原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

「大企業」に内定決まれば勝ち組なのか?-「すごい」ばかり言う周囲の人間たち

「脱走を試みましたが捕まり、鞭で200回叩かれました」。元少女兵との出会い。アフリカでの原体験を書いた処女作『世界を無視しない大人になるために』Kindle Unlimitedに登録すると30日間のお試し期間に無料で読めます。第一章までをこちらのページで全文公開中です!
紙版の購入は→こちら

 

スポンサーリンク


f:id:KantaHara:20171029201226j:plain

 

「大企業に就職決まる=すごい」?

昨年の夏ごろから、ずっと違和感を抱いていたことがある。

 

 

早稲田大学に通っている人間として、僕の周りにはそれなりに「高学歴」の友人が多い。そのため大学4年生になって就活をすれば、多くの人が商社や大手銀行などのいわゆる「大企業」から内定を貰っている。

 

 

そんな彼らに対する周囲の反応に、僕はずっと違和感を感じていた。

 

「〇〇商事から内定貰ったよ」

「すごい!」

 

「就職先は◇◇銀行に決まったよ」

「すごい!」

 

「外資の△△で働くことになったよ」

「すごい!」

 

 

 

 

・・・え?それだけで終わり?

 

 

なぜその会社を受けたのか、なぜそこに就職するのか、そこで一体何をしたいのか、「なぜ」に関する部分をどうして聞こうとしないのだろう?

 

 

大切なことは仕事を通じて成し遂げたい「何か」

f:id:KantaHara:20171029201738j:plain

 

たしかに、倍率数十倍の選考を通り抜け、最終面接にも受かったことは「すごい」のかもしれない。

 

 

でも、日本人は中学から大学まで「受験競争」を戦い抜くことを余儀なくされてきたにもかかわらず、まだここでも「競争に勝つこと=すごい」というロジックが働いているとしたら、それはなんて残念なことだろう。

 

 

大学生活は4年間しかないかもしれないけど、(いわゆる)「社会人」は40年間ほど続く。自分の人生の大半を占めるであろう仕事を決めるには、それ相応に考えたことがきっとあるのだろうし、仕事という"手段"を通じて成し遂げたい"目的"は、何か別にあるはず。

 

 

どうしてみんな、そこを聞こうとはしないのだろう。給料やステータスが高ければすごいなんてのは、所詮造られた「常識」に過ぎないでしょ。バブル時代であれば話は別かもしれないけど、今はもう2017年。敷かれたレールなんてもはや存在しない。

www.kantahara.com

 

 

なぜ学生時代に熱中した「何か」をやめてしまうのか?

f:id:KantaHara:20171029201937j:plain

 

大学1年から3年まではバイトやサークルにほとんどの時間を使い、3年の終わりごろから「みんなやっているから」という理由で何となくインターンを始め、大学4年からは「良い会社」から内定を貰うために就活をする。一回しかない人生、それで一体、心から満足できる仕事、好きだと言い切れる仕事、命を懸けられる仕事を見つけることができるのだろうか。

 

 

そもそも、サークルにせよ学生団体にせよ、寝食を忘れるくらい「何か」にとことん熱中できる4年間を送る大学生も多い。それにもかかわらず、卒業と同時にその「何か」をやめてしまい、全く関係ない分野へと就職していく人がほとんどなのは、なぜなのだろう。はなから「スキルや知識を身に付けられない」「企業で働かないとお金を稼げない」と考えているとしたら、それはただの思考停止か、情弱か、時代に取り残されているかだ。

 

 

「起業」のハードルは圧倒的に下がっている

f:id:KantaHara:20171029202100j:plain

 

たしかに一昔前であれば、企業に身を置いていなければスキルや知識は身に付けられなかったかもしれないし、安定した所得も得られなかったかもしれない。けど、インターネットやSNSが登場した今日であれば、Googleで調べれば幾らでも必要な情報は手に入るし、オンラインで学ぶセミナーなども数え切れないほど存在する。

 

 

起業に対するハードルも圧倒的に下がっている。BASE を使えば専門知識など無くても無料でネットショップを開けるし、【タイムチケット】 で自分の趣味や得意なことを活かした「30分」を売り出すことも出来る。情報を発信するためのプラットフォームとしてのSNSも日々進化しているし、Youtubeで自分を売り込みこともできる。最近では、月に数万円を出せば登記可能な事務所を都内に持つことだって出来る。

 

 

こんな時代において、大学時代に熱中していた自分の好きなことを仕事にしようとは考えず、「大企業」から内定を貰うことばかりを考えて就職活動をしているなら、それは物凄くもったいないことだ。

 

 

「大企業」に就職が決まっている人なんかよりも、自分が好きなことや熱中していることを仕事にしている人、仕事という"手段"を通じて成し遂げたい(人生の)目的が明確な人、それを考え続けている人の方がよほどカッコいいし、一緒に過ごしていても面白い。ワクワクする。

 

 

自分の時間を生きること

f:id:KantaHara:20171029201614j:plain

 

実業家の堀江貴文さんは、『99%の会社はいらない』の中でこう述べている。

 

世の中の大多数の人々が所属している「会社」という仕組みでは「他人の時間」に縛られることが多い。やりたくもない仕事をさせられ、ただただ給料を貰うため、生活するためだけに仕事をこなす。それでは「楽しい忙しさ」を手に入れることは難しい。

それならば、会社に属さなければいい。(中略)「自分の時間を生きる」。僕が起業を勧める理由もそこにある。『99%の会社はいらない』より引用)

 

今年5月にコンフロントワールドを起業した今、「自分の時間を生きる」のがあたりまえになっている。たしかに、起業をするとなるとやるべき仕事はたくさん出てくるが、基本的には誰かに与えてもらうのではなく、自分の頭で考え、創り出した「仕事」だ。

 

 

ガミガミ言ってくる上司は一人もいないし、やりたくなくて仕方がない仕事なんて一つもない。朝起きて仕事をし始めるまでもワクワクしているし、「早く仕事が終わる時間が来ないかな…」とも思わない。

 

 

仕事で健康や心を害する人が存在し、自殺までしてしまう人がいる今の日本社会は、どう考えたっておかしい。給料なんて低くたって立派な仕事ややりがいのある仕事はたくさんあるし、会社を辞めたって今の時代いくらでも生きていくための手段はある。

 

 

先日久しぶりに再会した幼馴染の友人は、今年4月から働いている会社への違和感を口にしていた。彼は中学~大学まで10年近く演劇に熱中していたことを僕は知っていたから、「じゃあ会社辞めて好きな演劇で食っていく方法考えればいいじゃん。」とアドバイスした。

 

 

もし住む家の家賃が払えなくなるようなことがあれば、それまではバイトをしながら実家に暮らしたり、シェアハウスに暮らしたり、住み込みで働いたりすれば、何とか生きていくことはできる。好きなことを仕事にするまでの辛抱だと考えれば、いくらでも頑張れると思う。

 

 

僕は今取り組んでいる「国際協力」が、正直に好きだ。大好きだ。「世界の不条理に挑戦する」という人生の使命を果たす最高の手段だと考えているし、何よりも社会を巻き込んで、世界を変えていくこの活動から得られるワクワク感、そして遠くの誰かを「救う」使命感には、言葉にできない素晴らしさがある。

 

 

絶対に「国際協力」を仕事にする。自分の好きなことで食っていけるようになる。