原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

2016年は歴史上「最も暑い」一年 米機関が発表

「脱走を試みましたが捕まり、鞭で200回叩かれました」。元少女兵との出会い。アフリカでの原体験を書いた処女作『世界を無視しない大人になるために』Kindle Unlimitedに登録すると30日間のお試し期間に無料で読めます。第一章までをこちらのページで全文公開中です!
紙版の購入は→こちら

 

スポンサーリンク


f:id:KantaHara:20170122201015j:plain

(photo by David Lally

 

今月18日、アメリカ海洋大気局(NOAA)や航空宇宙局(NASA)が、2016年は1880年からの観測史上で最も暑い一年だったと発表した。世界の平均気温は3年連続で上昇し続けており、両機関は温室効果ガスによる影響と共に、2015年・2016年に観測されたエルニーニョ現象が、気温上昇に影響を与えたとしている。

 

NASAの発表によれば、19世紀後半以降地球の平均気温は1.1℃上昇しており、産業革命以降人類によって大気中に放出された温室効果ガスなどの影響が大きいとされている。

 

2016年、最も高い気温を記録したのはクウェート・ミトリーバで54.0℃。昨年7月21日に観測された。その他にも、5月にはインドで史上最高の気温となる51℃を観測(路上で生活する多くの人が暑さによって亡くなったことがニュースになっていた)、7月には北極圏で過去最高となる29℃まで気温が上がるなど、2016年は世界各地で異常とも言える高気温が観測されていた。