原貫太公式ブログ「世界まるごと解体新書」

アジア・アフリカでの活動からニュース解説記事、ライフハックまで。原貫太が世界をまるごと解体します。

元国連難民高等弁務官緒方貞子氏の名言「熱い心と冷たい頭」を思い出して


スポンサーリンク



原貫太書籍『世界を無視しない大人になるために』好評発売中!プロローグをこちらで無料公開中。紙版のご購入はこちら、電子版のご購入はこちらから。

f:id:KantaHara:20170415221424p:plain

---

詳しい状況を記すことは(まだ)できないが、昨日は言葉にならない程の"不条理"を目の前に叩きつけられた一日だった。

 

難民、虐殺、子ども兵。頭では理解している。理解しているけれど、いざ目の前に当事者が、それも現在進行形の当事者が現れた時、どうしても心が追いつかなかった。

 

この感覚、久しぶりだ。…いや、もしかしたら初めてなのかもしれない。

 

圧倒的に巨大な"不条理"を目の前にして、頭では分かっていても、心が追いつかない。無力じゃないって分かっていても、やれることが必ずあるって分かっていても、心が追いつかない。久しぶりに、本当に久しぶりに、不条理を前にして泣いてしまった。

 

紛争や難民、貧困などを扱ったニュースを普段からよく読み、そして勉強している人間として、"不条理"やそれに晒される人々の存在を、頭ではよく理解している。「あぁ。聞いていた通りの惨状だな」、と。

 

しかし、いざ目の前にその「リアル」が立ち現れた時、今の僕は、彼らやその状況に対する「頭での理解」と「心での理解」の間に、大きなギャップを感じてしまった。

 

 

「何とかしてあげたい」といった気持ちを全く感じていなかったわけでは、きっとない。でも、数値や事実での理解(頭での理解)と、一人の人間としてリアルに"不条理"や"不条理"に晒される人々と接した時の理解(心での理解)とが、どうしても一致しなかった。普通に考えれば、目の前に言葉にならないほどの"不条理"を叩きつけられれば、「何とかしたい」「悔しい」といった気持ちが、心の底から強く、湧いてくるはずなのに。ましてや、一般的な人であればその逆で、頭ではその状況が理解できなくても、心では理解できるはずなのに。

 

正直に、焦った。「物事を頭で理解し過ぎているうちに、いつしか僕は心の冷たい人間になってしまったのか」、と。大学1年生の春、フィリピンで物乞いをするストリートチルドレンと出会った時は、頭ではその状況を理解できていなかった(その背景や原因などを知らなかった)が、心では理解していた。少なくとも、理解しようとしていた。だから、悔しくて、涙が出た。

 

 

これを書いていて、思い出した言葉がある。

 

「熱い心と、冷たい頭を持て。」

 

日本人で初めて国連難民高等弁務官(United Nations High Commission for Refugees)を務めた、緒方貞子さんの言葉だ。

f:id:KantaHara:20170202181626j:plain

photo by World Economic Forum

 

現場で腐るほどの"不条理"を目の当たりにする人間だとしても、"不条理"に晒されている彼ら彼女と同じ状況になることも、同じ気持ちを抱くことも、できやしない。例えば、自分自身はそのような人々から話を聞く時、「同情」(Empathy)ではなく「共感」(Sympathy)を心がけてはいるが、いずれにせよ彼らと「同じ」になることは出来ない。

また、僕だって人間なのだから、気持ちに浮き沈みが存在するのも仕方ない。それに、自分で心の全てをコントロールすることもできない。だから、その瞬間瞬間で感じたことを大切にするという必要性も、分かっている。

 

だからと言って、冷たい頭だけを持ち、彼らの状況や事実ばかり理解しているようでは、人間らしくない。あくまで自分は彼らにとっての「他者」に過ぎないとしても、一人の人間として、彼らの姿やその不条理を目にした時に、熱い心を忘れることなく、理解したい。分かろうとしたい。

 

きっと、今の僕は「熱い心と冷たい頭」のバランスが、上手く取れていないのかもしれない。でも、心の火が完全に消えてしまったわけではない。やっぱり、昨日目の当たりにした"不条理"を思い返せば、悔しいし、何とかしたいと思う。

 

だから、もう一度「熱い心と冷たい頭」という言葉を胸に刻もう。そう感じた一日だった。

 

緒方貞子氏の書籍

 

 

「国際協力を仕事にしたい」と思ったら