原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から仕事論、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

活動/原のLIFE

アフリカで国際協力活動(難民支援)をする僕が気分転換するための3つの方法

アフリカの、それもウガンダ北部くらい何も無いところに滞在し、南スーダン難民支援といったシビアな国際協力活動に携わるとなると、如何にして気分転換(心のリフレッシュ)をするかが超大事になってくる。 今日も難民居住区に足を運び、紛争の続く南スーダ…

「良かった…元気に生きていた!」精神障害を抱えた男の子と5か月ぶりの再会

書籍『世界を無視しない大人になるために』や講演の中で、「どうしても忘れられない光景」として度々紹介していた精神障害を抱えた男の子と、5ヶ月ぶりに再会することができた。 今年2月に撮影 今月17日に撮影 再会した時の第一感想は、正直に、「良かっ…

保守もリベラルも、自衛隊撤退後には南スーダン紛争を忘れてしまったのか

ウガンダ北部のパギリニヤ難民居住区。今年で4年目の南スーダン紛争によって故郷を追われた難民約3万人が、ここでの生活を送っている。急激に深刻化していく難民危機に対して各機関の支援は追いついておらず、多くの人たちが厳しい生活を強いられている。 …

「放っておいたら、あの難民の女の子は死ぬよ?」南スーダン難民危機/世界人道デー

「放っておいたら、あの難民の女の子は死ぬよ?」 先日、ウガンダ北部の南スーダン難民居住区に足を運んだ時に、現地のスタッフからふとかけられた言葉が、心の片隅に残り続けている。 私が活動しているパギリニヤ難民居住区には、PSNs(Persons with Specia…

『世界を無視しない大人になるために』の表紙で一緒に映る南スーダン難民の女性と再会!

今年2月、ウガンダ北部の南スーダン難民居住区。現地のニーズや課題、支援動向などを把握するための調査活動に訪れていた僕は、そこで一人の女性と出会った。 グレイスさん(仮名)は、昨年7月に南スーダンで紛争が再燃した後、他の多くの難民たちとともに…

支援と不条理のジレンマ「変わるべきなのは途上国ではなく先進国」

ウガンダにやって来てからまだ4日しか経っていないものの、体調不良でパフォーマンスが優れない割には(早く治します!)、様々な思考やアイデアが湧いてきている。そして同時に、日本にいた時以上の勢いで仕事に向き合っている。 アフリカのいわゆる現場へ…

一冊270円!/現在進行形の『世界を無視しない大人になるために2』を楽しんでもらうために

昨晩ウガンダの首都カンパラへと到着しました!今から7時間程かけて、テラ・ルネッサンス / Terra Renaissanceの活動地である北部最大の町グルへと移動します。 今日からの一週間、Kindle版の『世界を無視しない大人になるためにー僕がアフリカで見た「本当…

「君が挑戦することで、日本の"失敗を許さない風潮"を変えていってほしい」

これまで一度も書いてこなかった僕の「原体験」について語りたい。 ご存知、僕が「国際協力」の世界へと足を踏み入れることになった最初のきっかけは、大学1年時にフィリピンのスタディーツアーへと参加したことだった。現地滞在の最終日にたまたま物乞いを…

大学生の国際協力で「現地訪問」と「座学」はどちらが大切か?

僕がアフリカやアジアの発展途上国における経験について語ると、多くの人から「やっぱり現地を見ている人は違う。『座学での学び』ではなく、実際に現地を訪問して、何が起きているのかを自分の目で見ないとダメですよね。」と言われる。 僕はこう思う。「現…

母校、逗子開成中学校・高等学校での土曜講座が全て終了しました

今年5月から担当していた母校逗子開成中学校・高等学校での土曜講座「僕らが世界の問題にできること―国際協力人育成講座―」、昨日をもって全4回すべてが終了しました。 最終回である今日。「この4回を通じて一番の学びは何だった?」と僕から聞き、一番印…

「大企業」に内定決まった人への周囲の反応に対する違和感-好きなことで食べていく

昨年の夏ごろから、ずっと違和感を抱いていたことがある。 早稲田大学に通っている人間として、僕の周りにはそれなりに「高学歴」の友人が多い。そのため大学4年生になって就活をすれば、多くの人が商社や大手銀行などのいわゆる「大企業」から内定を貰って…

これから国際協力をしたい中学生・高校生へ-僕が君たちと同じ頃にやっていたこと

たくさんの人から訊かれることがある。 「原さんは中学生・高校生の頃から発展途上国での活動や国際協力に関心があったのですか?」 例えば私の周りでも、 「幼い頃に父親の仕事の関係でケニアに住んでいた時、毎日道端で見かけていたストリートチルドレンに…

「3年間は会社で社会人経験を積め」と言ってくる社会人たち

「社会人」の英語訳は? 突然だが、「社会人」とは何を意味するのだろうか?「社会人」の意味を辞書で引いてみると、 ①学校や家庭などの保護から自立して,実社会で生活する人。 「卒業して-となる」②(スポーツなどで)プロや学生ではなく,企業に籍を置い…

途上国で物乞いしてくるストリートチルドレン(子供)と「友達」になる方法

8月から始まる夏休み。スタディーツアーやワークキャンプなどに参加して発展途上国へと足を運ぶ予定の高校生や大学生もいるだろう。最近、彼らから同じような質問を何度か受けた。 現地滞在中に子どもたち(ストリートチルドレン)からお金を物乞いされたら…

TBSの番組「Nスタ」に活動を紹介して頂きました-「国際協力」の形

本日、TBSの番組「Nスタ」にて私の活動を取り上げて頂きました。ご覧いただいた日本全国の皆さま、ありがとうございました。やっぱりプロの撮影と編集は凄いです。 実を言うと、先月中旬から全3回取材して頂いていて、講演会の様子や早稲田でインタビュー受…

政府軍が夫を誘拐「今は生きているかも分からない」南スーダン紛争のリアル

南スーダンに派遣されていた自衛隊が先月27日に撤退してから2週間以上が経った。同国を巡る報道はますます減っていくが、『自衛隊が撤退しようが撤退しなかろうが、南スーダン難民・国内避難民の「苦しみ」は変わらない』。 2013年末に内戦状態に陥り…

私がバイト代を充ててまで自費出版した理由

「何で出版社を通じて本を出さなかったの?」と度々質問を受ける。しかし、今考えると、人生初の出版を自費で行ったのはまさに正しい選択だった。 一冊一冊自分の手で梱包・発送していることもあり、読んで下さった方々との距離がとても近いのだ。電話やメー…

国際協力のきっかけ(原体験)-フィリピンのスタディーツアーで出会ったストリートチルドレン

①初対面の人には必ずと言っていいほど国際協力に目を向けた最初のきっかけ(いわゆる原体験)について訊かれるので、過去の写真を用いながら少し書きたい。私が初めて途上国に足を運び社会課題と向き合ったのは、大学一年も終わりに差し掛かった2014年2…

世界の姿、あり方が見える講演会-コンフロントワールド活動紹介

クラウドファンディング開始から今日で8日目。これまでに43人の方から29万8千円のご支援をいただいております。プロジェクトの達成に向けて、皆さまどうか引き続くのご支援を宜しくお願い致します! readyfor.jp 今日はコンフロントワールドの活動紹介…

大学生の僕が既存のNGO(NPO)に就職せず、新しくNGOを立ち上げる理由と想い

クラウドファンディング開始から今日で1週間が経ちました。これまでに43人の方から298,000円のご支援を頂きました。皆さまのご支援に感謝申し上げると共に、引き続きクラウドファンディング達成に向けたご協力をお願い致します! 今回のクラウドファンディン…

「僕の千円をアフリカでの活動に使ってください」学校教育における国際協力学

6月3日(土)、私の母校である逗子開成中学校にて土曜講座「僕らが世界の問題にできること―国際協力人育成講座―」を担当した。全4回あるうちの2回目の今回は「初めての任務として母親を殺す”子ども兵”を知る 」と題し、私が取り組んできたウガンダの子ど…

就活解禁した。自衛隊撤退した。それでも大学生の僕は、南スーダン難民を支援する。

今月1日から2018年春卒業の大学生の就職活動(いわゆる就活)が山場を迎えている。大手企業による採用選考が解禁され、約40万人もの就活生の多くが内定獲得を目指して面接に臨むことになる。 そんな中、早稲田大学4年の僕が就活もせずに、国際協力団…

クラウドファンディング始まりました!どうか南スーダン難民支援にご協力ください!

いよいよ始まりました!本日より日本最大のクラウドファンディングサイトReadyfor?にて「紛争で故郷を追われた南スーダン難民によるサッカーチーム設立!」のプロジェクトを1か月間にわたり行います! 南スーダン難民たちの声、ニーズ、課題、そして「夢」…

日頃から私たちの活動を応援して下さる方へ-明後日からクラウドファンディング開始!

就活もせずにコンフロントワールドの活動に取り組む原貫太です。僕はもうこの活動で飯を食っていこうと覚悟を決めましたが、人間不思議なもので、自分が本当にやりたいことだと、「ワクワク感」が「不安」なんぞ簡単に吹き飛ばしてしまうのです。先日スタッ…

読売新聞・神奈川新聞・湘南ジャーナルにインタビュー記事が掲載されました

皆さま、ご無沙汰しております。ブロガーを気取っておきながら、前回の更新から1週間が経ってしまいました。ここ最近は兎にも角にも忙し過ぎて記事を書く時間が全く取れなかったわけです。身体がボロボロです。 ここ最近、新聞や地元紙にインタビュー記事を…

「なぜ大学をすぐに辞めて起業だけに集中しない?」へのシンプルな回答

先日、 今の原さんの熱い想いや能力があれば、早稲田大学を辞めてでも、すぐに事業を立ち上げられる。なぜ大学を辞めないのか? というコメントを貰いました。 私は現在、早稲田大学文学部に通う5年生です(半年休学していたため、学籍上の扱いは4年生にな…

【書籍感想】「知ってるのに知らないふり、見たのに見てないふり…」(女性社会人1年目)

以前、人材系コンサルティング会社が主催するちょっとした勉強会で出会った友人(20代女性、当時大学4年生/現在社会人1年目)から書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』への感想を貰いました。 人生や進路に迷…

朝・夜の隙間時間を使って毎日書籍を発送しています。

一時期に比べたら冊数は減りましたが、それでも毎日自宅から書籍を発送しています。梱包は朝・夜の隙間時間を使って行っています。 注文が入ると、自分のことのように喜んでくれる母親。僕が忙しくて時間が無い時には、一人で何冊も梱包して発送の準備をして…

【ご報告】起業します/新組織立ち上げメンバーを募集します

大学2年時に設立した学生NGOバングラデシュ国際協力隊(2014年設立)をベースとし、「不条理の無い公正な世界の実現=必要最低限の生活と権利が保障され、ひとり一人が尊厳を持ち、自分で未来を決められる社会の実現」を目指す国際協力団体コンフロント…

頼むからSNSで「どんな活動をしていますか?」と聞かないでくれ!!!怒

タイトル通りです。頼むからSNSで「どんな活動をしていますか?」と聞かないでくれ!!!(いや半分はマジで怒っています) 僕のTwitterは「誰からでもDM(ダイレクトメッセージ)を受け付ける」に設定しています。また、Facebookも公開投稿に対するフォロー…

【書籍感想】「平和になるための答えはきっとシンプル」親子で読破、40代会社員女性

40代会社員女性の方から、書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』の感想を頂きました!親子で読んで頂いたとのこと…先日は講演会にも足を運びいただきました。 NPO法人テラ・ルネッサンスインターン生で、早稲田大…

23歳になりました/重版しました

昨日4月22日をもって、23歳になりました。地球のことを考えて行動する日「アースデイ」に生まれたことに、妙な使命感を覚えます。22歳も激動の一年間でしたが、23歳はそれを上回りそうな予感です。 手に持つは、『世界を無視しない大人になるために 僕がアフ…

【書籍感想】「一度も本を置きたくなかった。」新卒でNGOに就職した延岡さん

僕の良き「戦友」であり、尊敬する先輩でもある「国際協力師」延岡由規(のぶおか ゆうき)さんから、書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』の感想を頂きました! photo by 認定NPO法人テラ・ルネッサンス 「国際…

【講演情報】【5月27日(土)】僕がアフリカで見た「本当の」国際支援~ウガンダ子ども兵/南スーダン難民の「今」~

※ご好評につき、原貫太講演会「僕がアフリカで見た「本当の」国際支援~ウガンダ子ども兵/南スーダン難民の「今」~」の【第4回】開催が決定しました!以下Googleフォームよりお申し込みください! docs.google.com 認定NPO法人テラ・ルネッサンスのインタ…

【講演情報】【5月13日(土)】僕がアフリカで見た「本当の」国際支援~ウガンダ子ども兵/南スーダン難民の「今」~

※ご好評につき、原貫太講演会「僕がアフリカで見た「本当の」国際支援~ウガンダ子ども兵/南スーダン難民の「今」~」の【第3回】開催が決定しました!以下Googleフォームよりお申し込みください! docs.google.com 認定NPO法人テラ・ルネッサンスのインタ…

第1回講演会無事終了!/5月27日(土)に第4回を実施します!

講演会「僕がアフリカで見た「本当の」国際支援~ウガンダ子ども兵/南スーダン難民の「今」~」の一回目(4月16日(日))が無事に終了しました! アフリカから日本へと帰国してからの1か月間、現場で見た”世界の不条理”をどうすれば相手の心の奥底へと…

「中学生・高校生の時には、世界の紛争や貧困に興味無かった」母校に書籍を献本

母校である逗子開成中学校・高等学校に、書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』を献本させて頂きました。校長先生や中高6年間でお世話になった先生たちに手渡したほか、図書室にも飾って頂きました。 中高時代に…

本を書いていると、沢山の葛藤と闘う・・・。

少しずつ、書籍を読んだ方からの感想が届き始めています。 多くの感想に共通していることが、 "一気に読んでしまいました。" できる限り現場の「リアル」が伝わるように、そして其処にいる人々の「顔」が分かるようにと書いたことが、「臨場感」の創出に繋が…

【書籍感想】「僕もパレスチナの難民キャンプを訪れた時…」"ボランティア×旅"で世界一周した入江さん

photo by Justin McIntosh 「世界の人と対話するボランティア×旅」で世界一周した入江謙行(いりえかねゆき)さんから、書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』の感想を頂きました! 入江謙行(いりえかねゆき)明…

【書籍感想】「一歩踏み出そうか迷っている方に読んでほしい!」元ルワンダ青年海外協力隊OG

元ルワンダ青年海外協力隊OGの方から、書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』に対する感想を頂きました! 現地の状況、筆者の葛藤などが分かりやすく描写され、短時間で読むことが出来ました。 著者の視点は、統計…

1000年ぶり(1年半ぶり)に早稲田大学に復学しました

1000年ぶり(1年半ぶり)に早稲田大学に復学しました。しばしば28歳くらいに間違われますが、僕まだ大学4年生の22歳なんです…。 3号館のラウンジで南スーダン難民調査レポートに目を通していたら、横でテニスサークルが新歓で盛り上がっていまし…

自宅から一冊一冊愛を込めて、家族総出で書籍を発送しています。

テラ・ルネッサンス京都事務所での勤務を終えて、4日朝早くに神奈川の自宅へと戻ってきました。 書籍『世界を無視しない大人になるために』発送作業に追われています。母親に手伝ってもらいながら、今日は朝から50冊を発送。無茶苦茶な大学生活を送ってい…

【ご報告】『世界を無視しない大人になるために』出版しました

この度、書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』を出版しました。 元少女兵アイ―シャさんの体験談を、震える手でメモを取ったあの日から1年。現場で見たウガンダの子ども兵問題、南スーダンの難民問題を中心に、私…

【講演情報】【第2回】僕がアフリカで見た「本当の」国際支援 ウガンダ子ども兵/南スーダン難民の「今」

※本講演会は満席になりました。第3回、第4回講演会を併せてご覧ください! www.kantahara.com www.kantahara.com ※Facebookイベントページではイベント最新情報などをお届け予定です。ぜひ「参加予定」「興味あり」ボタンを押して下さい! 【第2回】僕が…

平塚市版タウンニュース「人物風土記」に掲載頂きました!

発行部数6万5千部の地元紙、タウンニュース平塚版の「人物風土記」(2017年3月23日付け)に載せて頂きました!当初の取材時間は約30分だったものの、その3倍にあたる1時間半もぶっ通しでお話しさせていただきました(笑)嫌な顔一つすることな…

【メンバー募集】「一緒に国際協力をやってみませんか?」活動説明会のお知らせ

10日夜にアフリカから日本へ帰国しました、原です。メンバー募集の「活動説明会」のお知らせです。 4月以降の私の活動拠点ですが、大学2年時に創設した(現)BICP(学生NGOバングラデシュ国際協力隊)をメインに、活動していく予定です。詳細は活動説明会で…

【帰国報告】本当のヤル気と実力は、日本に帰国してから試される。

10日夜、2ヵ月間のアフリカ滞在を終えて、日本へと帰国しました。帰国後すぐに取材を受けたり、講演の調整をしたりと忙しく動き回っていたら、もう二日も経とうとしています。おかげで昨晩から体調悪く、眩暈で何度か倒れかけました。笑 日本に帰国した今…

【イベント情報】僕がアフリカで見た「本当の」国際支援~ウガンダ子ども兵/南スーダン難民の「今」~

本イベントは定員に達したため、申し込みを締め切らせて頂きました。4月30日開催の第2回を併せてご覧ください。 www.kantahara.com ※Facebookイベントページではイベント最新情報などをお届け予定です。ぜひ「参加予定」「興味あり」ボタンを押して下さ…

「一日一回しか食べられない」南スーダン難民居住区の食糧事情レポート

ウガンダ最北部の南スーダン難民居住区。昨年7月に紛争が悪化し、難民が急激に流入したために食糧援助が追い付いておらず、栄養失調に苦しむ子どもたちも報告されている。特に紛争で両親を失った子どもや、夫を失った女性の生活は困難を極める。昨日、5回…

「政府軍に夫を拉致された」一家の主を失った南スーダン難民の女性たち

私が滞在するウガンダには、紛争が続く南スーダンからの難民が約70万人滞在している。紛争で一家の大黒柱である夫を失った女性は、生活費を稼ぐ手段に困り、難民としての生活も困難を極める。昨日、ウガンダ最北部の南スーダン難民居住区にて4回目の調査…