

 

  • 通路側の席を予約する
  • しっかり水分補給する
  • トイレついでにストレッチする

 

といった工夫を凝らせば、普通に乗り越えられます。むしろ、ネット環境から遮断され、読書や映画鑑賞に没頭できる贅沢な時間くらいに捉えた方が前向きになれますよ。

www.kantahara.com

 

だから、実質時間さえ経てばアフリカには到着します。24時間、席に座って好きなことをしたり、寝ていたりすれば、そのうちアフリカに着いています。

 

次は4回目のアフリカですが、そう考えると10,000km以上の飛行機移動にも抵抗はありません。

 

 

さいごに

アフリカ 遠い

 

ということで、「アフリカは遠いから行けない」と思っている人は、この2つを参考に考え方を変えてみてください。

 

航空券もビザも簡単に取得できるようになっているわけだし、長時間フライトにさえ耐えられれば、アフリカなんてすぐに行けますよ。

 

本当にアフリカに行きたいのであれば、「遠いから行けない」と行かない理由を探すのではなく、「行くために『遠い』という思い込みを捨てよう」くらいに考えましょう。

 

このブログではアフリカ旅行関連の記事をたくさん書いています。他の記事もぜひ、参考にしてくださいね。

 

www.kantahara.com

 

www.kantahara.com

 

www.kantahara.com