原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの活動から起業/仕事論、海外生活のノウハウまで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

起業/仕事

大学生がバイト以外でお金を稼ぐ方法を6つ紹介 簡単、低リスクのみ厳選

バイト以外でお金を稼ぐ方法を全部で6つ紹介します。なお、基本的に大学生向けの記事ではありますが、バイト以外でお金を稼ぐ方法を知りたい高校生や主婦、社会人の参考にもなるはずです。 僕自身は大学3年生まで塾講師や宅配便、派遣などのバイトをやって…

起業家に余計なプライドは要らない。3つの理由を説明。

起業してから、もうすぐ一年が経ちます。 昨年5月にコンフロントワールドを起業し、たくさんの人と出会い、関係を持ちながら、一年間走り続けてきました。その中で、一つの気づきが自分の中に芽生え始めています。 起業家に、余計なプライドは要らない。 も…

大学生は人生の夏休み、なんて嘘。無視して信じる道を貫こう。

全国の新大学1年生へ。これから新歓期に入るけど、「大学生は人生の夏休みなんだからとにかく遊ぼう!」と言ってくる先輩がいるサークルは大体チンカスなので無視しましょう。4年なんてあっという間。遊んでばかりだと後悔するよ。たっぷり時間ができたか…

バーチャルオフィス評判 メリット・デメリット、おすすめも紹介

バーチャルオフィスの評判を、実際に利用した原貫太(@kantahara)が書いてみます。 バーチャルオフィスの評判や口コミを調べてみると、運営会社のページはたくさん出てくるものの、実際に利用した人の声はそれほど多くありません。 価格の安さや手続きの簡…

起業したい大学生はバイト以外の方法で一円でも稼いでみよう

早稲田大学在学中にNPO起業してから10カ月が過ぎました。最近では起業したい大学生の相談に乗る機会も増えたのですが、よく訊かれる質問があります。 「将来起業したいのですが、大学生の間にやっておくべきことはありますか?」 そんな起業志望の大学生に対…

積極的に行動するには?3つの方法をシンプルに説明した!

積極的に行動するにはどうすればいいのでしょうか? こんな質問が、時々寄せられる。 起業したり、アフリカ支援をしたり、本を出したり、どうやら僕は積極的に行動を起こしている人間らしい。あんまりその自覚は無かったのだが、僕なりに「積極的に行動を起…

社会人とは何か?意味を説明できる?僕が感じる4つの違和感

社会人とは何だろう。ふと、疑問が芽生えた。社会人の意味をちゃんと説明できる人は、一体どれくらいいるのだろうか。 僕はまだ大学生だけれど、講演し、出版し、そしてNPOも起業した。 でも、親からは「あなたも社会人になった後には…」と言われることが未…

中途半端な人間こそ、余計なプライドに満ち溢れて、他人を批判したがる。

理屈ばかり語る口だけ達者人間たち 発信力が高くなると理屈ばかり語る口だけ達者人間がどこかで必ず絡んでくるのですが、そういう人に限って自分は何も行動していない。何も残していない。批判ばかりしてその先の具体的な提言もない。そんな人なんかより、完…

高校生がやるべき6つのこと 後悔しない高校生活を送るために!

高校生がやるべきことは、果たして勉強と部活だけなのだろうか?それでも大人になった後に、後悔しない高校生活だったと胸を張れるだろうか? 高校生の時、「文武両道」を座右の銘に掲げていた僕は、高校生の自分がやるべきことは勉強と部活だけだと思ってい…

余計な「準備」に時間を取られすぎず、「やってみよう」から始めよう。

アフリカで働きたいのにイギリスかアメリカに留学する人 余計な準備に時間をかけている大学生が多すぎる。 最近、何人かの学生から「アフリカで働けるだけの知識やスキルを得るために、イギリスかアメリカに留学したい」と相談された。 僕からの答えは一つ。…

メールの返信が早い人こそ仕事で信頼されるようになるワケ

メールの返信が早い人は仕事ができる人 仕事ができる人というのは、忙しさに怠けず、メールの返信がめちゃくちゃ早いと言われています。みんな、即レスです。 実は忙しい人ほど返信が速い。たとえば幻冬舎の見城徹社長も、サイバーエージェントの藤田晋社長…

留学も起業もアフリカも、すべて「未経験」から始まった。

「やったこと(経験)が無いんですよね」という大学生。それ、やってみないと経験にならないよね?たまに「原さんみたいに経験豊富で知識もあれば…」と言われるけど、僕だって最初はゼロから始まっている。起業を決意した時も経験はゼロ。だから本買って勉強…

行動から行動が生まれるサイクル-「思い込み」から今動けない人たちへ

やりたいことを「今」やるために全力で行動を起こし始めると、「将来は◯◯したい」という想いが自分の中から無くなっていくことに最近気が付いた。 「原さんが将来やりたいことは何ですか?」と聞かれても、今日、明日、明後日にやりたいことがたくさんあるか…

新卒独立/フリーランス希望?収入源を多様化すれば大企業就職より安定する

卒業までに収入「源」を7つ作るのが目標。現状では本、講演、ブログ、有料マガジン、コンサル。卒業したらNPOのお給料、そしてもう一つ何か作る。それぞれの月収は数千数万円単位でも、収入源が一つしかないサラリーマンよりはよほど安定しているのだ。一つ…

社会人は遊べないだと!?「学生の間に遊んでおけ」は無責任すぎるアドバイスでは?

「社会人になると遊べないから、時間がたくさんある学生の間に遊んでおけよ.。」 こんなアドバイスをしてくる社会人を見ると、なんて無責任な人なんだと、軽蔑すらしてしまう。 時間のたっぷりある学生の間にこそ、自分が好きなこと、やりがいを感じることを…

「時間よりお金」が染み付いた現代人-バイトに明け暮れる大学生は「働き方」を考えよう

品川から平塚まで+510円の湘南ライナーに乗車。最近はお金で得られる時間はドンドン買うようにしている。落ち着いた車内で仕事したり本読んだり寝たりすれば、510円分の価値なんてすぐ取り戻せる。バイトやっている大学生を始め、お金>時間で考えている人が…

フットワークが軽い学生は「準備」ではなく「行動」を起こすべき

「ソーシャルワーク」人気の流れはこれからますます加速していく。生まれた瞬間から何もかも揃っている今の若者たちは、「上の世代」とは違って金品や地位をモチベーションに働くことができない。だから、形式や内容は何にせよ、「社会のためになること」を…

「親が反対するからやりたいことを諦める」は姿勢と努力で何とかなる(と思う)

たしかに家庭環境にも依るかもしれないけど、「親が許してくれないから自分の好きなことができない」ってのは、姿勢や努力量で何とかなると思うんだよね。自分の子どもを誰よりも応援したいと思うのが親なので、好きなことに真摯に、本気で取り組んでいれば…

イーロン・マスクは服が着られない。僕は服が片付けられない。

昔から自分が脱いだ服が全然片付けられなくて親からはダラシないと言い続けられてきたけど、『多動力』に「テスラCEOのイーロンマスクは自分で服が着られない。着てる間に次にやりたいことを思い付いてしまうから」と書いてあって少し安心した。僕もずっと考…

自己啓発の気持ち良さに溺れ、何も行動できていない大学生たち。

自己啓発の胡散臭さ。特に大学生対象の自己啓発セミナー。顔突き合わせて「挑戦するとは?」「モチベーション維持のメカニズム」を議論。暇かよ!そんな理論とか理屈とか話し合っている暇があるなら、その隙にドンドン行動すれば良いのに。そういう人たちに…

自分の"分身"を働かせて、「収入」ではなく「収入源」を作る仕事術

効率よく、そして圧倒的な勢いで事業を進める一つの方法は、分身を作ること。自分の知識や経験、思考をまとめた分身を世に出しておけば、僕が寝ててもそいつが24時間365日働いてくれる。例えば「原さんが国際協力に目を向けたきっかけは?」と聞かれて、毎回…

ワークライフバランスなんて気にするな-好き・得意・スキルを仕事にする5つの方法

好きなことで生きていく 好きなことを仕事にできるのは、とても幸せなことであり、そしてこれからの時代に求められる力だと僕は思っている。 詳しくは『大学生はアルバイトではなくブログで1円を稼ぐべき-「好き」「得意」を仕事にする』や『「大企業」に内…

「仕事忙しいのになんでSNS更新する暇はあるの?」という質問は超ナンセンス

仕事が忙しい状況の中でFacebookやTwitterを更新していると、「仕事忙しいのになんでSNS更新する暇あるの?」という質問をしてくる人がいる。 が、この質問はナンセンスだ。 そういう人たちは、仕事とSNSは完全に切り分けて考えているのだろう。というよりも…

死ぬほど読書(インプット)していて気づいたこと-これからの時代の「頭の良い人」

ここ最近は二日に一冊、調子の良い時には一日一冊のペースで貪るように本を読んでいる。手始めにこの2週間弱で読んだ本の一部を列挙します。かなり偏りがあるけど、まぁその辺は気にしないでください。笑 ●堀江貴文著作『多動力』 ●堀江貴文著作『本音で生き…

質の高い「インプット×アウトプット」をするために--最近読んだ本たち

インプットしたものはアウトプットできるようにならない限り、本当の意味で「自分のものになった」とは言えない。本を読んでも人の話を聞いても、その度に「わ〜すごい!」で終わってる限り大した成長には繋がらないし、何なら自分の考えが定まらずいつか「…

"Unity in Diversity"-「多様性の中の繋がり」から考える組織づくり

"Unity in Diversity"-「多様性の中の繋がり」。 私が尊敬する国際協力のプロであり、インターン先の認定NPO法人テラ・ルネッサンスで理事長を務めている小川真吾さんも良く使っている言葉だ。 「多様性」(Diverisity)が尊重されるべきである一方で、「み…

誰だって「起業」できる時代-「労働、価値、お金、幸せ」に対する再考

一昔前までアルバイトをしていた時は、「労働とは自分の時間を犠牲にすることで、その対価としての賃金を貰うこと」だとどこか考えていた。 こう見えて、大学1~3年生までは、洗車の単発アルバイトから運送業者での荷物運びまで、色々なアルバイトをしてい…

「なぜ大学をすぐに辞めて起業だけに集中しない?」へのシンプルな回答

先日、 今の原さんの熱い想いや能力があれば、早稲田大学を辞めてでも、すぐに事業を立ち上げられる。なぜ大学を辞めないのか? というコメントを貰いました。 私は現在、早稲田大学文学部に通う5年生です(半年休学していたため、学籍上の扱いは4年生にな…

「アフリカの貧困なんかより日本の貧困に取り組め」と私に言うあなたへ

時々、アフリカの紛争や貧困に関する記事を書くと、「アフリカの貧困なんかより日本の貧困に取り組め」という意見が飛んでくる。 日本人の私は、アフリカではなく日本の問題に目を向けなければならないのだろうか。日本人なのにアフリカの問題に取り組んでい…

飽きないプレゼンを作り上げる3つの方法 90分間一人も寝させない!

仕事柄、僕は人前でプレゼンテーションをする機会が多い。つい先日も、早稲田大学で90分以上の講義を担当した。聴講者は約100人だった。 代表を務めるNPOの活動報告会や、高校・大学での講演。僕が話すテーマは、アフリカの紛争やNGOの活動について。興味が…