読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原貫太公式ブログ「世界まるごと解体新書」

アジア・アフリカでの活動からニュース解説記事、ライフハックまで。原貫太が世界をまるごと解体します。

NPO=ボランティア?ふざけたこと言っちゃいけません!NPOとNGOの違いは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



【重要なお知らせ】

原貫太書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』発売中!

f:id:KantaHara:20170410162616p:plain

こちらのページにてプロローグを無料公開中!

紙版の購入はこちらから

kindle版はこちらから 

1998年にNPO法(特定非営利活動促進法)が誕生してもう20年近くが経とうとしていますが、未だに日本でも「NPO(での活動)=ボランティア」だと考えている人が多いですね。ふざけたこと言っちゃいけません。

f:id:KantaHara:20170318143702j:plain

 

ぼくが現在インターンとして活動するテラ・ルネッサンスも、(認定)NPO(法人)です。ぼくのような学生インターンではなく、ウガンダの現地スタッフ含めて「職員」もテラ・ルネッサンスは抱えているわけで、当然、彼らは給料を貰わないと生活していくことはできません

 

そもそもNPOとは、Non Profit Organization(ノン・プロフィット・オーガニゼーション)の頭文字を取った略称で、日本語では非営利団体と称されることが多い。この非営利団体という呼び方が、誤解を招く一つの原因になっています。

 

「非営利なんだから、お金は取らないでしょ?」と考えている人がいますが、もしNPOが全くお金を取らずに、全て手弁当で活動(≒ボランティア)していたら、活動は継続していきませんよね? NPOといえども、事務所の維持費、職員の給与、交通費、現地プロジェクト費などなど、活動をする上で色々とお金は必要になってくるわけです。

 

お金をもらうこと自体は、営利活動ではありません。NPOの活動は「利益を生むための活動ではありませんよ」というものです。NPOのより正しい正式名称は、Non for Profit Organization、つまり「"営利のためではない"組織」です。

 

ただ、NPOといえども法人格を持っている団体から任意団体まで幅広いため、団体によっては、全くお金を取ることなく完全にボランティアの形式で活動している団体も存在します。ただ、ぼくも大学2年に立ち上げた学生(ボランティア笑)NGOにかれこれ3年間携わり続けて痛感していますが、やはり「事業的志向」を持った活動をしないと持続可能とは呼べないんと思うのですよね。興味ある人は、「学生(国際協力)団体の「ボランティア志向から事業志向への進化」に関する一考察」を読んでください。

www.kantahara.com

 

ここ最近はNPOの運営に関する本を沢山読んでいますが、NPOを「基礎の基礎」から学びたい人には乙武洋匡著 『初歩的な疑問から答える NPOの教科書』が超おすすめです。皆さんはNPOとNGOの違い、明確に説明できますか?