原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

アフリカ英語の訛り、実は日本人にピッタリだった?

スポンサーリンク


アフリカ英語は訛りがきっついです。アフリカの長老なんかが話す英語は、現地語と聞き間違えそうになることもあります。

 

でも、その訛りが、実は日本人にピッタリなのではないか…と最近感じています。

 

 

アフリカでも英語は通じる

アフリカ 英語 訛り

 

世界史を学んだ人であれば、アフリカ大陸が19世紀末からヨーロッパ列強諸国によって植民地支配された歴史を知っているでしょう。

 

植民地時代、最も多くの領土を獲得したのはイギリスとフランス。21世紀になっても、アフリカの国々で英語やフランス語が広く浸透しているのは、この植民地時代の影響があります。

 

例えば、僕が活動しているウガンダは、イギリスが宗主国だったため、今でも英語が公用語になっています。ビジネスマンや大学生が話せるのはもちろん、タクシーの運転手や屋台の店員も、あたりまえのように英語で会話しています。日本人の英語力の方が、圧倒的に低いです。

 

ちなみに、これまで2回訪れた隣国のルワンダは、植民地時代の宗主国ベルギーの影響でフランス語が浸透しています。が、近年ルワンダ政府は英語教育に力を入れており、またビジネスマンや大学生は英語がペラペラです。

 

 

アフリカ英語は訛りがキツイ

アフリカ 英語 訛り

 

アフリカ英語の訛りについて、ウガンダで働いていた延岡由規さんは以下のように語っています。

 

ウガンダもそうですが、東アフリカの人たちが話す英語は特に、語尾の母音を伸ばし、かつ、語尾の音を上げる癖があるように感じます。

Yes/Noで答えられる疑問文でもないのに語尾を上げるなんて、学校では普通習いませんよね?(笑)(国際協力師たちの部屋「vol.7-2 海外で働く英語力、こうやって身に付けました。超具体的にお答えします!(延岡)」より引用)

note.mu

 

細かいところまでよく観察しているな…が第一印象なのですが、言われてみればたしかにそんな気がします。

 

また、年配の方が話す英語は特に訛りが強烈で、ひとつ一つの発音に強いアクセントがあります。そのため、会議をしていてもすべての内容が把握できず、聞き返すこともしばしば…。

 

 

現地では"日本人の英語訛り"が通じやすい?

アフリカ 英語 訛り

 

「アフリカでは、ゴテゴテの"ジャパニーズ・英語"が通じやすいよ」

 

これは、アフリカで10年以上仕事をする日本人から聞いた話です。

 

 

ドラマや映画の影響か、日本人はやたらアメリカ英語やイギリス英語の発音に憧れています。でも、大切なのは相手に伝わるかどうか。

 

僕は一年間、アメリカはカリフォルニアに留学していたため、いわゆるアメリカン・イングリッシュを話すことも出来ます。発音をそれっぽくカッコつければ良いのです(笑)

 

けど、「アフリカでは、日本語みたいに話す英語(Japanese English)の方が伝わりやすい」と聞いてからは、僕はアメリカ留学で培った発音は捨てました。郷に入っては郷に従え、です。

 

先述の延岡さんも、アフリカ英語の訛りという"壁"を乗り越えるために、「とにかくアフリカ人の話し方を徹底的に真似した」と語っています。

 

すると、1ヶ月も経たないうちに相手の英語が聞き取れるようになり、向こうもわたしの言っていることをわかってくれるようになりました。(国際協力師たちの部屋「vol.7-2 海外で働く英語力、こうやって身に付けました。超具体的にお答えします!(延岡)」より引用)

 

リエゾン、例えば"I'm going to"を"I'm gonna"、"I want to"を"I wanna"ではなく、

 

あいむ・ごーいんぐ・とぅー…

あい・うぉんと・とぅー…

 

と話した方が、アフリカでは通じやすいのです。(日本語で書くとダサい…笑)

 

 

アフリカ人の英語は(ほとんどが)第二言語

アフリカ 英語 訛り

 

アフリカ人の英語は、その多くが「第二言語」です。例えば、ウガンダでは英語が公用語になってはいるものの、「ルガンダ語」や「アチョリ語」といった地元の言葉がほとんどの人の母語です。幼い子どもたちであれば、英語は話せないけれど、地元の言葉であれば話せる…というケースがほとんど。

 

 

英語が苦手という人も、会話の相手がネイティブより日本人の方が通じた、会話が成立したという経験はないでしょうか?

 

僕の印象ですが、ネイティブスピーカーよりも、第二言語として英語を話す人同士の方が、相手が英語で何を言おうとしているのかを汲み取る能力が高い、もしくはお互いの共通認識が重複している部分が広いと思います。だから、コミュニケーションが取りやすいのです。

 

 

まとめ-アフリカ英語の訛り、実は日本人にピッタリだった?

〇アフリカでも英語は通じる…特にイギリスが植民地支配していた国々

〇アフリカ英語は訛りがキツイ…意識して聴かないと現地語と混同することも

〇現地ではジャパニーズ・イングリッシュが通じやすい…発音をカッコつけずに、日本語みたいに話すと通じやすい・

〇アフリカ人の英語は(ほとんどが)第二言語…同じく第二言語として英語を話す日本人にとっては、ネイティブスピーカーよりも英会話が成立しやすいかも。

 

 

---

新卒で国際協力NGOを"起業"した僕は、「海外で働く英語力」をSkype英会話から身に付けました(もちろんそれだけではないですが)。新卒でNGOに"就職"した友人の延岡由規さんも、同じくSkype英会話をオススメしています。

 

Skype英会話を受けるために人生初の自分専用のノートパソコンを買ったほど、本気でした。

さらに調べてみると、なんと無料レッスンなんてものがあるじゃないか。『国際協力師たちの部屋』より引用)

www.kantahara.com

 

 

こちらの記事もあわせてどうぞ! 

www.kantahara.com