原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から仕事論、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

「良かった…元気に生きていた!」精神障害を抱えた男の子と5か月ぶりの再会

お待たせしました!書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』の販売が再開されました。僕のアフリカでの「原体験」をまとめた一冊、ぜひご覧ください!一冊700円です。購入はこちらから。第一章までをこちらのページで全文公開中!

スポンサーリンク


書籍『世界を無視しない大人になるために』や講演の中で、「どうしても忘れられない光景」として度々紹介していた精神障害を抱えた男の子と、5ヶ月ぶりに再会することができた。

f:id:KantaHara:20170819175702j:plain

今年2月に撮影

 

f:id:KantaHara:20170819175713j:plain

今月17日に撮影

 

再会した時の第一感想は、正直に、「良かった…元気に生きていた!」。今年2月に初めて出会った時、足元に汚物が溜まり全身にハエがたかっている姿を見て、「病気にでも罹ってしまったら、彼は長く生きられないかもしれない」と聞いていたからだ。

 

そんな彼と久しぶりに再会し、少しの笑顔も見ることができて、本当にホッとした。この5ヶ月間、何度も思い出していた存在だから。

 

 

その一方で、ふと心に引っかかたことが。

 

 

この5ヶ月という期間、彼はここで一体何をして過ごしていたのだろうか。同じ地球という惑星で、同じ時間を過ごしているという事実。僕が日本で大学に通い、腹一杯飯を食って、忙しく働き回っていた頃、彼は難民居住区で何をしていたのだろうか。

 

そんな「あたりまえ」が、心に引っかかる。