原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

NGOに就職する2つの最短ルートを紹介しますぞ

スポンサーリンク


NGOに就職したい人は意外と多い。でも、そのための方法やルートはあまり知られていません。

 

日本では、大学を卒業してすぐに国際協力を仕事にするのは難しいのが現実です。JICAは倍率が高く、国連なら修士号や2年以上の海外勤務経験が必要なため、学部卒ではそもそもエントリーができない。

 

その中でも、民間の国際協力NGOに就職するのは、さらに難しいと言えるでしょう。国際協力に取り組む日本のNGOは400団体以上あると言われていますが、新卒採用を行なっている組織を見つけるのはかなり困難。NGOは即戦力しか取らないからです…。

 

せっかくやる気ある若者が世界を救おうとしているのに、そのためのステージがほとんど用意されてないのが現状なのです!


…という話をした上で、今回はNGOに就職する2つの最短ルートとして、

 

パターン①:NGOに新卒で就職するルート

パターン②:①から2年遅れでNGOに就職するルート

 

をご紹介します。今回はNGOに"就職"なので、僕のように自分で受け皿を作る"起業"は含めません。

 

なお、基本的に学生対象の記事にはなりますが、社会人でNGOに"転職"を考えている方にも参考になる内容だと思います。

 

 

NGOに就職する2つの最短ルート

①学生時代にNGOでインターン→卒業後、そのNGOに就職

NGO 就職

 

NGOに最短で就職する一つ目の最短ルートは、

 

学生時代にインターン生として2~3年活動し、その間にコネと実績を作って、卒業と同時にそのNGOに就職する

 

です。日本のNGOに大学新卒で就職する方法は、特殊な例を除くと、これしかありません。
 
 
「新卒NGO就職という選択肢を」というキャッチコピーを掲げて活動する、カンボジア在住の延岡由規さんがこのパターンです。国内に加えて、カンボジア、ウガンダでのインターンも学生時代に経験し、大学を卒業してすぐに国際協力NGOに就職しています。

 

なお、新卒で就職しなくても、一度企業での勤務経験を経てから、インターンをしていたNGOに就職するケースはあります。

 

また、企業で働きながら週末にNGOでインターンをし、コネと実績ができたらNGOに転職する…というケースも考えられるでしょう。

 

 

②NGOでインターン→協力隊→帰国後に就職

NGO 就職

 

パターン①よりは2年遅くなりますが、NGOに最短で就職するもう一つのルートは

 

大学生の間にNGOのインターン生として活動

卒業後、青年海外協力隊として2年間の海外派遣

帰国後にインターンをしていたNGOに就職

協力隊での経験が買われて海外駐在員になれるかも

 

このパターンであれば、最短で24~25歳でNGOの海外駐在員になることも可能です。

 

パターン①になるためには、そもそも大学生の早い段階から、どこか一つのNGOでインターンをはじめること(そして続けること)が必要。しかし、当然ながら新卒でNGOに就職するためにはコネだけではなく「知識」「スキル」も必要なので、インターン中にしっかりとした「実績」を出すことが求められるでしょう。

 

そのNGOが掲げているビジョンやミッションにどこまで共感し、共鳴しているかも大切です。

 

パターン②であれば、青年海外協力隊の派遣前訓練に加えて、2年間の現場経験を積めば、NGOで働く分には即戦力にまでパワーアップできるはず。そのため、パターン①に比べると2年間遅くはなるものの、かなり現実的な方法でしょう。

 

なお、新卒ですぐに青年海外協力隊に行かなくても、企業で働きながら青年海外協力隊に応募し、隊員として選ばれたら仕事を休職(もしくは退職)し、2年間海外赴任…というケースもあり。帰国後、NGOに就職したり、大学院に進学したりする人が多いです。

 

 

NGOに就職する2つのルートまとめ

①学生時代にNGOでインターン→卒業後にそのNGOに就職

②NGOでインターン→新卒で協力隊→帰国後に就職

 

NGOに就職したいと考えている人は参考にして下さい!

 

 

--- 

国際協力を仕事にしたいと思った人は山本敏晴さんの『国際協力師になるために』を超おすすめします。国際協力に関心をもって間もない人は、『「国際協力」をやってみませんか?―仕事として、ボランティアで、普段の生活でも』を読んでみて下さい。

 

 

こちらの記事もあわせてどうぞ!

www.kantahara.com