原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの支援活動から起業論、トラベルハックまで。

ウガンダの”寛容な”難民政策の裏側「政府は南スーダン難民の存在を有難く思っている」

\ツイッターのフォローをお願いします/
ブログ更新のお知らせや限定情報を発信しています。ぜひフォローしてくださいね!
スポンサーリンク

 

ヨーロッパ全体が受け入れる数よりも多くの難民を受け入れているウガンダ。「世界で最も寛容な難民政策を掲げる国の一つ」として評価をされている。

 

 

ただ、上記したように、これには二つの側面が存在する。一方では人道的な観点から難民を積極的に受け入れてはいるが、もう一方では国益追求、主には国の経済を発展させるために難民の受け入れが行われているのだ。

 

現場スタッフから聞いた話だが、ウガンダ政府はその難民政策として、「既存事業の場合は、難民支援を7割、ウガンダコミュニティ支援を3割で行うこと。新規事業の場合は、難民支援を5割、ウガンダコミュニティへの支援を5割で行うこと」と、各援助機関に要請している。

 

例えば、新たに流入してきた南スーダン難民300人に物資支援を行いたい時は、同時に300人のウガンダ人も支援しなくてはならないのだ。実際、現場ではそれほど厳格に監査されることは無いのだが、原則としてこのような形になっている。

 

ウガンダに滞在していた時、長年援助関係で働く人から、「ウガンダ政府は南スーダン難民の存在を有難く思っているんだ。」と聞いた。「援助という名の"お金"がたくさん入ってくるからね。良い車、良い機材、良い建物・・・」。

 

援助や国際協力の世界といっても、すべてが人道的に行われているものではない。その「援助」によって、誰が得をしているのか?を、僕らは批判的な視点から考えなければならないのだ。

 

 

【書籍紹介】世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援

f:id:KantaHara:20180419182253p:plain

 

誰だって、一度は思ったことがあるだろう。今この瞬間にも、世界には紛争や貧困で苦しんでいる人がいるのはなぜなのだろうと。その人たちのために、自分にできることはなんだろうと。

 

僕は、世界を無視しない大人になりたい。  —本文より抜粋

 

 

ある日突然誘拐されて兵士になり、戦場に立たされてきたウガンダの元子ども兵たち。終わりの見えない紛争によって故郷を追われ、命からがら逃れてきた南スーダンの難民たち。

 

そんな彼らと出会いながら、僕は本当にあるべき国際支援を考え続けた。そして、平和がいかに大切で、いかに尊いものであるかを、心から実感した。

 

『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た本当の国際支援』では、”世界の不条理”に苦しめられながらも、強く、そしてしなやかに生きる人々の「声なき声」を書いた。アイ―シャさんの体験談を聞いた後、僕がどんな行動を起こしていったのかもまとめている。

 

ぜひ読んでほしい。

www.kantahara.com

 

紙版の購入はこちら

 

Kindle版の購入はこちら。有難いことに、レビューは4.8/5.0(2018年9月16日現在)です。

 

なお、『世界を無視しない大人になるために』(定価700円)はKindle Unlimited登録作品のため、30日間のKindle Unlimited無料トライアル*を利用すればタダで読むことができます。ぜひお試しください。

 

 

**31日目を迎える前にKindle Unlimitedを解約すればお金はかかりません。