原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

本を書いていると、沢山の葛藤と闘う・・・。

12月は寄付月間。あなたは「本当に意味のある寄付」ができていますか?

スポンサーリンク


少しずつ、書籍を読んだ方からの感想が届き始めています。


多くの感想に共通していることが、


"一気に読んでしまいました。"

 

できる限り現場の「リアル」が伝わるように、そして其処にいる人々の「顔」が分かるようにと書いたことが、「臨場感」の創出に繋がっているのだと思います。
 
 
当初は、大学生の間に携わった活動全てを一冊にまとめた書籍を出そうとしていました。でも止めて、アフリカだけに絞りました。それは、僕がアフリカだけでも沢山の活動に携わり、そして沢山の想いを抱いたからです。出版社を通さず、まずは自費で出したのもそこに理由があります。


本を書いていると、色々な葛藤と戦います。現地で子ども兵や難民と向き合っていた時に感じた数えきれないほど多くの気持ちを、どうすれば僕のことを知らない人にも届けられるのか、沢山悩みました。僕は書くことが専門ではないので、その分考えました。考えて考えて、書き切りました。


引き続き宜しくお願いします。

f:id:KantaHara:20170410162616p:plain